Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月06日

GPTディスクのいくつかの特徴を簡単に紹介する前に、パーティション情報がマスターブートレコード(MBR)に直接保存され、一方でMBRもOSをロードするための情報を保存することを知っておくべきです。でもGPTのHDDなら、パーティションテーブルの位置情報はGPTヘッダーに保存されます。そして互換性の理由でHDDの最初のセクターはまだMBRとして使用され、次はGPTのヘッドです。

従来のMBRと同じ、GPTもLBA(ロジカルブロックアドレス)を使用て初期のCHSアドレスに代わります。従来のMBRの情報はLBA 0に保存されますがGPTはLBA 1に保存され、次は自身のパーティションテーブルです。64ビットのWindows OSは16384バイト(または32セクター)をGPTパーティションテーブルとして使用します。HDD上の最初のパーティションはLBA 34から始まります。

GUID Partition Table Scheme

GPTディスクのパーティションスタイルは上の図に表示されます。第二GPTはプライマリGPTのバックアップで、プライマリパーティションテーブルが事故で壊されることに備えます。安全性の理由でGPTパーティションテーブルの先頭は従来のMBRパーティションテーブルを保存します。それは保護MBRと呼ばれ、ディスクの管理ツールがGPTをサポートしないのでGPTディスクを間違って認識し、予想外でデータを壊すことを防ぐことができます。この部分も、GPTブートディスクをサポートするOSの起動コードのストレージとして使用されます。

ユーザーはパーティションの削除を特別に要求しないかぎり、保護MBRのため、GPTディスクを認識できないOSはそれを未知のパーティションタイプとして識別し、ディスク上の操作を拒否します。これはパーティションを誤って削除するリスクを回避できます。また、GPTパーティションテーブルを認識できるOSは操作を行う前に保護MBRをチェックします。パーティションタイプは0xEEではない場合、またはMBRパーティションテーブルは1つ以上のエントリがある場合、それはディスク上の操作を拒否します。

MBR/GPT混合パーティションテーブルを使用するディスクについて、保護MBRの同じ部分にそれはいくつかのGPTパーティション(常にGPTパーティションテーブル全体の最初の4つのパーティションです)を保存します。それはGPTディスクから起動できないOSをMBRパーティションから起動できます。またそれはMBRパーティションテーブルのパーティションだけで操作を行えます(例えば、ブートキャンプはこの方法でWindowsを起動します)。

パーティションテーブルヘッダーは使用可能なディスクの範囲を定義し、また、パーティションテーブル内のパーティションエントリ数とサイズを定義します。Windows OSの64ビットバージョンを実行しているコンピューターは最大128個のパーティションを作成できます。

つまりパーティションテーブルは128個のアイテムを保持でき、毎アイテムは128バイトです(EFI 標準パーティションテーブルの最小値は16384バイト、または128パーティションアイテムサイズです)。パーティションテーブルヘッダーはGPTディスクのパーティションID、パーティションテーブルヘッダーのサイズと位置、バックアップパーティションテーブルヘッダー、パーティションテーブルの位置とサイズを記録しています。

それもパーティションテーブルCRC32を保存します。ファームウェア、ブートプログラムとOSは起動時の校正値により、パーティションテーブルエラーを判断できます。任意のエラーが発見された場合、ソフトウェアを使用して第二GPTからHDDパーティションテーブル全体を回復できます。しかし、バックアップGPTパリティエラーである場合、HDDは使用不可能になります。そのため、それは16進数エディターを直接使用してGPT HDDパーティションテーブルを変更することをサポートしません。

MBRパーティションスタイルと比べてGPTディスクはより多い利点があります。毎ディスクは最大128個のプライマリパーティションを持つことができます。ボリュームサイズは最大18ペタバイトまで拡大できます。冗長性のためのプライマリとバックアップパーティションテーブルを使用できます。また、すべてのGPTパーティションは特別な識別ID(GUID)があることをサポートします。

しかし、MBRディスクならサポートされた最大のボリュームサイズは2 TB(テラバイト)だけで、毎ディスクは最大4つのプライマリパーティション(または3つのプライマリパーティションおよび1つの拡張パーティションで、このように無制限の論理パーティションは拡張パーティションに作成されることができます)を持てます。

それに加えて、MBRディスクと違って重要なプラットフォーム操作データは未分割場所や隠れたセクターに保存されませんがパーティションに保存されます。さらにGPTディスクの地区はプライマリとバックアップパーティションテーブルの余分があり、地域データ構造の完全性を向上させます。MBRとGPTディスクの違いをより多くご覧ください。

MBRディスクを使用し、MBRディスクを超えるGPTディスクの利点を享受したい場合、AOMEI Partition Assistant Proはデータ損失なしでMBRとGPT間の変換を実現できます。