Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月06日

Windows 2008に内蔵されたディスクの管理は拡張/縮小機能を含むので、ボリュームを拡張することは決して問題ではありません。しかし、Server 2008でボリュームを拡張できない問題もあります。次の状況に遭ったことがあるかもしれません:Windowsシステムドライブは容量不足になった時、ディスクの管理を使用してそれを拡張しようと思っていますが、Server 2008で1つのボリュームを右クリックして「ボリュームの拡張」オプションがグレーアウトするのを見つけます。つまり、この機能は使用不可能です。

ほとんどのユーザーはServer 2008でディスクの管理を使用してパーティションを拡張できない原因、またはこの機能は表示される状況を知りたいかもしれません。答えは、拡張したいパーティションの後ろに隣接した未割り当て領域がないといけないことです。さもないとボリュームの拡張はグレーアウトします。

ですから、Server 2008でこのツールを使用する前に、拡張したいパーティションの後ろに連接した未割り当て領域があるかを確認してください。その要求を満たせないならどうすればいいですか。Server 2008のディスクの管理で「ボリュームの拡張がグレーアウトする」問題を解決する簡単な方法を紹介します。

ボリュームの拡張がグレーアウト

さらに、ディスクの管理を使用する場合、後ろに未割り当て領域があるパーティションだけを拡張できます。もし未割り当て領域がない場合、ボリュームの拡張オプションはグレーになってしまいます。Diskpartまでもこのボリュームを拡張できません。この状況でボリュームを拡張するためにサードパーティ製のサーバーパーティションソフトウェアを使用する必要があります。

失望させるかもしれません。それはシステムパーティション(C:)を拡張できますが、いくつかの状況だけで「ボリュームの拡張」オプションを活性化できます。(C:)パーティションドライブの後ろに連続した未割り当て領域がないので、Windows Server 2008の「ボリュームの拡張」はグレーアウトします。こういう時どうすればいいですか。

Windowsのディスクの管理を使用してパーティションを拡張するのは便利ではないので、ここでは新しいパーティションツールAOMEI Partition Assistant Serverを推薦してパーティションを拡張します。それはパーティションの拡張に簡単で安全です。ただいくつかのクリックが必要です。またすべてのデータとファイルは非常に保護されるためとても安全です。

この機能の他にそれはブータブルCDの作成、SSDへOSの移行、MBR とGPT間の変換、空き容量の割り当て、より多い有用な機能を提供します。

ケーススタディ:次はパーティションの拡張ウィザードでシステムボリュームを拡張する方法を説明します。

最初、Partition Assistant Serverをダウンロードして実行します。そのメインインターフェースで「パーティションの拡張」ウィザードをクリックします:

パーティションの拡張

そして眼の前にある対話ボックスが表示されます。「システムパーティションを拡張」オプションをチェックしてください。「次へ」をクリックします:

システムパーティションを拡張

「パーティションの自動拡張モード」をチェックして「次へ」をクリックします:

次へをクリック

システムボリュームを拡張するために、スライダーバーを右にドラッグするか、「新しいサイズ」に適当なサイズを入力します。そして「次へ」をクリックします:

バーを右に移動

次のスクリーンが表示される時、すべての情報を確認します。「続行」をクリックしてすべての操作を有効にします。そしてServer 2008でボリュームの拡張がグレーアウトする問題を心配する必要がありません。

続行をクリック

Windows Server 2008/R2の他にこのソフトウェアはWindows Server 2012/R2と2016もサポートします。企業ユーザーにとって、Partition Assistant Unlimited Editionは1つの会社内の無制限使用をサポートするのでより良い選択肢です。また、Technician Editionを使用してクライアントに有料技術サービスを提供できます。自分のニーズに基づいいて異なるエディションを選択できます。