By Asher / 最後の更新 2021年11月26日

Windows11をハードドライブにインストールできない

Windows11が最近リリースされたことは誰もが知っているので、試してみることにしました。SSDにWindows11をインストールしようとしたときに、問題が発生しました。具体的には、Windowsのインストール中、オペレーティングシステムをインストールする宛先パーティションを選択すると、「このディスクにはWindowsをインストールできません。選択されたディスクにはMBRパーティションテーブルがあります。EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。」というプロンプトが表示されました。その後、SSDを古いHDDに交換しましたが、問題は解決しません。誰か助けてもらえますか?それとも、そのエラーが発生するのがなぜですか?

- あるユーザーからの質問

このディスクにはWindowsをインストールできません。選択されたディスクにはMBRパーティションテーブルがあります。EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。

「選択されたディスクにはMBRパーティションテーブルがあります。」エラーの原因

Windows11は2021年10月5日にリリースされたばかりで、過去数日間に何百万ものPCユーザーがこの新しいOSをダウンロードしました。フィードバックは非常に良く、ほとんどのユーザーがこのMicrosoftの傑作に非常に満足していることがわかります。しかし、最近、多くの人がWindows11をインストールする場合、「このディスクにはWindowsをインストールできません。」というエラーメッセージが表示されています。

このエラーが発生するのはなぜですか?この質問に答えるには、まずMBRとGPTに関する知識を理解する必要があります。MBRはMaster Boot Recordの略で、ハードディスク(HDDやSSDなど)のパーティションスタイルであり、レイアウトを決定し、Windowsにそのデータへのアクセス方法を指示します。MBRは、ハードディスクの最大2TBの使用可能スペースを許可し、4つのプライマリパーティションまたは3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティションのみをサポートします。WindowsがインストールされているMBRディスクの場合、ブートモードはLegacyである必要があります。

MBRとGPTの違い

GPTは、GUID Partition Tableの略語で、ハードディスクの最大9.4ZBの使用可能スペースを許可し、最大128のプライマリパーティションをサポートします。同時に、GPTディスクがWindowsがインストールされている場所である場合、ブートモードUEFIである必要があります。

EFIシステムでは、理論的にはMBRディスクとGPTディスクの両方を使用してオペレーティングシステムを起動できますが、Microsoftの規定によると、WindowsはEFIシステムでは、GPTディスクにのみインストールできます。 したがって「選択されたディスクにはMBRパーティションテーブルがあります。EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。」というエラーは、システムディスクがMBRであり、ブートモードがUEFIの場合にのみ表示されます。

「選択されたディスクにはMBRパーティションテーブルがあります。」エラーを修正する方法

前の内容で詳細に説明した後、「選択されたディスクにはMBRパーティションテーブルがあります。」エラーが出る場合、解決策を見つけることは難しくありません。一般に、このエラーが発生した場合の最善の方法は、MBRをUEFIブートモードをサポートするGPTに変換することです。

MBRとGPT間での変換に関しては、最初にディスクの管理とDiskPartについて考えるかもしれません。どちらもディスクの管理に役立つWindows組み込みユーティリティであるためです。ただし、これら2つのユーティリティのいずれかを使用して変換を実行すれば、事前にMBRディスク上のパーティションを削除する必要があります。そうしないと、ディスクの管理で「GPTディスクに変換」オプションがグレー表示され、DiskPartも次のコマンドを実行できません。それで、データを失うことなくMBRをGPTに変換する方法はありますか?

幸いなことに、答えは肯定的です。今回は、ハードドライブとパーティションの管理に役立つ強力な多機能ソフトウェアユーティリティであるAomei Partition Assistant Professionalをお勧めします。パーティションを削除せずに、MBRをGPTに、またはGPTをMBRにすばやく変換できます。同時に、SSD 4Kアライメントの調整や、プライマリパーティションと論理パーティション間の変換など、他の機能も利用できます。

「選択されたディスクにはMBRパーティションテーブルがあります。」エラーをデータを失うことなく、修正するには、わずか3ステップでMBRをGPTに変換できます。では、デモ版をダウンロードして、MBRとGPTの間で変換してください。

注意:変換プロセスは簡単ですが、事故が発生した場合に備えて重要なデータをバックアップすることをお勧めします。
Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

手順 1. AOMEI PA Proをインストールし、起動します。変換するハードディスクを選択して右クリックして「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

手順 2. 「はい」をクリックして操作を確認します。

注意事項

手順 3. 「適用」をクリックして操作を実行します。

適用

結論

Windows11/10/8.1/8/7をインストールすると、「このディスクにはWindowsをインストールできません。選択されたディスクにはMBRパーティションテーブルがあります。EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。」というエラーが表示されることがあります。この記事では、エラーの原因を説明し、それを修正するための最良の方法を紹介します。ディスク関連の問題が発生する場合は、常にAOMEI Partition Assistant Professionalが最初の選択肢です。サーバーでこのソフトウェアを使用する場合は、AOMEI Partition Assistant Server版を試してください。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。