ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月05日

問題

コンピュータフォーラムで次のような話がよく表示されます:

「新しいハードディスクを購入し、コンピュータに接続したばかりですが、[ディスクの管理]でWindowsがディスクを認識できるようにディスクを初期化する必要があります。そして、MBR(マスターブートレコード)またはGPT(GUIDパーティションテーブル)をパーティションスタイルとして使用することが尋ねられました。」

エラー

パーティションスタイルを選択するには、まず知っておく前提があります。

お使いのハードディスク(MBRとGPTから見れば)の容量はどれくらいですか?

2TBより小さい場合は、MBRディスクの初期化をできるだけです。MBRディスクはパーティションごとに最大2TBをサポートできます。

2TBより大きい場合は、GPTディスクの初期化をしてすべてのディスク容量を使用可能にすることができますが、例外もあります。

そして、マザーボードがUEFIを搭載し、オペレーティングシステムがGPTをサポートしているかどうかを確認する必要があります。ディスクの用途は何ですか?ストレージやシステムは?具体的な状況は下の図を参照してください:

オペレーティングシステム データアクセス システムのブート
Windows XP 32-bitGPTをサポートしませんGPTをサポートしません
Windows XP 64-bitGPTをサポートしますGPTをサポートしません
Windows Vista 32-bitGPTをサポートしますGPTをサポートしません
Windows Vista 64-bitGPTをサポートしますGPTをサポートします(UEFIが必要です)
Windows 7 32-bitGPTをサポートしますGPTをサポートしません
Windows 7 64-bitGPTをサポートしますGPTをサポートします(UEFIが必要です)
Windows 8 32-bitGPTをサポートしますGPTをサポートしません
Windows 8 64-bitGPTをサポートしますGPTをサポートします(UEFIが必要です)
Windows 10 32-bitGPTをサポートしますGPTをサポートしません
Windows 10 64-bitGPTをサポートしますGPTをサポートします(UEFIが必要です)


さらに、MBRディスクは4つのプライマリパーティションまたは3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティションをサポートできます。一方で、GPTディスクは理論的に無制限のパーティションをサポートできます。

上記の説明をまとめるために、MBRディスクまたはGPTディスクの初期化を試みてみましょう。

ここでは、Windows 10のMBRディスクを例とします。HDDをMBRからGPTに初期化する前に、まずMBRをGPTに変換してください。

操作しやすいソフトでMBRディスクからGPTディスクに変換する

まず、AOMEI Partition Assistant Proをダウンロード、インストール、起動してください。 Windows 10/8/7でHDDをMBRからGPTへ変換するには、AOMEI Partition Assistantプロ版またはServer版を使用します。

注:Windows 10/8/7vistaに適用する)

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantを起動します。変換したいデータディスクを選択してそれを右クリックします。それから、ドロップダウンメニューで「GPTディスクに変換」を選択します。

Convert to GPT Disk

ステップ 2. MBRとGPTディスク間の変換を確認した後、「はい」をクリックしてください。

Click OK


ステップ 3. GPTディスクの変換をプレビューすることができます。保留中の変更を保存するには、ツールバーの「適用」をクリックしてください。

Apply

ここまで、MBRからGPTに変換してしました。これから、GPTディスクのフォーマットを始めます。

まず、ディスク1(GPTディスク)のパーティションを一つずつ右クリックし、「パーティションをフォーマット」を選択し、GPTディスクの初期化を実行します。

MBRとGPTの間で変換する

ヒント

* コンバージョンを停止したいと、ツールバーの[元に戻す]をクリックして取り消すことができます。

* 念の為に、事前にディスクをバックアップしたほうがいいです。

MBRとGPTについての他の問題の解決方法

上述の「MBRとGPT間での変換」、「HDDをMBRからGPTにフォーマット」など以外、他のMBRとGPTについての問題に遭ったことがあるかもしれません。では、以下のMBRとGPTについての文章をご参照ください!