By Asher / 最後の更新 2021年11月16日

ディスクをMBRに変換する必要がある場合

GPTはグローバル一意識別子パーティションテーブルの略語であり、ハードディスク上のパーティションテーブルの配置に関する最新の標準で、UEFIブートモードをサポートします。GPTは、ディスクをパーティション分割するための柔軟性の高いメカニズムを提供します。

MBRは、Master Boot Recordの略で、ハードディスクのパーティションを管理する古い標準です。

したがって、GPTディスクとMBRディスクのパフォーマンスには大きな違いがあります。

MBRディスクは最大4つのプライマリパーティションをサポートし、GPTディスクはティション数は理論的にほぼ無制限です。MBRディスクのパーティションサイズは最大2TBをサポートしますが、GPTディスクのパーティションサイズは最大18EBの容量をサポートします。さらに、GPTは、巡回冗長検査(CRC)値も保存して、データが完全であることを確認します。データが破損している場合、GPTは問題に気づき、破損したデータをディスク上の別の場所から回復しようとします。

MBRとGPTの違い

GPTには上記の多くの利点があるため、MBRディスクをGPTに変換するのが一般的です。では、なぜディスクのパーティションスタイルをGPTからMBRに変更する必要があるのはなぜですか?

Windows 95/98/ME、Windows NT4、Windows 2000、Windows 2003 32ビット、およびWindows XP 32ビットバージョンはGPTパーティションをサポートしていないためです。これらのシステムでは、GPT保護パーティションとして表示されるため、GPTディスクにアクセスできません。つまり、上記のシステムでGPTディスクを使用する場合は、MBRパーティションスタイルに変換する必要があります。

2つ方法:「MBRディスクに変換」がグレー表示される問題を解決する

Windows 10で「MBRディスクに変換」がグレー表示されている理由を理解した後、この問題を取り除き、ここでは、2つの方法を紹介します。

方法1.ディスクの管理を使用して修正する

パーティションスタイルをMBRに変換する場合、真っ先に思いつくのは、Windowsに組み込まれているディスクの管理ツールです。ディスクの管理を実行してGPTディスクを右クリックすると、「MBRディスクに変換」オプションがグレー表示される場合があります。

MBRディスクに変換」がグレー

これは、ディスクの管理を使用してGPTをMBRに変換する場合、GPTディスクが空の場合にのみ、この操作を実行できるためです。「MBRディスクに変換」オプションが無効になっている問題を解決するには、GPTディスク上のすべてのパーティションを削除してから、変換を実行します。詳細な手順は次のとおりです。

注意:ディスク上のすべてのデータが消去されるため、GPTディスクに必要なデータをバックアップしてください。

手順 1. 「Windows+R」キーを押し、「Diskmgmt.msc」と入力し、Enterキーを押してディスクの管理を開きます。

手順 2. ディスクの管理インタフェースで、GPTディスク上の各パーティションを右クリックし、「ボリュームの削除」を選択してディスクをクリーニングします。

ボリュームの削除

手順 3. 次に、ディスクを右クリックして、「MBRディスクに変換」を選択します。プロンプトに従って変換を完了してください。

ボリュームの削除

AOMEI Partition Assistant Professionalを使用して修正する

ディスクの管理でMBRに変換するときに、データのバックアップと復元の問題を抱えたくない場合は、サードパーティ製のソフトウェアであるAOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、パーティションスタイルをGPTからMBRに変更できます。しかも、パーティションを削除したりデータを失ったりすることはありません。このソフトウェアを無料でダウンロードし、以下の手順に従ってください。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される
★変換する前に知っておくべきこと:
MBRディスクのパーティションサイズは最大2TBであるため、2TBを超えるGPTディスクをMBRディスクに変換する必要がある場合は、GPTディスクの使用済みスペースが2TB以下であることを確認する必要があります。そうしないと、余分なデータが失われます。2TBを超えるデータを含むGPTディスクを本当に変換したい場合は、変換前に余分なデータを転送したり、重要でない情報を削除したりできます。
GPTからMBRへの変換がラップトップで実行されている場合は、電源が十分であることを確認してください。AOMEI Partition Assistant はデータを失うことなくGPTをMBRに変換できますが、電源瞬断などの不慮の事故によるデータ損失を防ぐために、データを事前にバックアップしてください。

手順 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストールして実行します。MBRに変換する必要のあるGPTディスクを右クリックします。次に、「MBRディスクに変換」を選択します。

MBRディスクに変換

手順 2. 「はい」をクリックして続行します。

はい

手順 3. その後、メインインターフェイスに戻り、保留中の操作一覧で変換をプレビューできます。変更を保存するには、ツールバーの「適用」をクリックして操作を完了します。

適用

結論

明らかに、AOMEI Partition Assistant Professionalは、データを失うことなく、「MBRディスクに変換」がグレー表示され、選択できない問題を解決するのに役立つ最良の方法です。GPTをMBRに安全かつ効果的に変換できるだけでなく、MRBをGPTに変換することもできます。さらに、パーティションのサイズ変更、パーティションのクローン、OSをSSDまたはHDDへの移行、SSDの完全消去など他の多くの機能を提供します。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。