By三浦大和 / 最後の更新日時 2020年07月10日

パーティション作成とは

パーティション作成の意味を知るようにまずパーティションは何というものを知る必要があります。次は大辞林と百科事典からの出典で、ご参照ください:

    コンピューターで、一台の記憶装置を論理的に複数の小部分に分割したもの。それぞれが独立したディスクのように取り扱えるようになる。つまり、ディスクメディアの使用領域を複数に分割すること。

    >>出典:『三省堂 大辞林 第三版』の表記・記号

    コンピュータのハードディスクのパーティション(Partition) とは、ハードディスクの記憶領域を論理的に分割すること、あるいは分割された個々の領域を指す。

    >>出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

    だから、パーティション作成とは、パーティショニング (Partitioning) ともいうか、独立したディスクのように取り扱える個々の領域を手動で作るともいう。

何のためにパーティションを作成する?

システムの堅牢性

/とは別のパーティションに/ homeがある場合、通常のユーザーは/ filesystyemを埋めることができず、システムの残りの部分で使用できなくなります。

バックアップ

これにより、パーティション全体のバックアップが簡単になり、異なるスケジュールでのバックアップが容易になります。例えば、システムパーティションの毎週のバックアップだけを行う必要があるかもしれませんが、/ homeファイルシステムの夜間のバックアップは必要です。

システムのインストール

いくつかの異なるシステムイメージによって同じ/ homeファイルシステムをマウントできます。そして、/ homeまたは/ localのバックアップ/復元を行わずに/を削除して再構築できます。

ディスクの最適化

今日の高速ドライブではそれほど問題ではありませんが、システムファイルシステムをディスクの内側のトラックに置いてアクセスを高速化するのが一般的でした。

複数のドライブの使用

大型ドライブが一般的に利用可能になる前は、システムドライブに空き領域がほとんどないことが一般的でした。そのため、/ homeには別のドライブが使用されました。

NFS

複数のシステム間でデータを共有する場合、ファイルシステム単位でデータを共有するのが一般的です。

セキュリティ

たとえば、/ bootを読み取り専用に設定したり、/ tmpをnoexecに設定したりできます。

安定性

/ varを別のパーティションに配置すると、制御不能になったログファイルは、ドライブの残りの部分をいっぱいにしません(システムをダウンさせる可能性もあります)。

パーティション作成フリーソフトのオススメ

ここでWindows PC向けパーティション作成フリーソフトAOMEI Partition Assistant Standard版をお勧めします。このソフトの「パーティションを作成」機能は、ただ数回クリックでパーティションを作ることをサポートします。

▼データを失うことなく、ディスク&パーティションを安全に管理

● 個人とビジネスでの使用は完全無料

● ディスク&パーティション管理のフリーソフト

● Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Vista、XPに対応

パーティションの作り方|全バージョンのWindows PCに適用

ここで未割り当て領域の二つの状況でこのフリーソフトの機能を使用してパーティションを作成することをを別々紹介します。理解しやすいために、Windows 10を例として説明します。Windows Serverを使用しているなら、このソフトのServer体験版をダウンロードしてください。

①未割り当て領域がある場合、「パーティションを作成」機能でパーティションを作る

ステップ 1. 内蔵HDDの場合、AOMEI Partition Assistant Standard版をパソコンにダウンロード、インストール、実行します。外付けHDDの場合、まずその外付けHDDをPCに接続し、認識されることを確認してから、AOMEI Partition Assistant Standard版をパソコンにダウンロード、インストール、実行します。

ステップ 2. 未割り当て領域を右クリックし、表示されたドロップダウンメニューから「パーティションを作成」を選択します。次の画面で「詳細」をクリックして、設定を変更できます。その後、「はい」をクリックします。

パーティション関連設定を調整

パーティションの設定を変更

注意:

● MBRディスクの上に既に4つのプライマリパーティションが存在しているなら、新しく作成したパーティションは論理ドライブしかなりません。

● SSDを分割する場合、「SSDパーティションを整列」にチェックを入れてください。

ステップ 3. 結果のプレビューが表示された後、「適用」→「続行」をクリックして保留中の操作を実行します。

パーティション作成を実行

    ヒント:

    ● ファイルシステムをNTFSに設定することをお勧めします。

    ● ドライブレターを「なし」に設定した場合、パーティションは非表示になります。言い換えれば、そのパーティションは「コンピューター」に表示されません。


②未割り当て領域がない場合:

⑴「パーティションを作成」機能で直接にパーティションを作成する

上の場合に紹介したステップ2の「未割り当て領域を右クリック」を「空き領域あるパーティションを右クリック」に変更していいです。その他の操作は上の「パーティションを作成」の使用方法と同じです。

⑵「パーティションをリサイズ/移動」を使用して未割り当て領域を取得して、また「パーティションを作成」でパーティション作成を実行する

ステップ 1. まずAOMEI PA Standardを無料でダウンロードし、インストールし、起動します。そして分割したいボリューム(ここではDパーティション)を右クリックして「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ

ステップ 2. スライダーを左方向にドラッグして、作成する未割り当て領域のサイズを調整し、「はい」をクリックします。

未割り当てを作成

ステップ 3. メインインターフェースに戻り、Dパーティションの後ろに未割り当て領域が表示されます。その未割り当てを右クリックして「パーティションを作成」を選択します。その後の操作は上のと同じです。

⑶「パーティションを分割」という有料機能で直接にパーティションを作成する

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professional版を起動した後、パーティションを右クリックし、「パーティションを分割」を選択します。

パーティションを分割

    注意:お使いのハードディスクパーティションは10GBを超える場合、「高速分割」を使用すると、より便利かつ効率的になります。

    高速分割


ステップ 2. ポップアップウィンドウで、スライダバーを移動するかまたはパーティションサイズの値を入力することで2つのパーティションサイズを調整することができます。そして「はい」をクリックします。

パーティションサイズ

ステップ 3. 最後に「適用」をクリックして変更を実施します。

続行

    ヒント:

    ● もし操作中に何か間違った操作をしたら、適用前にツールバーの「キャンセル」または「元に戻す」をクリックして操作を元に戻すことができます。

    ● 参照:「ディスクの管理」とDiskpart.exeの二つのWindows内蔵ツールでパーティションを分割するなら、ハードディスクパーティションを無料で再分割という記事をご覧下さい!

追加内容:パーティションの他の処理

①パーティションを結合:

AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。対象パーティション(ここではE:)を右クリックしてドロップダウンメニューから「パーティションを結合」を選択します。

パーティションを結合

②パーティションをクローン:

AOMEI Partition Assistantを起動し、表示されたメインインターフェースでコピーしたいディスクを右クリックして、「ディスククローン」をクリックします。または、左側の「ディスククローン」を選択することもできます。

Windows 10/8/7でディスクをクローン

③パーティションをフォーマット:

このフリーソフトを起動します。フォーマットしたいパーティションを選択し、それを右クリックします。ポップアップメニューで「パーティションをフォーマット」を選択します。

パーティションをフォーマット

結論

ここまでWindows向けパーティション作成フリーソフトを使用してパーティションを作りました!おめでとうございます!上記のように、パーティションの作成以外、その他のディスクパーティション管理機能もサポートされます。

パーティションについての他の問題を解決する場合、右欄の「人気記事」をご参照ください。もしより多くのディスクパーティション問題の解決方法を知りたいなら、一番上の「三浦大和」をクリックし、百篇以上の文章を参照することができます。

読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。