Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月06日

エラー

システムドライブをGPT/MBRに変換するために、HDDを綺麗に削除する必要があります。Windowsが実行しているシステムドライブを削除するのは不可能です。そのためユーザーはWindowsインストールディスクからお使いのコンピューターを起動してシステムHDDを変換します。しかし、一部の人はDiskPart.exeでディスクをGPTまたはMBRに変換しようとする時「指定されたディスクは変換できません」というエラーを受けます。

考えられる原因

MBRのHDDにWindows 10/8/7がインストールされる時、システムはLegacy BIOSブートモードを使用します。GPTディスクはUEFIモードだけから起動できます。GPTにシステムディスクを変換したい時、Windowsは古いWindowsシステムを削除してGPTパーティションテーブルを作成する必要があります。

UEFI/BIOS変更

そのため、UEFIモードからインストールディスクを起動してdiskpart.exeのGPT変換コマンドを使用する必要があります。同様にGPTをMBRに変換ためにインストールディスクを起動する前にブートモードをLegacyモードに変更しなければなりません。

Diskpart

USB Windowsインストールドライブまたはディスクを使用して「指定されたディスクは変換できません」というエラーがまだ表示される場合、専門パーティションソフトウェアを使用し、データ損失なしでディスクをMBR/GPTに変換できます。

OSに影響を与えずにGPT/MBRにシステムディスクを変換します

HDDを削除、ディスクを変換、そしてWindowsを再インストールする代わりに、AOMEI Partition Assistantを使用してシステムディスクをGPTまたはMBRに直接変換できます。このソフトウェアは、パーティションスタイルの2つの種類が異なるブートパーティションを要求して起動することを知っているので、この問題をうまく処理できます。

以下の手順を参考してデータ損失なしでWindowsがインストールされたHDDをGPTまたはMBRパーティションスタイルに変換できます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professional版をダウンロードして実行します。「指定されたディスクは変換できません」というエラーが表示されたディスクを右クリックします。そして「GPTディスクに変換」オプションを選択します。

Partition Assistant

ステップ 2. そして操作を確認して「はい」オプションをクリックします。

GPTディスクへ変換

GPTディスクへ変換

ステップ 3. 「適用」をクリックしてこの操作を実行します。

適用

プロセスが完了したら、Windowsに入る前にBIOSから起動してUEFIブートを有効にする必要があります。同様に、システムがインストールされた状態でGPTディスクをMBRに変換することもできます。GPTディスクは4つ以上のパーティションがある時、このソフトウェアはスマートでそれを処理できます。

HDDを正常にクリーニングした後、ブータブルメディアを作成してコンピューターを起動し、ディスクを変換できます。結論として、AOMEI Partition Assistantは指定されたディスクは変換できませんという問題を解決できます。