By Asher / 最後の更新 2021年11月05日

GPTとNTFSについて

元々GPTとNTFSは2つの異なる項目であることです。通常、コンピュータのディスクはGPTまたはMBR(2つの異なるパーティションテーブル)に分けられます。 これらのパーティションはFAT、EXT2やNTFSなどのファイルシステムでフォーマットされます。この部分はGPTとNTFSの概念と強みを紹介します。

GPTの概念と強み

GPTは(GUID Partition Tableの略)でハードディスクのパーティション管理の仕組みです。GPTは、データやプログラムを特定・生成するために、マイクロソフトが決めた識別子の標準規格で、Windowsのインターフェース識別子やクラス識別子などに利用されています。「UUID(Universally Unique Identifier)」の一種で、128ビットの整数値を表す文字列で記述されます。

GPTは新しいパーティション形式で、2TBを超える大容量ハードディスクをサポートできるし、128個までのプライマリパーティションをサポートします。

gpt

NTFSの概念と強み

NTFS(NT File System)は、Windows NT系のオペレーティングシステムで使用されるデフォルトのファイルシステム形式です。一般ユーザーにとって、Windows NTは、WindowsXP以降のWindowsオペレーティングシステムを指します。つまり、最新のWindowsオペレーティングシステムであるWindows 10を使用している場合でも、デフォルトのファイルシステムはNTFSです。

NTFSは、複数のユーザーがアクセスするファイルサーバーで使用できるように、各ファイルとアカウントのアクセス許可を設定できます。また、フォールトトレランスとセキュリティ機能が強化されており、ファイル圧縮と暗号化をサポートしています。
NTFSでは、1つのファイルのサイズに制限はありません。過去にWindowsで使用されていたFAT16/32では、ファイルサイズの制限はそれぞれ2GBと4GBに設定されていましたが、NTFSはファイルサイズとは関係ありません。
ジャーナリングファイルシステムとしての機能を持つようになり、突然の停電などに見舞われた時にデータが失われる可能性が低くなっています。

ntfs

GPTディスクパーティションをNTFSに変更する原因

新しいディスクをコンピュータに接続すると、Windowsはディスクを初期化するように要求します。パーティションスタイルとして、MBR(マスターブートレコード)またはGPT(GUIDパーティションテーブル)を選択できます。

MBRディスクの最大サイズは2TBで、最大4つのプライマリパーティションを保持できます。MBRディスクとは異なり、GPTディスクにはそのような制限はありません。GPTディスクは、2TBを超える大容量ハードディスクをサポートし、最大128のプライマリパーティションもサポートします。ただし、ただし、Windows XP/Vistaなどの一部の以前のバージョンのWindowsは、GPTパーティションスタイル)とファイルシステムを認識できません。

gptとmbr

ハードディスクパーティションの最大サイズは、Windowsのバージョンではなく、フォーマットに使用されたファイルシステムによって異なります。NTFSとFAT32は、Windowsで最も一般的に使用されているファイルシステムです。

FATファイルシステムは、PCの世界では非常に古くから使われているファイルシステムで、32ビットのクラスタ識別子を利用し管理する方法です。クラスタサイズは4KiBから32KiBまで使用できて、ボリュームサイズは理論上8TiBまでとなります。しかし、ボリュームの総セクタ数を32ビットで管理(最大4,294,967,295)しているため、セクタサイズが512バイトの場合にボリュームサイズは2TiBに制限されます。したがって、2TBを超えるパーティションが必要な場合は、パーティションをNTFSに再フォーマットする必要があります。さらに、Windowsに加えて、他の多くのオペレーティングシステム(OS)でも使用できます

ntfsとfat

NTFSは、1993年に導入された新しいものであり、Windowsでのみ使用できます。NTFSパーティションサイズについて、非常に大きくなる可能性があります。最大NTFSボリュームサイズは264-1クラスターです。したがって、クラスタが大きいほど、NTFSパーティションサイズも大きくなります。NTFSとFAT32の現在の最大クラスタは64Kであるため、NTFSパーティションの最大サイズは264*64Kです。

GPTディスクパーティションをNTFSに変更する方法

上記の内容に基づいて、2TBのファイルシステムの制限を打破するために、ディスクをGPTディスクに変換し、NTFSとしてフォーマットできることがわかります。

ステップ1.MBRディスクをGPTに変換する

MBRディスクをGPTに変換する方法はなんですか?1つの方法は、diskpartコマンドを使用することです。もう1つの方法は、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用することです。Diskpartコマンドを使用してGPTとMBRを変換するのは面倒です。これは、ディスクが空でボリュームが含まれていない場合にのみ、ディスクをGPTからMBRに変換できるためです。ですから、ここではこのような煩わしい方法を紹介しません。では、AOMEI Partition Assistant Professional中の強力な「MBRディスクに変換」機能を体験しましょう!

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

手順 1. まず、AOMEI Partition Assistantをダウンロード、インストール、起動します。GPTディスクを選択し、右クリックし、ドロップダウンメニューから「GPTディスクに変換」を選択します。

MBRディスクに変換

手順 2. 次に、MBRディスクからGPTディスクに変換するかどうかを尋ねるウィンドウが表示されます。「はい」をクリックし続行します。

GPTディスクからMBRディスクに変換するかどうか

手順 3. その後、GPTディスクがMBRに変換されるプレビューがあります。保留中の操作を確認後、ツールバーの「適用」をクリックします。

適用

ステップ2.GPTディスクパーティションにNTFSフォーマットする

Windowsの組み込みツールディスクの管理を使用して、GPTディスクをNTFSファイルシステムにフォーマットするのに役立ちますが、データを損失する可能性があります。ここでは、強力なAOMEI Partition Assistant Professionalの使用を引き続きお勧めします。このソフトウェアは、データを失うことなく、ファイルシステムが破損しているデバイスを強制的にNTFSにフォーマットすることができます。

さらに、Windowsの組み込みフォーマットツールと比較して、32GB以上のハードドライブをFAT32にフォーマットし、パーティションをExt4、Ext3、およびExt2 Linuxファイルシステムにフォーマットすることもできます。

手順 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストールして起動します。GPTディスク上のパーティションを右クリックし、「パーティションをフォーマット」を選択します。

パーティションをフォーマットを選択する

手順 2. 「ファイルシステム」ドロップダウンメニューで「NTFS」を選択し、「OK」をクリックします。

NTFSを選択し

手順 3. 最後に「適用」>「続行」をクリックしてください。

適用をクリック

補充:GPTディスクをFAT32からNTFSにフォーマットする場合は、「NTFS to FAT32変換器」機能を試すこともできます。これは、データを失ったり、再フォーマットしたりすることなく、FTA32とNTFSの間でファイルシステムを直接変換できます。

NTFS to FAT32変換器

結論

ここまで、AOMEI Partition AssistantでGPTディスクパーティションをNTFSに変更する方法です。AOMEI Partition Assistantはディスクについての問題を解決できる機能をたくさん持っています。例えば、FATからNTFSへの変換、OSからSDDへの移行、MBRの再構成とか。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較

ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。