By Comnena / 最後の更新 2021年08月31日

未割り当ての領域の必要性

AOMEI Partition Assistant使用する時に、いくつかの操作を実行するために、ディスクの上に未割り当て領域が存在しなければなりません。一般的に、未割り当て領域を必要とする2つの操作があります。

パーティションクローン:これは、1つのパーティションを別のパーティションへ丸ごと移行する機能です。パーティションクローンウィザードでは、未割り当て領域をクローン先として選択する必要があります。

クローン 未割り当て領域

SSDまたはHDDへOS移行:これは、古いHDD/SSDから新しいHDD/SSDにシステムパーティションを移行する機能です。移行先のHDD/SSDには未割り当て領域が存在する必要があります。

移行 未割り当て領域

未割り当て領域を作成する方法

通常、ハードディスク上の空き領域全体がパーティションに割り当てられるため、未割り当て領域がないかもしれません。どのように既存のパーティションから未割り当て領域を作成しますか?AOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、未割り当て領域を作成する2つの方法があります。

Proのデモ版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

方法1:パーティションを縮小

ステップ 1. ハードディスク上のパーティションには空き容量(未使用スペース)がある場合、「パーティションをリサイズ」を使用してパーティションを縮小することができます。その後、パーティション上の空き容量は未割り当て領域になります。十分な空き容量を持っている(ここではEパーティションを例とする)パーティションを右クリックして、「パーティションをリサイズ」を選択します。

パーティションをリサイズ

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、スライダバーを左方向にドラッグします。次に、「はい」をクリックしてください。

パーティションを縮小

ステップ 3. 今、Eパーティションの後ろに未割り当て領域が表示されます。変更を保存するには、「適用」をクリックしてください。

resize-partition3

方法2:パーティションを削除

パーティションを削除することにより、未割り当て領域を作成することもできます。しかし、パーティションを削除する前に、パーティション上の重要なデータを他の場所にバックアップまたは移動した方がいいと思っています。パーティションを削除する操作は非常に簡単です。

ステップ 1. 削除したいパーティションを右クリックして、「パーティションを削除」を選択してください。

パーティションを削除

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、パーティションを削除する利用可能な2つの方法があります。時間を節約するために、「パーティションの高速削除」オプションを選択してください。その後、「はい」をクリックします。

Delete Partition

ステップ 3. 今、Eパーティションが未割り当て領域になります。変更を保存するには、「適用」をクリックしてください。

Delete Partition

未割り当ての領域に応じてクローン方法を選択

Windows 10、8、7のHDDまたはSSDの未割り当て領域にデータをクローンするにはどうすればよいですか?未割り当て領域のサイズは、最も重要な考慮事項の1つです。パーティションまたはハードドライブのクローンを作成するには2つの方法があり、クローンドライブの未割り当て領域に応じて選択できます。

パーティションの高速クローン:パーティションの使用済み容量のみをクローンします。クローンの処理中にパーティションのサイズを変更できます(推奨)。この方法を選択した場合、未割り当て領域はクローン元のパーティションのサイズより小さくてもいいですが、クローン元のパーティションの使用済み容量より大きくなければなりません。
セクタ単位のクローン:使用、未使用に関わらず、パーティションのすべてのセクターをクローンします。この方法を選択した場合、未割り当て領域はクローン元のパーティションのサイズ以上でなければなりません。

まとめ

これで、クローンや移行などの操作についての未割り当ての領域の作成と利用する方法がわかりました。AOMEI Partition Assistant Professionalは、未割り当ての領域の作成、パーティションクローン、ソリューション、SSDまたはHDDへのOS移行など多くの便利な機能を提供します。このソフトウェアをお試しください。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。