By Asher / 最後の更新 2021年11月19日

GPTパーティションテーブルの最大サイズはいくらか?

GPTはGUIDパーティションテーブルの略です。ハードディスクをパーティション分割してデータを格納する前に、ディスクをGPTパーティションテーブルまたはMBRパーティションテーブルとして初期化する必要があります。しかし、これら2つのパーティションテーブルの違いは何ですか?サポートする最大サイズには違いがありますか?このような質問は多くのユーザーを困惑させると思います。

ディスクを初期化

理論的には、GPTディスクの長さは最大2^64論理ブロックです。論理ブロックのサイズは通常512バイトです。パーティション(およびディスク)の最大サイズは、オペレーティングシステムのバージョンによって異なります。Windows XPおよびWindows Server 2003の元のバージョンでは、GPTディスクの最大サイズは2TBです。Windows Server 2003 SP1、Windows XP x64バージョン以降のバージョンでは、最大ディスクサイズは最大18エクサバイトです。要約すると、Windows 11、Windows 10、Windows Server 2022、2019、2016、2012などの新しい人気のあるオペレーティングシステムでは、GPTは最大18EBのハードディスクをサポートすることができます。

対比:MBRTの最大サイズ

上記のように、別のパーティションテーブルがあり、それはMBRです。したがって、MBRがサポートする最大ディスクサイズを知りたい場合があります。MBRはMaster Boot Recordの略で、ハードドライブが2TBを超える前のデフォルトのパーティションテーブル形式です。MBRディスクの最大サイズは2TBです。

ハードドライブの場合、GPTは常にMBRよりも良いか?

GPTとMBRの最大サイズを知って、GPTの利点は明らかです。ただし、いつでも、どのような状況でも、GPTが常にMBRよりも優れていることを意味しますか?答えは「いいえ」です。GPTは最大18EBのハードドライブを処理できます。MBRは最大2TBのハードドライブしかサポートできませんが、MBRが必要な場合もあります。

◆Windows XP、Vistaなどの古いオペレーティングシステムをインストールする必要がある場合は、MBRのみがこれらの古いOSと互換性があるため、ブートハードドライブをMBRに初期化する必要があります。
◆32ビットオペレーティングシステムをインストールする場合、GPTシステムディスクで動作できるのは64ビットOSのみであるため、ディスクはMBRパーティションスタイルである必要があります。

全体として、OSの互換性においてMBRはGPTよりも圧倒的な利点があります。

以外の場合、GPTはより良い選択です。

◆ディスクの容量を最大限に活用する場合は、GPTを選択してください。2TBを超えるディスクは、MBRで未割り当て領域として表示されるためです。
◆ハードドライブに多数のプライマリパーティションを作成する必要がある場合、GPTを選択してください。MBRディスクの場合、4つのプライマリパーティションまたは3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティションのみが許可されるためです。
◆Windows 10からWindows 11にアップグレードする場合は、UEFI安全ブートモードのみをサポートするWindows 11のシステム要件を満たすために、MBRをGPTに変換する必要があります。

データを失うことなくMBRとGPT間での変換を実行する

MBRとGPTの最大サイズ、オペレーティングシステムの互換性、およびパーティションの数には多くの違いがあるため、特定の要求に応じて変換したいユーザーもいます。ここでは、サードパーティのディスクマネージャーであるAOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。これは、パーティションを削除せずに、MBRからGPTに、またはGPTからMBRに切り替えるのに役立ちます。ディスクの管理またはDiskPart.exeツールでMBRまたはGPTを変換する場合は、ディスク上のすべてのデータを削除する必要があるため、変換中のデータの損失を防ぐために、事前にデータをバックアップする必要があります。

さらに、推奨されるソフトウェアは、Windowsの実行中にシステムディスクをMBRまたはGPTに変換することもできます。これは、ディスクの管理では実行できません。DiskPart.exeはシステムディスクを変換できますが、インストールディスクからPCを起動し、Win PEモードで変換を完了する必要があります。これは非常に複雑で時間がかかります。

次のセクションでは、MBRからGPTディスクに変換 するための詳細な手順について説明します。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールし、起動して、MBRディスクを右クリックし、ポップアップメニューの「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

ステップ 2. 操作を確認して、「はい」をクリックします。

GPTディスクへの変換を確認

ステップ 3. メインインターフェイスに戻り、ツールバーの「適用」とその後の「続行」をクリックします。

MBRディスクからGPTディスクへの変換を適用

これは、ディスクをGPTに変換する方法です。MBRに変換するには、「MBRディスクに変換」を選択し、ウィザードに従って操作するだけです。オペレーティングシステムをロードせずに操作を実行する場合は、最初にこのソフトウェアを使用して起動可能なメディアを作成します。

概要

GPTディスクはWindows 11、10、8、7およびWindows Server 2022、2019、2016、2012(R2)、2008(R2)で最大ディスクサイズ18EBです。MBRの最大ディスクサイズは2TBです。パーティションテーブルの1つを使用した後に変換する必要がある場合は、AOMEI Partition Assistant Proを使用して、データを失うことなく変換を完了することができます。さらに、AOMEI Partition Assistant Server版は、Windows Server 2022、2019、2016、2012(R2)、2008(R2)に対応します。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。