By Asher / 最後の更新 2021年12月15日

エラーの概要:「NTFSでフォーマットされたパーティションにWindowsをインストールする必要があります。」

Windowsオペレーティングシステムをインストールするときに、多くの問題が発生する可能性があります。その1つは、オペレーティングシステムを保存する場所を選択する手順で、「NTFSでフォーマットされたパーティションにWindowsをインストールする必要があります。」というエラーメッセージが表示されることです。この問題の主な原因は、ブートパーティションが適切にNTFSに設定されておらず、FAT32またはexFATに設定されていることです。FAT32とexFATは古いファイルシステムであり、オペレーティングシステムをインストールすることはできません。Windows Vista以降では、オペレーティングシステムはNTFSドライブにのみインストールできます。現在のパーティションがFAT32の場合、Windowsのインストールを完了するには、事前にNTFSに再フォーマットする必要があります。

NTFSでフォーマットされたパーティションにWindowsをインストールする必要があります。

エラーの解決策:「NTFSでフォーマットされたパーティションにWindowsをインストールする必要があります。」

このエラーを解決するにはFAT32またはexFATをNTFSに変換する必要があります。FAT32からNTFSへの変換に関しては、多くの人はまずWindowsに内蔵されているユーティリティー「ディスクの管理」や「DiskPart」を思い浮かべます。これらを使用すると、パーティションを再フォーマットすることでファイルシステムを変更できます。ただし、今回は重要なブートファイルを含むシステムパーティションを扱っているため、Windows環境ではディスクの管理を使用できなくなり、コマンドプロンプトを使用しなければなりません。

解決策1.コマンドプロンプトでNTFSに変換する

コマンドプロンプトは、Windowsオペレーティングシステムで入力されたコマンドを実行するために使用されるコマンドラインインタープリターアプリケーションです。これにより、多くの管理タスクを簡単に完了することができます。これらのコマンドのほとんどは、スクリプトとバッチファイルを介してタスクを自動化し、高度な管理タスクを実行し、トラブルシューティングを行い、さまざまなWindowsの問題を解決するために使用されます。以下はコマンドプロンプトを使用してNTFSに変換する詳細な手順です。

注意:パーティションを再フォーマットすると、既存のファイルがすべて削除されるので、データの安全性を確保するために、重要なファイルは事前にバックアップしておくことをお勧めします。

手順 1. コマンドプロンプトを起動し、「diskpart」と入力してから、「ENTER」を押します。

手順 2. 「list disk」と入力し、「ENTER」を押して、コンピューター上のすべてのハードドライブを画面に表示します。

手順 3. 「select disk #」と入力し、「ENTER」を押してターゲットディスクを選択します。「#」はディスクのシリアル番号を表します。

手順 4. 「list partition」と入力し、「ENTER」を押して、ターゲットディスク上のすべてのパーティションを一覧表示します。

手順 5. 「select partition#」と入力し、「ENTER」を押して変換するパーティションを選択します。「#」はパーティション番号を表します。

手順 6. 「format fs=ntfs quick」と入力し、「ENTER」をクリックしてNTFS変換を開始します。

磁盘部分格式

解決策2.サードパーティ製のツールでデータを失わずにNTFSに変換する

コマンドプロンプトは、exFAT/FAT32をNTFSにフォーマットするなど、ディスクの管理の多くのことを処理するのに役立ちます。ただし、フォーマットプロセスに、ターゲットパーティション上の既存のデータはすべて削除されます。同時に、コマンドプロンプトは複雑なコマンドライン入力も必要あるため、パソコン初心者にとっては理想的な選択肢ではありません。この場合、よりユーザーフレンドリーな別の代替手段を見つける必要があります。

ここでは、exFAT/FAT32をNTFSに、またはNTFSをexFAT/FAT32に、ファイルを削除せずに変換でき、強力かつ使いやすいディスクマネージャプログラムであるAOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。このソフトは、NTFSファイルシステムへの変換に加えて、論理ドライブからプライマリパーティションへの変換、MBRディスクからGPTディスクへの変換、パーティションの復元などにもサポートしています。

Windows 10のインストール時に「NTFSでフォーマットされたパーティションにWindowsをインストールする必要があります。」というプロンプトが表示されたらどうすればよいですか?心配しないでください。最高のNTFS変換器を試して、データを失うことなく、現在のパーティションのファイルシステムをNTFSに変更します。さあ、デモをダウンロードしてお試しください。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Proをインストールして起動します。ターゲットパーティションを右クリックし、「詳細処理」を選択し、「NTFSパーティションに変換」をクリックします。

詳細処理

手順 2. ファイルシステムを確認し、「はい」をクリックして続行します。

Convert to NTFS

手順 3. 「適用」をクリックして、NTFSの変換を実行します。

適用

補充:「選択されたディスクはGPTのパーティションの形式ではありません」の最適な解決策

「このディスクにWindowsをインストールできません。選択したディスクはGPTパーティションスタイルです」というエラーメッセージが表示されると、NTFSパーティションを要求するエラーが発生する場合があります。

「このディスクに Windows をインストールすることはできません。」エラー

これは、ブートディスクのパーティションスタイルがGPTであり、マザーボードのブートモードがレガシーであるためです。それらは互いに一致しません。この場合、最善の方法は、AOMEI Partition Assistant Professionalでデータを失うことなく、ハードディスクをGPTからMBRに変換することです。具体的な手順は以下の記事を参照してください。

「このディスク(GPT)にWindowsをインストールすることはできません」エラーの解決策

結論

Windowsのインストール時に「NTFSでフォーマットされたパーティションにWindowsをインストールする必要があります。」というプロンプトが表示された場合はどうすればよいですか?記事全体を読んだ後、答えを知っているはずです。コマンドプロンプトとサードパーティのAOMEI Partition Assistant Professionalはどちらも、この問題の解決に役立ちます。

ただし、コマンドプロンプトは再フォーマットによってexFAT/FAT32をNTFSに変更しますが、AOMEI Partition Assistantは、ファイルシステムを直接にNTFSに変換します。対照的に、後者はデータの損失を引き起こさず、コンピューティングの初心者にとっては簡単です。サーバーでAOMEI Partition Assistantを使用する場合は、AOMEI Partition Assistant Serverを試すことを忘れないでください。