By ゆき / 最後の更新 2020年10月27日

仮想ディスクサービスエラー

3TB HDDを持ちたいユーザーはレガシーブートを使用したコンピューターを使用しています。3TB全体容量を使用するためにGPTディスクに変換する必要があることを知っています。そして、このユーザーはDiskPart.exeを使用してMBRをGPTに変換する時、あるエラーメッセージが表示されます:

ページファイルボリュームを含むディスク上では、この操作は許可されません。

仮想ディスクサービスエラー

コントロールパネルでページファイルを無効にしても、ファイルエクスプローラでc:\pagefile.sysファイルを削除しても、同じ結果になりました。何か間違いますか?

実は、DiskPart.exeがパーティションじゃなくて空のHDDだけをGPTまたはMBRパーティションスタイルに変換できます。そのため、DiskPart.exeでHDDをGPTまたはMBRに変換する場合、「convert gpt」を使用する前に「clean」コマンドを使用してディスク上のすべてのパーティションを削除する必要があります。ただし、今実行しているWindowsシステムを含むHDDを消去することができません。

Diskpartで仮想ディスクサービスエラーを解決する

上述のように、その方法はディスク上のすべてを削除します。次の手順を適用する前にHDDのバックアップを作成したほうがいいです。

手順 1. BIOSからコンピューターを起動してUEFIブートモードを有効にします。そしてこれを終了します。

手順 2. WindowsインストールCDまたはUSBディスクからコンピューターを起動します。

手順 3. スクリーンでWindowsをどこにインストールするかを選択します。「Shift + F10」を押してコマンドプロンプトウィンドウを開きます。

仮想ディスクサービスエラー

手順 4. 次の通りに入力します:

Diskpart

list disk

select disk x「xはディスク番号」

clean

convert gpt

仮想ディスクサービスエラー

手順 5. これでGPTにMBRを変換する問題を解決しました。確認メッセージを見た後、このウィンドウを閉じてGPTディスクにWindowsをインストールすることができます。

データを失うことなく仮想ディスクサービスエラーを解決する

パーティションソフトウェアAOMEI Partition Assistant Proを使用するなら、Windowsを再インストールせずにレガシーモードをUEFIに変更することもできます。それはOSに影響を与えずにシステムディスクをMBRまたはGPTに変換できます。つまり、変換が完了したら、再インストールが必要なくてUEFIまたはレガシーモードに変更し、そしてWindows 10/8/7を起動できます。

次の手順に従って、データ損失なしでブートHDDをGPTに変換できます:

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Proを手に入れます。

無料ダウンロード

Win 10/8.1/8/7/XP

AOMEI Partition Assistant Pro 体験版

ステップ 2. ページファイルボリュームのせいで変換は許可されないディスクを右クリックして「GPTディスクへ変換」オプションを選択します。

GPTディスクへ変換

ステップ 3. 「適用」オプションをクリックしてこの操作を実行します。

適用

まとめ

AOMEI Partition Assistant Proを使用したら「ページファイルボリュームを含むディスク上では、この操作は許可されません」という仮想ディスクサービスエラーは絶対発生しません。プロセス全体はページファイルを邪魔しません。またすべてのデータを元のまま保持できます。

そのほかにこのソフトウェアはパーティションをリサイズ、空き領域を割り当て、データ損失無しでベーシックにダイナミックディスクを変換することもできます。Windows Serverユーザーの場合は、AOMEI Partition Assistant Serverを使用する必要があります。