Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月06日

GPT(GUIDパーティションテーブル)はハードディスクドライブ上の新しいパーティションスタイルで、MBR(マスターブートレコード)の数年後に発明されました。それは沢山の利点があり、MBRディスクにとって複雑、不可能なことを行えます。

GPTディスクは2つの明らかな利点があります。1つは、最大4つのプライマリパーティションだけ、または拡張パーティション内の124個のパーティションをサポートできるMBRディスクと比べてGPTが最大128個のプライマリパーティションをサポートできることです。もう1つは、MBRディスクに制限がありますが、GPTディスクが2TB以上のパーティションをサポートできることです。

ノート:

マザーボードはUEFI(ユニファイド・エクステンシブル・ ファームウェア・インタフェース)をサポートする場合、WindowsはGPTディスクのみから起動できます。

今日、GPTディスク向けのパーティションマジックソフトウェアを推薦します。このパーティションマジックソフトウェアはAOMEI Partition Assistantと呼ばれ、AOMEI Tech Co., Ltd.によって開発され、専門パーティションツールです。名前のようにそれはGPTディスクパーティションの良い助手です。このパーティションマジックソフトウェアを使用してGPTディスクを簡単かつ安全に最適化できます。いくつかの例を挙げましょう:

1. GPTパーティションをリサイズします

パーティションのリサイズはパーティションを前より大きく、または小さくさせることを指します。それはファイルとデータをうまく整理できます。次はAOMEI Partition Assistant ProでGPTパーティションをリサイズする方法を簡単に紹介します。

リサイズしたいパーティションを選択して右クリックします。「パーティションをリサイズ」を選択します。

パーティションをリサイズ

ボーダーを左にドラッグしてパーティションを縮小します。「はい」をクリックします。

調整

主なスクリーンに戻ります。「適用」と「続行」をクリックします。そして、パーティションはデータ損失無しで完璧にリサイズされます。

適用

2. OSをGPTディスクに移行します

AOMEI Partition Assistantを使用してWindows OSを新しいGPTディスクに移行できます。

ウィザードパネルで「OSをSSDに移動」をクリックします。ポップアップで「次へ」をクリックします。

OSをSSDに移動

ディスクスペースを選択し、「次へ」をクリックします。

ディスクスペースを選択

作成するパーティションのサイズや位置を設定してください。

パーティション設定

注意を読んで「完了」をクリックします。

完了

「適用」をクリックします。これでこのパーティションマジックツールでOSは正常に移行されます。

適用をクリック

3. MBRディスクにGPTを変換します

このパーティションマジックソフトウェアはGPTをMBRディスクに変換することもできます。

変換したいGPTディスクを選択して右クリックします。「MBRディスクへ変換」をクリックします。

MBRへ変換

ポップアップで「はい」をクリックします。

はい

「適用」をクリックして保留中の操作を実行します。

以上の3つの例から見て、AOMEI Partition Assistantはパーティションマジックソフトウェアとして基本的な能力と高度な能力両方を持ち、コンピューターソフトウェア市場にある珍しいパーティションマジックツールの1つであることが分かります。