ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月02日

ビッグデータと大容量ハードディスク

情報爆発の現時点では、記憶装置の容量に対する要求はますます高くなっていきます。特に、大量的なデータを扱うサーバーでは、ハードディスクが大きければ大きいほどいいです。昔人々はハードウェアRAIDコンテナを配置するかもしれませんが、現在ハードディスクはハードウェアRAIDコンテナの代わりになります。それはハードディスクは4TB/8TBの容量に達することができるからです。

Windowsで2TB以上のパーティションを作成する前の準備

2TBを超えるハードディスク(HDD)の出現と共に、2TBを超えるパーティションを作成して使用したいと思っているユーザーは多くなっています。しかし、2TB以上のパーティションをサポートするマシンはすべてではありませんから、2TB以上のパーティションを使用するには、いくつかの変更をしなければなりません。

パーティションスキームの最も基本的な概念は、MBRとGPTです。MBRは、2TB以下のパーティションと4つのプライマリパーティションのみを許可するという制限がある古いスタイルです。GPTは、MBRからの制限(2TB、4つのプライマリパーティション)を克服するために開発された新しいスタイルです。だから、2TB以上のパーティションを作成したい場合は、まずMBRをGPTに変換してください。

変換したいディスクにシステム(OS)がインストールされている場合は、システムファームウェアがUEFI(Unified Extensible Firmware Interface)を使用していることを確認してください。GPT起動機能はお使いのコンピュータまたはサーバで使用されることができます。また、Windowsオペレーティングシステム(OS)は次の1つである必要があります。

  • ● Windows Server 2012 と2012 R2

  • ● Windows Server 2008 と 2008 R2 (32-ビットまたは64-ビット)

  • ● Windows 8 (64-ビット)

  • ● Windows 7 (64-ビット)

  • ● Windows Vista (64-ビット)

Windows XP(32-ビットも64-ビットも)はできません。

すべての準備がしまう時に「MBRをGPT に変換」を開始しましょう。

データを失うことなくMBRをGPTに変換する

MBRをGPTに変換する方法は2つあります。 1つはdiskpartコマンドで、もう1つはサードパーティ製のパーティションソフトウェアです。

ここでは、AOMEI Partition Assistantサーバ版を例としてサードパーティ製ソフトを使用する方法を教えようと思っています。

GPTとMBRの変換ソフト

AOMEI Partition Assistantはプロフェッショナルなパーティションツールです。「GPTディスクへ変換」機能を使用すると、データ損失なしで簡単なステップでMBRをGPTに変換することができます。

2TB以上のパーティションを拡張する方法

ディスクをMBRからGPTに変換した後は、2TB以上のパーティションを拡張することができるようになります。AOMEI Partition Assistantは引き続き使用できます。ただの違いは「パーティション拡張ウィザード」という機能を使用することです。

サーバ版のパーティション拡張ウィザード

AOMEI Partition Assistantはオールインワン(一体化)のパーティションソフトウェアです。このパーティションソフトウェアは「OSをSDDに移動」「Windows 8 To Goの作成」などの機能もサポートします。心からこのソフトウェアをダウンロードしパーティションの2TB制限を破るようお勧めいたします。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なく弊社のサポートスタッフ:[email protected]にお問い合わせください。勿論、弊社のウェブサイトで答えを見つけることもできます。

ご参考になれば、幸いです。ここまでありがとうございました。最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!