ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年08月26日

BIOSとUEFIとは何ですか?

ほとんどの人はPCのBIOSに精通しているかもしれません。簡単に言えば、下の画像をご覧ください:

BIOS

BIOS(バイオス)はBasic Input-Output System(基本入出力システム)の略称です。お使いのコンピュータが起動すると、さまざまなコンポーネントを有効にし、コンポーネントが実行していることを確認するのはBIOS(バイオス)です。そして、BIOS(バイオス)はオペレーティングシステム(OS)や別のブートローダに機能を渡します。

UEFIはUnified Extensible Firmware Interface (ユニファイド・エクステンシブル・ファームウェア・インタフェース)の略称です。古いSystem BIOSの代替として動作可能で、より使いやすいです。また、GPTディスクのようにUEFI も2 TB以上のディスクでWindowsを起動するため の鍵(キー)です。いくつかの新しいマザーボードには古いBIOSが付属していますし、新しいUEFIもサポートしています。

UEFI

BIOSをUEFIにアップデートする方法:操作インタフェース(上記のように)でBIOSからUEFIに直接切り替えることでBIOSをUEFIにアップグレードすることができます。ただし、お使いのマザーボードが古すぎる場合は、新しいBIOSを変更してBIOSをUEFIにアップデートすることしかできません。する前にデータのバックアップを行うことをお勧めいたします。

データを失うことなくMBRからGPTに変換

BIOSをUEFIにアップグレードした後、MBRからGPTに変換してWindowsオペレーティングシステムなどを再インストールすることができます。具体的な状況は下の表をご参照ください:

オペレーティング·システム
データアクセス
システムブート
Windows XP 32-bit
Not Support GPT
Not Support GPT
Windows XP 64-bit
Support GPT
Not Support GPT
Windows Vista 32-bit
Support GPT
Not Support GPT
Windows Vista 64-bit
Support GPT
Support GPT(Need UEFI)
Windows 7 32-bit
Support GPT
Not Support GPT
Windows 7 64-bit
Support GPT
Support GPT(Need UEFI)
Windows 8 32-bit
Support GPT
Not Support GPT
Windows 8 64-bit
Support GPT
Support GPT(Need UEFI)

MBRからGPTへの変換と言えば、非常に効率的で、使いやすく、多機能であるMBRからGPTに変換できるソフト――AOMEI Partition Assistantを心からお推薦いたします。簡潔明瞭な操作でハードドライブのパーティションを管理できます。Partition Assistantによって、パーティションの作成/削除とマージ/削除を簡単かつ迅速に行うことができます。一番言うに値する利点は、[パーティションをリサイズ/移動]によってパーティションのボリュームを再調整し、データのセキュリティを確保することです。さらに、新しい機能「Windows to go creator」は本当に素晴らしいです。

Windows to go creator

このパーティション管理ソフトウェアは異なるエディションのソフトウェアに応じて異なるバージョンのWindowsをサポートします。一般的に、Windows 2000 / XP / Vista / 7/8 / 8.1、Small Business Server 2011/2003/2008、Windows Home Server 2011、Windows Server 2003/2008/2012(32ビットと64ビット)で動作できます。AOMEI Partition Assistantの他の機能については、こちらをご覧ください!