By 三浦大和 / 最後の更新 2019年07月04日

どんな状況でエラーが発生しますか?

AOMEI Partition Assistantを使用してパーティションのサイズを調整するときに、いくつかのエラーがパーティション上に存在するような問題に遭遇することがあります。AOMEI Partition Assistantで、パーティションのサイズを調整する多くの機能があります。

  • パーティションのリサイズ: これはあなたが好きなようにパーティションのサイズを拡張したり、縮小したり変更することができます。
  • パーティションの移動: これは、パーティションのリサイズの一部であり、また、Windowsに内蔵されたディスクの管理が持っていない機能です。この機能がなければ、多くの操作を行うことはできません。.
  • パーティションのマージ:これは、2つ以上のパーティションを結合することができます。 
  • パーティションの分割:これは2つのパーティションに1つのパーティションを分割することができます。
  • 空き領域の割り当てる: これは別のパーティションに空き領域を移動することができます。
  • パーティションの拡張ウィザード: これはコンバータを再起動することなく、別のパーティションのスペースを縮小することによりパーティションを拡張することができます。

以上の機能はパーティションのサイズを調整して、パーティションの位置を変更することができます。そのため、「実行する前に、チェックする」オプションを有効にする場合、プログラムは、パーティションをチェックします。そして、パーティション上にはエラーあがあることが検出された場合、それは、修復して、次の操作を続行します、または、「修復しない」をクリックして現在の操作を中止しますと提示します。

パーティションのエラーをどのように修復しますか?

方法 1: 「修復する」をクリックしてください

プロンプトウィンドウ内の「修復する」オプションをすると、プログラムは自動的にパーティションのエラーを修復して、次の操作を継続します。

方法 2: 手動でパーティション上のエラーを修復します

「修復する」オプションが修復に失敗しました、または、あなたが「修復しない」をクリックした場合、エラーを修正するには、次の解決策の1つを選択してください。その後、あなたは操作をやり直すことができます。

1. AOMEI Partition Assistantの「パーティションチェック」機能を使用してください

エラーがあるパーティションを右クリックして、「詳細処理」を選択してから「パーティションチェック」を選択します。ポップアップウィンドウで、最初のオプション「chkdsk.exeを使用して、パーティションをチェックして、エラーを修復する」を選択します。

check-partition1

2. コマンドラインを使用してパーティションをチェックしてからエラーを修復します

キーボードの「Win + R」キーを押してください。それから、「CMD」を入力して、「Enter」キーを押します。すると、コマンドラインプロンプトが表示されます。

コマンドライン:「 chkdsk D:/f」を入力してください。「Enter」キーを押したらパーティションのチェックツールは、Dパーティションをスキャンし、エラーを修復します。他のパーティションをチェックしたい場合は、単に変更文字Dを交換してください。例えば:「chkdsk E:/f」

cdm

3. パーティションのプロパティの「ツール」を使用します

Windowsエクスプローラを開いて、チェックしたいパーティションを右チェックして、「プロパティ」を選択します。ポップアップウィンドウで、「ツール」を選択します。インタフェースには3つのボタンがあります。「チェックする」をクリックしてください。

check-partition2