By三浦大和 / 最後の更新日時 2019年09月05日

GNOME Partition Editor (略称はGParted)はPartition Magicの代わり

10年前、Partition Magicはパーティションソフトウェアのトップです。しかし、Windowsのアップデートにつれて、Partition Magic はWindows Vistaおよびより高度なバージョンをサポートしていません。Windowsの[ディスクの管理]はアップグレードされても、システムパーティションのリサイズなどの制限がたくさんあります。Windowsは単なるプラットフォームに過ぎない、何も行うことができないため、不便です。

したがって、Windowsプログラムの不足を補うために開発されたサードパーティのソフトウェアがたくさんあります。その中で、GNOME Partition Editor (GParted)はPartition MagicとWindowsの[ディスクの管理]の代わりのフリーソフトです。GNOME Partition Editor(GParted)は既存のパーティションのサイズを変更する用の優れたパーティションツールで、Live CDで利用できます。

GNOME Partition Editor (GParted)の利点

GNOME Partition Editor (GParted)はPartition Magicの代替品だけではなく、多くの方面では優れています。GNOME Partition Editor (GParted)はLinuxの一部のバージョンのデフォルトのパーティションプログラムです。GNOME Partition Editor (GParted)はWindows、Mac、Linuxシステム用のパーティションをリサイズ、作成することができるし、あらゆるサイズのディスクで動作できます。では、今から詳しく説明しましょう。

GNOME Partition Editor (GParted)はMacとWindowsのユーザーが使用しているLinuxのプログラムですが、「GParted Live CD」はCDから起動した完全なLinuxオペレーティングシステムです。まずプログラムをダウンロードし、ディスクに書き込んで、CDからブ起動します。使用中のパーティションのサイズを変更できないという問題を解決することができます。ご使用のオペレーティングシステムが作動しているパーティションを変更するなら、別のパーティションに起動する必要があります。

我々が知っているように、Windowsは一般的にNTFSを使用して、LinuxはEXT3やEXT4を使用して、Mac OSXはHFS Plusを使用しています。GNOME Partition Editor (GParted)はこれらのファイルシステムでうまく作動することができますが、Partition Magicはこれらのファイルシステムの一つーーNTFSで仕事しかできません。これはGNOME Partition Editor (GParted)はPartition Magicに代わる理由です。

GNOME Partition Editor (GParted)の欠点

ただし、GNOME Partition Editor (GParted)はまだ欠点を持っています。GNOME Partition Editor (GParted)は容易な操作を行いますが、システムパーティションのリサイズや移動にはひどいです。一部の人々はフォーラムに投稿し、システムパーティションを拡張するまで10時間かかります。一方で、Partition Magicでは1時間未満でできます。「WindowsのNTFSパーティションではない場合は、サイズの変更なんて簡単ではありません」と一部のユーザーは言いました。

GNOME Partition Editor (GParted)はLinuxに基づいて開発されているので、ブート/システムパーティションのサイズを変更する場合は、時々Windowsを修復せずに起動することが完全にできなくなるということです。そして、もう一つ欠点は、時々CDを使用しなければなりません。

AOMEI Partition AssistantはGNOME Partition Editor (GParted)の代替品である

だから、GNOME Partition Editor (GParted)のWindowsの代替品がありますか?はい、もちろんです。Googleやソフトウェア市場から検索して、多くのパーティションツールが出てきます。ここでは、AOMEI TECHによって開発されたAOMEI Partition Assistantをお勧めします。近年、AOMEI Partition Assistantは皆に愛用されています。AOMEI Partition Assistantは6つのエディションがあります。

標準およびライトエディションは無料で、一つはPCユーザー向けでもう一つはWindows Server向けです。だが、どちらの機能も不完全です。標準版およびライト版より高度なエディションはプロ版とサーバー版です。ただし、まだ二つのコンピュータにインストールすることができます。

より高度なエディションはAOMEI Partition Assistant Unlimited Editionで、会社内の無制限のコンピュータにもインストールし、無制限の使用にもできます。最も高度なエディションはAOMEI Partition Assistant Technician Editionです。これはクライアントに生涯無料アップグレードおよび技術サービスを提供しています。AOMEI Partition Assistant editionの比較の詳細については、こちらをクリックしてください。比較した後で、あなたのニーズに基づいて適切な一つを選択してください。

Main interface of AOMEI Partition Assistant Professional Edition

AOMEI Partition AssistantはWindowsが認識できるすべてのストレージデバイスをサポートしています。例えば、SATA、IDE、SSD、SCSI、USB外付けハードディスク、フラッシュドライブ、ファイヤーワイヤーディスク、ハードウェアRAIDやフラッシュドライブなど。また、128のハードディスクやFAT、FAT32、NTFSやEXT2、EXT3のファイルシステムを使用したMBR(2TBより小さい)とGPT(2TBより大きい)もサポートできます。

異なるソフトウェアエディションに応じて、異なるバージョンのWindowsをサポートしています。一般的には、Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1, Small Business Server 2011/2003/2008, Windows home server 2011 や Windows Server 2003(R2)/2008(R2)/2012(R2) (32ビットと64ビット)で実行できます。

AOMEI Partition Assistantでは、データの損失は発生せずに、システムパーティションのサイズを変更できます。そして、システムを再インストール、再起動する必要がありません。だから、AOMEI Partition Assistantは最高のGNOME Partition Editor (GParted)の代替品であると思っています。最新バージョンには[Windows to Go Creator]という立派な機能があります。これを使うと、WindowsEnterprise Editionを購入する必要なく、ポータブルWindows8/8.1を作成することができます。

注:

サイズ変更や移動などの操作を行う前に、重要なファイルをバックアップすることをお勧めします。