Byゆき / 最後の更新日時 2020年08月20日

コンピューターを使用する時、HDDのフォーマットまたはタイプを知っていますか。一般的にHDDのタイプは2つあります。どちらを選択するべきですか。どちらは適切ですか。一部のユーザーはこのような問題があるかもしれません。心配しないで今それらの基本的な知識を学びましょう。

MBRはマスターブートレコードの略称で、インテルによってPCユーザーのために開発されます。それは、論理パーティションがストレージデバイスに組織された情報を復元します。また、MBRはアクティブなOSのパーティションをスキャン、OSをロードできる実行可能コードを含みます。

MBRパーティションの規格はMBRが2TB以下のストレージスペースを持つHDDだけをサポートすることを決めます。HDDの容量は2TB以上である場合、コンピューターにMBR HDDの容量は2TBだけが表示されます。MBR HDDは最大4つのプライマリパーティション、あるいは3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティションをサポートできます。より多いパーティションが欲しい場合、拡張パーティションと呼ばれた2次構造が必要です。拡張パーティションは1つ以上の論理パーティションに分かれることができます。

GPTはHDDの最新のスタイルです。それはGUID (Globally Unique Identifier)の利点を利用してパーティションを定義し、またそれはUEFIの一部です。GPTはEFI (extended firmware interface、PC BIOSの代替品)スキームの一部ですが、EFIマザーボードに依存していません。GPTはBIOSマザーボードをインストールするPCで使用されることもできます。

GPTはHDDに無制限のパーティションを作成できます。でもほとんどのWindowsは128個のパーティションに制限されます。またGPTディスクは2TB以上のサイズをサポートします。

どのタイプのHDDが良いか悪いか、明らかに判断する根拠がりません。MBR HDDとGPT HDDは別々な機能を持っています。自分のニーズまたはコンピューターのハードウェアによって1つを選択するべきです。簡単と言えば、彼らは以下の違いがあります:

● GPTはパーティションの数に制限がありませんが、Windowsは最大128個のGPTパーティションだけをサポートします。GPTは最大18EB(1EB=1024K=1,048,576TB)のディスクボリュームを管理できます。

● GPTは容量が2TB以上であるHDDをサポートしますが、MBRは最大2TBの容量を持つHDDをサポートします。

● オペレーティングシステムのサポート:Windows XP HomeのようなシステムはGPTディスクをサポートできない場合、MBRディスクだけを使用しないといけません。

上述のように、多くの方面でGPTはより多い利点があります。コンピューターのためにより多い容量または他の機能が欲しい場合、MBRディスクの代わりにGPTパーティションスタイルを使用するべきです。でもコンピューターのマザーボードはUEFIをサポートできないなら、GPT HDDをセカンダリストレージデバイスと使用する必要があるかもしれません。GPT HDDにシステムをインストールできません。

自分のニーズまたはコンピューターのハードウェアによって AOMEI Partition Assistantは簡単かつ安全にMBRとGPT間でHDDを変換できます。もちろん、コンピューターに内蔵されたWindowsの「ディスクの管理」を使用してHDDを変換できますが、データやファイルを保存するために大きな容量を持つストレージデバイスを準備する必要があります。さもないと、コンピューターマネージャーは変換の進行中すべてのファイルとデータを削除し、それらがすべて紛失するかもしれません。AOMEI Partition Assistantの最も重要なことはそれがMBRとGPT間でHDDを自由に変換できるだけでなくファイルとデータの安全性を保証できることです。AOMEI Partition Assistantは実行中データを保護するため、他のストレージデバイスにデータを転送する必要がありません。