By Akira / 最後の更新 2021年12月16日

実例:GPT保護パーティションにアクセスできない

オペレーティングシステムが遅くなったので、システム回復でWindowsを復元しました。WindowsはSSDにインストールされ、ファイルは2番目の3TB SAMSUNGハードドライブに保存されます。その上に3つのパーティションがありますが、そのうちの1つはGPTによって保護されており、アクセスできなくなります。ディスクの管理で確認できますが、削除、拡張、フォーマットなどのすべてのオプションがグレー表示されています。データを取り出すことはできますか?

- Yahooからの質問

ディスク管理

GPT保護パーティションについて

簡単に説明すると、GPT保護パーティションは、GUIDパーティションテーブルで保護されたパーティションです。ディスクの連続した領域を占有しています。ハードディスクの他の部分や他のボリュームから分離されています。固有のドライブ番号はありません。一方、GPT保護パーティションは、ファイルエクスプローラでアクセスしたり、ディスクの管理で編集したりすることはできません。

GPT保護パーティションエラーが発生する原因

何がこの問題を引き起こしたのか疑問に思われるかもしれません。一般的に、GPT保護パーティションエラーが発生する主な理由は2つあります。

互換性なし:GPTパーティションスタイルのハードディスクをWindows32ビットOSで実行されているPCに接続しています。そして、OSはハードディスクを認識または管理できません。
破損したパーティションテーブル:ハードディスクのパーティションテーブルが破損または破損しているため、ディスクが64ビットOSにインストールされていても、GPT保護パーティションエラーが表示されます。問題のあるパーティション上のデータを復元するには、信頼性の高いパーティション復元ソフトウェアを使用することをお勧めします。

GPT保護パーティションをフォーマットする方法

GPT保護パーティションエラーに対処する実用的な方法を探しているなら、次の内容で、問題を解決する2つの方法を紹介します。

GPTパーティションスタイルは、エラーを引き起こす主要な要因の1つであるため、ハードディスクをGPTからMBRにフォーマットしてみてはいかがでしょうか?そうすれば、問題は完璧に解決されます。

1. DiskPartでGPT保護パーティションをフォーマット

DiskPartは、Windowsに内蔵されているプログラムです。パーティションの削除、パーティションの縮小、パーティションの拡張など、さまざまな操作を行い、ハードディスクとそのパーティションを管理することができます。もちろん、Windows 10では、ディスクの管理でパーティションを編集できないので、このツールを使ってGPT保護パーティションをフォーマットすることもできます。以下のステップバイステップガイドに従って操作してください。

1. 検索ボックスに「cmd」と入力し、コマンドプロンプトを管理者として実行します。

2. コマンドプロンプトのウィンドウに「diskpart」と入力し、Enterキーを押すと、DiskPartが起動します。

3. 「list disk」と入力し、Enterキーを押すと、PC上のすべてのハードディスクが表示されます。

4. 「select disk n」と入力し、Enterキーを押します。nは、先一覧の中から確認したディスクのディスク番号です。GPT保護パーティションがあるハードディスクを選択します。

5. 「clean」と入力し、Enterキーを押します。ハードディスクにあるすべてのパーティションが削除されます。

6. 「convert mbr」と入力し、Enterキーを押します。ハードディスクをMBRにフォーマットします。

7. 「exit」と入力し、DiskPartを終了します。

DiskPartコマンド

GPT保護パーティションをMBRにフォーマットする方法はなんですか?DiskPartは、ハードディスクにデータがない場合、絶対にお勧めします。

しかし、上記のように、GPTからMBRへのフォーマットを成功させるためには、「clean」コマンドを実行して、ハードディスクから既存のパーティションをすべて削除する必要があります。この方法では、それらのパーティションに重要なファイルがある場合、深刻なデータ損失に悩まされる可能性があります。

2. サードパーティソフトでGPT保護パーティションをフォーマット

データ損失なしでGPT保護パーティションフォーマットを実行するには、いくつかの他の選択肢を探すことが不可欠です。ここでは、AOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。

このソフトは、パーティションの削除、パーティションの縮小、パーティションの拡張などのDiskPartの機能をサポートします。また、プライマリディスクから論理ディスクへの変換、OSからSSDへの移行、SSDの安全消去などの他の機能もサポートします。最も重要なのは、AOMEI Partition Assistantを使用すると、パーティションを削除せずにハードディスクをGPTからMBRに変換することができます。

では、AOMEI Partition Assistantをダウンロードして、GPT保護パーティションをフォーマットしてみましょう~

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールし、起動します。ターゲットディスクを右クリックし、「MBRディスクに変換」を選択します。

MBRディスクに変換

ステップ 2. GPTディスクからMBRディスクに変換する確認画面が表示されるので「はい」をクリックして続行します。

確認画面

ステップ 3. メイン画面に戻り、GPT保護パーティションがあるディスクがMBRに変換される結果をプレビューできます。問題なければ、ツールバーの「適用」をクリックして保留中の操作を実行します。

適用

まとめ

Windows 10/11でGPT保護パーティションを解除する方法はなんですか?ご存知のように、GPT保護パーティションはアクセスも編集もできません。

この記事ではこの問題を解決するための2つの方法を紹介します。最初の方法は、DiskPartを使用してGPTディスクをMBRにフォーマットすることです。しかし、事前に、ディスク上のすべてのパーティションを削除する必要があります。第二の方法は、最も強力なサードパーティ製のディスクマネージャーソフトウェアAOMEI Partition Assistant Professionalを利用することです。このソフトを利用して、GPT保護パーティションがあるディスクをMBRにフォーマットすることができ、何も削除する必要がありません。

また、AOMEI Partition Assistantを利用して、ディスクのクローン、NTFSからFAT32への変換なども実行できます。Windows Serverユーザーの場合は、Server版を利用してくだい。今すぐダウンロードして、試してみましょう~