By AOMEI / 最後の更新 2019年07月04日

AOMEI Partition Assistant を使用してパーティションのサイズを調整する場合に、「実行する前に、チェックする」オプションをクリックするつもりがありますか?ある場合、「タイムアウト、パーティションにはエラーがあるかもしれません。」というメッセージを受信する場合もあります。どのように問題を解決しますか? 2つの方法があります。

方法 1: 「実行する前に、チェックする」オプションをオフにします

動作を中止して、「実行する前に、チェックする」オプションのチェックを外してから、「続行」をクリックして再実行します。

cancel-ticking

方法 2: パーティション上のエラーを修復します

メッセージが出てくる理由は、パーティションにエラーがあるかもしれないことです。そのため、あなたは現在の操作を中止して、パーティション上のエラーを修復してから再度試すことができます。エラーを修復するには、次のソリューションの1つを選択してください。エラーが修復されましたかに関係なく、我々はあなたが「実行する前に、チェックする」オプションをオフにすることをお勧めします。

1. AOMEI Partition Assistantの「パーティションチェック」を使用してください

エラーがあるパーティションを右クリックして、「詳細処理」を選択してから「パーティションチェック」を選択します。ポップアップウィンドウで、最初のオプション「chkdsk.exeを使用して、パーティションをチェックして、エラーを修復する」を選択します。

check-partition1

2. コマンドラインを使用してパーティションをチェックしてからエラーを修復します

キーボードの「Win + R」キーを押してください。それから、「CMD」を入力して、「Enter」キーを押します。すると、コマンドラインプロンプトが表示されます。

コマンドライン:「 chkdsk D:/f」を入力してください。「Enter」キーを押したらパーティションのチェックツールは、Dパーティションをスキャンし、エラーを修復します。他のパーティションをチェックしたい場合は、単に変更文字Dを交換してください。例えば:「chkdsk E:/f」

cdm

3. パーティションのプロパティの「ツール」を使用します

Windowsエクスプローラを開いて、チェックしたいパーティションを右チェックして、「プロパティ」を選択します。ポップアップウィンドウで、「ツール」を選択します。インタフェースには3つのボタンがあります。「チェックする」をクリックしてください。

check-partition2