By Akira / 最後の更新 2022年06月28日

Windows 11でGPT HDDが認識されない問題について

2021年10月5日にWindows 11が公開され、それ以来、世界中で数百万人のユーザーがWindows 11をインストールします。

windows 11

ほとんどの場合、人々はこの新しいオペレーティングシステムをうまく利用していますが、Windows 11の黒い画面が消えたり、Windows 11の起動に失敗したり、Windows 11にアップグレードできないなど、エラーや不具合が発生することもあります。今回は、現在多くのユーザーから寄せられているもう一つのエラー、「Windows 11のGPTが認識されない」について説明します。

ほとんどの場合、この問題はGPTシステムディスクに発生します。PCの電源を入れると、PCがGPT起動ディスクを認識しないため、Windowsを正常に起動することができません。

Windows 11でGPTが認識されない問題の原因

では、Windows 11でGPTが認識されない問題の原因は何でしょうか?以下は3つの原因をまとめしました:

GPTディスクを起動ディスクとして設定することに失敗し、この場合、Windows 11はBIOSでそれを検出できず、そこから起動することができません。
BIOSでUEFIブートモードが有効になっていません。
PCのマザーボードはUEFIブートモードをサポートしていませんが、レガシーのみがサポートされています。

Windows 11でGPT起動ディスクが認識されない場合の対処法

Windows 11がGPT起動ディスクを認識できない理由がわかったので、対応する解決策を次のように示します。

方法 1. BIOSでGPTディスクを起動ディスクに設定する

GPTディスクがブートディスクとして正しく設定されていない場合、Windowsを起動する方法はありません。したがって、ステップバイステップガイドに従って正しく作成しましょう。

1. PCを再起動し、起動中にF2/F8/Delを押し続けて、BIOSに入ります。

2. 「boot」タブで、ハードディスクのブート順序を変更します。

3. 矢印キーを使用して、GPTディスクを最初の起動デバイスとして設定します。

起動順序の変換

方法 2. UEFIを有効にする

GPTの起動ディスクに合わせて、BIOSでUEFI起動モードを有効にすることを忘れるかもしれません。この状況では、レガシー起動モードでGPT起動ディスクが認識されません。そこで、この問題を解決する最良の方法は、ブートモードをLegacyからUEFIに切り替えることです。

1. PCを再起動し、起動中にF2/F8/Delを押し続けて、BIOSに入ります。

2. 「boot」タブで、、ブートモードオプションを見つけることができます。

3. Legacyと表示されている場合、UEFIに切り替えてください。

UEFIを有効にする

方法 3. GPTをMBRに変換する

前述のように、PCのマザーボードはUEFIブートモードをサポートしていない可能性があります。この場合、ブートディスクがGPTパーティションスタイルであると、PCを起動できません。したがって、レガシーと互換性を持たせるために、GPTをMBRに変換することをお勧めします。

ディスクの管理またはDiskPartのいずれかを使用してディスクを変換できます。だたし、ハードディスク上のすべてのパーティションを削除する必要があります。

だから、GPTをMBRに変換するには、強力なサードパーティソフトAOMEI Partition Assistant Professionalを強くお勧めします。これは数クリックだけでデータ損失なしにGPTをMBRに、MBRをGPTに変換することができます。GPT-MBR変換以外にも、AOMEI Partition Assistant Professionalは論理ディスクへの変換、SSDの安全消去、パーティション分割などの便利な機能をサポートしています。

では、AOMEI Partition Assistantをダウンロードして試してみてください。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
ヒント:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールし、起動します。GPTディスクを右クリックし、「MBRディスクに変換」を選択します。

MBRディスクに変換

ステップ 2. GPTディスクからMBRディスクに変換する確認画面が表示されるので「はい」をクリックして続行します。

注意事項

ステップ 3. メイン画面に戻り、GPTディスクがMBRに変換される結果をプレビューできます。問題なければ、ツールバーの「適用」をクリックして保留中の操作を実行します。

適用

処理が完了するまで数秒お待ちください。

まとめ

Windows 11でGPTが認識されない問題を効率的に解決する方法がありますが?この投稿では、この問題の原因について説明し、一方、対応する3つの解決策を提供します。状況にに応じて、いずれかの方法をお選びいただけます。

また、AOMEI Partition Assistant Professionalは、GPTからMBRへの変換をサポートするだけでなく、ディスクのクローン、SSDのフォーマットなどもサポートします。Windows Serverユーザーの場合は、Server版を利用してください。