Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月06日


質問: 最近、私はWindows7ハードディスクをXPボックスに接続しましたが、それが「ディスクの管理」で「GPT保護パーティション」と表示されています。その原因がわかりません。どのようにこの問題を解決しますか?何か良い解決策はありますか?

GPT Protective Partition

解答: もちろん、この面倒な問題を解決できるアプローチが沢山あります。そして、いくつかの優れたパーティションソフトウェア は、この厄介な問題を取り払うことで重要な役割を果たしています。

「GPT保護パーティション」と表示される理由

Windowsユーザー皆知っているように、GPTハードドライブがWindows 2003 64 ビット、 Vista、 2008、 Win7それに Win8などのWindows NT OSの一部のバージョンだけをサポートしています。一方、Windows XPがGPTをサポートしていませんので、GPTパーティションを読み取りし、アクセスすることができません。その場合に、唯一の解決策がMBRにGPTを変換することです。

GPTとMBRとの比較

● MBRハードディスクが2TB未満のディスクだけをサポートできますが、GPTには制限はありません。

● MBRは、WindowsOSのほとんどのバージョンをサポートできますが、前述したように、GPTはWindows NT OSの一部だけをサポートできます。

「GPT保護パーティション」の問題を解決できるソリューション

DiskpartコマンドでMBRにGPTを変換します

Windowsの内蔵のディスクマネージャとして、Diskpartコマンドは、数多のディスク問題に対処できます。このタスクの場合、次のようにしたら完成できます。

● ステップ1: 「スタート」をクリックします。

● ステップ2: プロンプトで「diskpart」を入力します。

● ステップ3: 「List disk」を入力して「Enter」キーを押します。

● ステップ4: 「select disk 」を入力して変換するディスクを選択します。

● ステップ5: 「Clean」コマンドを入力します。すると、選択したディスクが未割り当て領域になって、すべてのデータが削除されます。

Diskpartコマンドを使用した後、未割り当て領域だけがディスク上に残されます。そして、そのディスクを新しいボリュームに作成 しないと、使用できません。

注意: ディスクには重要なファイルやデータがある場合、このアプローチを使用したら、大量のデータが損失されます。そのため、操作を実行する前に、ディスク上の重要なデータをバックアップ した方がいいと思っています。

AOMEI Partition Assistant でディスクをクローンすることなく、MBRにGPTを変換します

プロのサードパーティ製のツールとして、AOMEIがソフト: AOMEI Partition Assistant Professional を提供しています。そして、それは困難なディスクの問題を解決できる多くの特別に設計された機能を備えています。「MBRにGPTを変換する」については、この魔法的なソフトウェアは簡単かつ安全にそれを解決できます。また、それは操作を実行する方法についての明確なデモがあります。それでは、この パーティションソフトウェアをダウンロード して、データを失うことなく、パーティションを変換しましょう。

ステップ1: AOMEI Partition Assistantを起動します。そして、MBRに変換したいディスクを右クリックして「MBRディスクへ変換」オプションを選択します。

ステップ2:「はい」 をクリックして操作を続行します。

ステップ3: ポップアップウィンドウで、ディスク2がMBRに変換されていた状態が表示されています。操作を実行するには、「適用」をクリックします。

MBRが2TB以下のパーティションだけをサポートしていますので、あなたが2TBよりも大きいディスクを持っている場合、どのようにディスク容量をフルに活用しますか?幸いなことに、AOMEI Partition Assistant Proが任意のデータを失うことなく、制限なしに、 MBRをGPTに変換 できます。それでは、この パーティションソフトウェアをダウンロード して今すぐ変換しましょう。