By Asher / 最後の更新 2021年10月26日

WindowsのGDiskについて

GDiskとは何ですか?GDiskは、FDiskに似たインタラクティブなテキストモードプログラムですが、GDiskには、FDiskのすべての機能とその追加機能を備えています。これはコマンドラインユーティリティであり、DOSでのみ実行できるため、Windows環境ではアクセスできません。次に、起動可能なUSBドライブまたはWindowsインストールディスクが必要です。ダウンロードしてメモ帳に抽出することができます。

GDiskコマンドを使用して、パーティション名の変更、パーティションの削除、新しい空のGUIDパーティションテーブルの作成など、多くのディスク操作(基本と高度)を実行できます。MBRをGPTに変換することも、GPTをMBRに変換することもGDiskコマンドの機能の2つです。異なるコードで異なる機能を実行できます。

WindowsでGDiskを使用してMBTからGPTに変換する理由

人々がMBRをGPTに変換する理由は大抵同じです。一般的には、2TBを超えるHDDを所有している場合、HDDに4つ以上のプライマリパーティションを作成したい場合やWindows 10のような高度なシステムをインストールする場合は、パーティションスタイルをMBRからGPTに変換する必要があります。

では、MBRをGPTに変換するためにGDiskを選択する理由は何ですか?GDiskは、コマンドライン操作に精通したユーザーまたは高級ユーザー向けに設計されています。コマンド/キャラクタ・ユーザ・インタフェース(CUI)の利点は、処理中に個人的な干渉があまりないということです。我々はコードを入力すると、タスクは自動的に行われますので、時間を節約します。

MBRをGPTに変換する方法

この部分はGDiskを使用してMBRをGPTに変換する方法とGDiskの代わりにAOMEI Partition Assistant Professionalを使用してデータ損失なしでMBRをGPTに変換する方法を紹介します。

GDiskでMBRをGPTに変換する方法

上述したとおり、Windows環境を使わずにGDiskを実行するには、WinPE起動可能なUSBまたはWindowsインストールディスクが必要です。次に、gdisk.exeをダウンロードし、パッケージを別のUSBメモリに解凍します。始める前に、UEFIファームウェアでAHCIのレジストリキーを編集し、BIOSモードでSATAモードをIDEからAHCIに変更することができます。

注意:お使いのパソコンのマザーボードがUEFIモードをサポートしていることを確認してください。そうでなければ、システムが起動できなくなります。BIOSまたはGoogleの起動オプションをチェックしてモードのことを確認できます。

ステップ 1. 起動可能なメディアまたはWindowsディスクを使用してお使いのパソコンを起動します。ロード後、「Windows+F10」キーを押してコマンドプロンプトを表示します。

ステップ 2. GDiskファイルを保存したUSBメモリに移動し、「gdisk64.exe」を実行します(コンピュータが32ビット版である場合は、「gdisk32.exe」を実行します)。

ステップ 3. 「\\.\physicaldrive#」と入力します。通常、0であり、パソコン上の最初(一番目)のディスクを指します。今、無効なGPTと有効なMBRに関するメッセージが表示されます。「y」と入力し、プロンプトを確認します。

ステップ 4. 「t」と入力し、コード変更メニューを開きます。

ステップ 5. システムパーティションのシーケンス番号を入力します(通常は常に1です)。

ステップ 6. コマンド「EF00」と入力し、タイプ(コード)をEFIに変更します。

ステップ 7. 「w」と入力し、テーブルに変更を書き込んで済みます。以前の操作について何か問題があった場合は、「q」と入力して変更を取り消すことができます。GDiskによる操作をキャンセルしてGDiskを終了するには、もう一度「q」と入力する必要があります。

ステップ 8. ブート構成データ(BCD)を再構築し、PCを再起動します。

確かに、GDiskは、コマンドライン操作の経験が豊富なユーザーにとっては非常に簡単かつ便利です。ただし、通常のユーザーにとっては、GDiskは非常に複雑でエラーが発生しやすいプログラムです。その代わり、グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)ソフトウェアを愛用しているユーザーが多いです。さらに、コマンドラインユーティリティを使用すると、操作はほとんど不可逆的です。入力したものをやめさせることができても、一般ユーザーにとっては危険です。

幸いなことに、ユーザーフレンドリーなインターフェースで数回のクリックでタスクを完了するのに役立つGDiskの優れた代替方法があります。GDiskを使用してデータ損失なしでGPTに変換できれば、このソフトウェアも同様です。

GDisk代替品でデータ損失なくMBRをGPTに変換する

AOMEI Partition Assistant Professionalは、ディスクパーティション管理分野では好評が得られています。ディスクとパーティションについての基本的な操作を除いて、このソフトは、データを失うことなく、MBRをGPTに変換したり、GPTをGPTに変換したりする機能も提供します。また、Windows 11/10/8/7/Vista/XPのシステムディスクと非システムディスクの両方でよく動作します。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

起動可能なメディアやWindowsインストールディスクは不要であり、複雑なコマンドライン入力も必要ありません。数回のクリックと再起動だけでプロセス全体を処理します。では、詳細を学びましょう~

ステップ 1. この管理ソフトをインストールし実行します。WindowsでMBRをGPTに変換するには、メインインターフェイスで変換するディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクへ変換

ステップ 2. ポップアップする2つのウィンドウで「はい」をクリックします。

操作を確認

ステップ 3. 今までのは仮想的な結果です。保留中の操作を実行するには、「適用」をクリックし、「続行」をクリックします。前述のように、再起動を要求します。

適用

ステップ 4. BIOSモードでレガシー(Legacy)をUEFIに変更コンピュータを通常どおり起動します。

UEFI-Legacy

★ヒント:
不適切な操作によってデータが失われる可能性があるため、変換する前にディスクをバックアップすることをお勧めします。
前述のとおり、マザーボードがUEFIブートモードをサポートするコンピュータを実行する必要があります。
GPTディスクを選択する場合は、「GPTディスクに変換」が「MBRディスクに変換」に変更されます。

結論

とにかく、WindowsでGDiskを使用してMBRをGPTに変換するのはAOMEI Partition Assistantより複雑ですが、どちらも優れたユーティリティです。ユーザーにとっては、自分に最も適したツールを選択するだけでいいです。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~

AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較