ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月02日

ご承知のとおり、MBRディスクの最大サイズは2TBであり、そして4個のプライマリパーティションしかサポートしていません。一方で、GPTディスクは128個のプライマリパーティションを支えて1600万TBを超えます。従ってより多くのパーティションを作成し、ディスクスペース(領域)を最大限に活用するために、MBRをGPT に変換する必要があります。そしてMBRと比べて、GPTはより良い互換性があります。

方法1:「ディスクの管理」でGPTディスクに変換

「ディスクの管理」はWindowsの内蔵機能であり、MBRをGPTに変換することを有効にします。

ステップ 1. コンピューター」を右クリックし、「管理」をクリックします。

Disk Management

ステップ 2. ディスクの管理」を選択し、変換するディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。ですが、オプションは以下のように薄色になった場合があります。問題を解決するために、ディスク上のすべてのボリュームを削除しなければなりません。その後、Windows の「ディスクの管理」ではMBRをGPT に変換することを実行できます。

Convert to GPT

    注:ディスク上のすべてのデータが削除されることに注意してください。


「GPTディスクに変換」というオプションがグレー表示されるのは、ディスク0にデータが保存されているパーティションがあるからです。もちろん、読者様が「ディスクの管理」によって本当にMBRをGPTディスクに変換する場合は、ディスク0上のすべてのデータをバックアップし、すべてのパーティションを削除することは唯一の方法です。その後、MBRをGPTに変換することができるようになります。

「ディスクの管理」を使ってディスクをMBRからGPTへ変換することを紹介しましたね。この方法が面倒だと思う読者様、とディスク上のデータを削除したくなくてバックアップも作成したくないと思う読者様に次の方法をお勧めします。

方法2:パーティション管理ソフトでデータ削除なしバックアップなしでMBRをGPTに変換

幸いなことに、パーティション管理ソフトウェアAOMEI Partition Assistant Proでは、データを失うことなく、MBRをGPTに変換することができます。この機能のほかに、パーティションをリサイズ、パーティションを移動、パーティションを結合、ブータブルCDを作成などの機能もサポートしています。

ステップ 1. このソフトウェアをダウンロードし、インストールし、起動します。

ディスクの管理

ステップ 2. 変換したいディスクを選択して右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

ほとんどのユーザーは「MBRをGPTに変換」を選択するのに、Windows 2000、Windows 2003(32ビット)またはWindows XP (32 ビット)バージョンはGPTパーティションをサポートしていないので、GPTをMBRに変換する必要があるユーザーもいます。GPTディスクは上述のシステムでGPT保護パーティションとして表示されます。このような状況では、これらのシステム上のデータにアクセスする場合は、GPTをMBRに変換しないといけないです。幸いなことに、AOMEI Partition AssistantはGPTをMBRに変換するのにお役に立ちます。

注意:

システムブートディスクをMBRとGPT間で変換する場合、システムブート可能を保証するために、変換が完了した後、BIOSに入って、起動モードを変更します。

● ラップトップ上のMBRとGPTディスクの間の変換では、電源が十分であることを確認してください。

● データの一貫性を維持するには、変換処理中にプログラムを異常終了しないでください。

結論

ここまでディスクをMBRからGPTへ変換する方法を紹介しました。二つの方法があります。ディスクの管理とディスクパーティション管理ソフトです。前者の場合、ディスク上にはパーティションとデータがないことが必要な条件です。実行前にバックアップすることを忘れないでくださいね。後者の場合、データを削除しなくて実行します。

読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。

最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!