By Jun / 最後の更新 2021年06月30日

MBR2GPTディスク0のOSパーティションが見つからない

Win10ブートディスクをMBRからGPTパーティションテーブルに変換しようとすると、「ディスク0のOSパーティションが見つかりません」で失敗しました。私は多くの記事を読みましたが、明確な解決策を提供しませんでした。

Cannot find OS Partition(s) for disk 0

MBR2GPT.EXEは、ディスク上のデータを変更または削除せずに、ディスクをマスターブートレコード(MBR)からGUIDパーティションテーブル(GPT)パーティションスタイルに変換します。このツールは、Windowsプレインストール環境(Windows PE)のコマンドプロンプトから実行できるように設計されていますが、/allowFullOSオプションを使用することで、完全なWindows 10オペレーティングシステム(OS)から実行することもできます。

MBR2GPTがOSパーティションが見つからない原因と解決方法

一般に、MBR2GPTコマンドラインツールを使用して、システムディスクをMBRからGPTに変換できます。これが完了すると、古いBIOSモードではなく最新のUEFIモードでWindowsを起動でき、2TB以上のハードドライブを最大限に活用できます。ただし、「OSパーティションが見つかりません」というエラーメッセージが表示される場合があります。このMBR2GPTが変換失敗の理由が多く考えられます。最も重要な理由の1つは、ブート構成データの不正なエントリである可能性があります。これを解決するには、次の手順を参照してください。

1. Winキー+Rキーを押して、次のコマンドを実行してOSパーティションとシステム予約済みパーティションを見つけ、ドライブ番号を割り当てます。(各コマンドを入力したら、Enterキーを押してください。)

  • diskpart

  • select disk 0(OSディスク)

  • list partition

  • select partition 2(WindowsOSがインストールされているパーティション)

  • assign drive letter= w(または他の使用可能なドライブ番号を割り当てる)

  • select partition 1(システム予約済みパーティション)

  • assign drive letter= b(または他の使用可能なドライブ番号を割り当てる)

  • exit(diskpart.exeを終了する)

ドライブ番号

2. コマンド「X:\Sources>dir/a w:\」を実行して、Windowsシステムパーティションをさらに調べ、内部にブートフォルダーがあるかどうかを確認します。必要なブートフォルダがない場合は、コマンド「X:\Sources>dir/a b:\」を実行して、システムの予約済みパーティションを確認できます。

Sources

3. システムパーティションまたはシステム予約済みパーティションのいずれかでブートフォルダーを見つけたら、「X:\Sources>dir/ab:\Boot」を実行してbcdeditツールを呼び出し、ブート構成データストアにポイントする必要があります。

4. 無効なエントリを確認します。次のコマンドを実行します:「X:\Sources>bcdedit/store B:\boot\bcd/enumall」。たとえば、一部のエントリに「unknown」が含まれている場合があります。それらは、以前のWindowsインストールの残骸であるか、または悪質なソフトウェアによって引き起こされた可能性があります。

X: \Sources>bcdedit /store B:\boot\bcd /enum all

unknown

5. 不正なエントリの識別子をコピーします。次に、bcdeditを再度ブート構成データストアにポイントし、コピーされた識別子で不正なエントリを削除するようにします。

 Copy the identifier

6. 次に、「X:\Sources>bcdedit/store B:\boot\bcd/enum all」コマンドを再度実行して、問題がないかどうかを確認します。

問題なかったら、MBR2GPTツールを再試行してください。

「OSパーティションが見つからない」の最善な解決方法

上記の解決策を参照すると、MBR2GPT.exeツールで「ディスク0のOSパーティションが見つかりません」を解決できます。ただし、ほとんどのユーザーにとっては複雑すぎて困難です。そこで、ここでは、役立つ簡単なツールをシェアしたいと思います。それがAOMEI Partition Assistant Professionalです。MBR2GPTと比較すると、次の利点があります。

直感的なインターフェイスでMBRからGPTへの変換ができます。専門家と初心者の両方でもできます。
Windows 10/8/7およびWindows XP/Vistaのすべてのエディション(32ビットおよび64ビット)で正常に動作することができます。
ディスク上のデータを削除せずに、システムディスクと非システムディスクの両方をMBRからGPTパーティションスタイルに変換することをサポートしています。
ディスクをMBRからGPTに変換するだけでなく、ディスクデータを変更せずに、任意のディスクをGPTからMBRに変換することもできます。
Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注:✎...
ブートディスクがGPTパーティションスタイルに変換された後、ファームウェアをLegacy BIOSからUEFIに変更する必要があります。
システムディスクを変換する前に、デバイスがUEFIをサポートしていることを確認してください。

1. AOMEI Partition Assistantを起動した後、変換したいディスクを右クリックして、ドロップダウンメニューから「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

2. 変換操作を確認した後、「はい」をクリックしてください。

はい

3. 仮想結果を確認します。問題なければ、ツールバーの「適用」をクリックして変換を実行します。

適用

操作が終了したら、BIOSに入ってLegacyをUEFIに変更してください。

結語

この記事では、Windows 10で「MBR2GPTがOSパーティションが見つかりません」の解決する方法を紹介しました。さらに、このような問題を簡単に回避するのに役立つ別のツールも紹介しました。AOMEI Partition Assistant Professionalには、MBRディスクをGPTディスクに変換、またはGPTディスクからMBRディスクへのクローン作成、パーティションのクローン作成、MBRとGPTディスク間のOSの転送、ボリュームを削除せずにダイナミックディスクをベーシックディスクに変換するなど、他にも多くの機能があります。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較