By Asher / 最後の更新 2021年12月14日

エラー「選択されたディスクには、MBRパーティションテーブルがあります」

Windows 10をハードディスクにインストールしようとすると、「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクには、MBRパーティションテーブルがあります。」というメッセージが表示される場合があります。その理由は、コンピュータがこのディスクの起動をサポートしていないためです。つまり、Windows 10を正常に動作させるには、GPTパーティションスタイルとUEFIブートモードを確認する必要があります。

このディスクにはWindowsをインストールできません。選択されたディスクにはMBRパーティションテーブルがあります。EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。

UEFIでWindows 10をGPTにインストールする方法

上記のように、「選択されたディスクにはMBRパーティションテーブルがあります。EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。」というエラーが発生したら、Windows 10をGPTにインストールできません。では、UEFIでWindows 10をGPTにインストールする場合はどうなりますか?それを解決する方法はありますか?実は、この問題を解決するには多くの方法がありますが、最も直接的な方法は、MBRディスクをGPTディスクに変換することです。ですから、ここでは、MBRとGPT間での変換の2つの実用的な方法を示します。

システムディスクのMBRとGPT間での変換に関して、最初に考えるのは、Windowsに付属している「DiskPart」というツールです。ただし、今回はより強力なサードパーティツールも紹介されて、より簡単にMBRとGPT間での変換を実行できます。

方法一:DiskPartでMBRをGPTに変換する

DiskPartは、コマンドラインを入力することで、ディスクの管理でさまざまな操作を実行するのに役立つWindowsユーティリティです。DiskPartを使用して起動可能なディスクをMBRからGPTに変換するには、まずディスク上の既存のパーティションをすべて削除しなければなりません。これにより、深刻なデータ損失が発生することがあります。

手順 1. コマンドプロンプトを起動します。Windowsを使用してUSBフラッシュドライブをインストールし、「DiskPart」と入力します。

手順 2. 「list disk」と入力し、「ENTER」を押して、コンピューター上のすべてのハードドライブを表示します。

手順 3. 「select disk *」と入力し、「ENTER」を押します。ここで、「*」はターゲットディスクのシリアル番号を表します。

手順 4. 「clean」と入力し、「ENTER」を押して、ディスク上のすべてのパーティションを削除します。

手順 5. 「convert gpt」と入力して、ハードディスクをMBRからGPTに変換します。

diskpartはmbrをgptに変換します

数秒後、変換が正常に完了したことを知らせるメッセージが表示されます。

方法二:データを失うことなく、最良のソフトでMBRをGPTに変換する

DiskPartを使用して、ハードディスクをMBRからGPTに変換するには、最初にすべてのパーティションを削除する必要があります。そのため、ユーザーが事前にディスクをバックアップしていない場合、ユーザーは深刻なデータ損失に遭遇するかもしれません。したがって、より良い代替手段を見つけることが不可欠かもしれません。今回は、データを失うことなく、わずか数ステップでMBRからGPTまたはGPTからMBRに変換できる強力なサードパーティソフトウェアであるAOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。このソフトウェアを使用する際には、完全に安全であるため、バンドルソフトやウイルス攻撃の心配をする必要はありません。

UEFIでWindows 10をGPTにインストールする前に、MBRをGPTに変換する必要があります。無料でデモをダウンロードしてお試しください。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。MBRディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクへ変換

手順 2. ポップアップする2つのウィンドウで「はい」をクリックし、操作を確認します。

操作を確認

手順 3. インインターフェイスに戻り、「適用」>「続行」をクリックします。

適用

結論

「選択されたディスクにはMBRパーティションテーブルがあります。」というエラーが発生した場合でも、UEFIでWindows 10をGPTにインストールできるため、慌てる必要はありません。この記事では2つの方法を紹介していますが、その中でサードパーティソフトウェアであるAOMEI Partition Assistant Professionalを使用することを強くお勧めします。これは、ハードドライブ上のパーティションを削除する必要がなく、データの損失を心配する必要がないためです。このソフトウェアは多機能で、MBRとGPTの間の変換に加えて、OSの移行、Windows 11/10/8 To Goディスククローンなどの機能も提供しています。