ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年09月05日

以前のエディションと比較して、Windows Server 2008のディスク管理における重要な点として、パーティションの拡張と縮小が追加され、より柔軟な管理が可能になりました。右側の未割り当て領域を使用してパーティションを拡張するか、パーティションを縮小して未割り当て領域を作成することができます。しかし、Windowsパーティションを移動することはできません。なぜなら、常にデータパーティションが残っていて、Windowsシステムパーティションを拡張することは困難からです。このアイテムでは、サードパーティ製のソフトウェアに頼る必要がありますが、そのほとんどは無料ではありません。パーティションマジックサーバーフリーソフトーーAOMEI Partition Assistant簡略版では、Windows server 2008(R2)のパーティションを無料で移動することができます。それは完全に無料ですし、あなたは試しにダウンロードすることができます!

無料のAOMEI Partition Assistant簡略版でWindows Server 2008パーティションを移動する方法

ハードドライブに2つのパーティションと一部の未割り当て領域があるとします。パーティションCは25.93G、パーティションDは90.07Gです。パーティションDを縮小してハードドライブの最後に46.07Gの未割り当て領域を作成してパーティションCを拡張しょうとしましたが、未割り当て領域をパーティションCにマージすることはできません。それは未割り当て領域はパーティションCの右側にないためです。Windows Server 2008でパーティションを無料で移動するには、AOMEI Partition簡略版をダウンロードし、以下のとおりにやってください:

ステップ1:Windows Server 2008パーティションを移動する第一歩は、無料のパーティションマネージャーサーバー(パーティション移動機能を含むフリーソフト)ーーPartition Assistant Liteを起動します。メインコンソールで、パーティションDを右クリックし、このフリーソフトの[パーティションの移動]機能を選択します。

Select “Move Partition”

ステップ2:Windows Server 2008パーティションを移動する第二歩は、ウィンドウ内でスライダを右にドラッグしてパーティションDを移動し、[はい]をクリックします。

Move partition D

ステップ3:Windows Server 2008パーティションを移動する第三歩は、[はい]をクリックすると、未割り当て領域がパーティションDの前に移動しています。ツールバーの[適用]をクリックして、保留中の操作を続行します。

Click “Apply”

Server 2008パーティションを移動する注意点:

移動しようとしているパーティションの右側にあるパーティションと同じかそれ以上のサイズの未割り当て領域(空き領域)があります。

最新のWindows Server 2008/2012 R2 がサポートされています。