By Asher / 最後の更新 2022年06月20日

Windows XPについて

Windows XPとは、マイクロソフト社が開発したパーソナルコンピュータ用のWindowsオペレーティングシステムのバージョンです。「XP」の文字はeXPerienceの略です。マイクロソフトは2001年10月25日にWindows XPをリリースしました。Windows XPは、Windows 2000とWindows MEに取って代わり、WindowsのNTと9xブランチの統一を完了するのに貢献しました。

Windows XPは、一般家庭向けの「Windows XP Home Edition」とパワーユーザ・企業向けの「Windows XP Professional」の2製品があり、それぞれWindows Meの後継、Windows 2000 Professionalの後継と位置付けられています。Windows 2000をベースに、利用者の簡易切り替え、マルチプロセッサー対応などの機能が加わったほか、より直感的な操作を可能にした新たなGUIを採用しました。内部機構には、MS-DOSやWindows 3.1との互換性が重視されていたWindows 9x系ではなく、マイクロカーネルのWindows NT/2000系を採用しました。また、Windows XPでは、新しいユーザーインターフェイスが採用され、全体的に丸みを帯びたデザインとなりました。

マイクロソフトは2014年4月8日にWindows XPのサポートを停止しましたが、2012年4月の時点で、世界で2番目に使用されているコンピュータのオペレーティングシステムでした。

Windows XPパーティションサイズの変更について

オペレーティングシステムMicrosoft Windows XPは、十年にわたり、その世界的なユーザーに完璧なサービス仕事を成功に完了しました。アップグレードバージョンのWindowsシステムが強力な機能と高速実行スピードを持っていますけれども、Windows XPがその信頼できる仕事パフォーマンスで、ほとんどユーザーはまだアシスタントとしてWindows XPを使用しています。

Windows XPのユーザーとして、パーティションの作成/削除/フォーマット方法がわかっていますけれども、障害が常にWindows XPパーティションのリサイズ途中に発生します。例えば、ハードドライブのディスク容量が不足している警告が表示されます。Windows XPは基本的な機能を内蔵していますけれども、パーティションの拡張や縮小に制限があります。

そのような場合に、そのWindows XPのディスク領域不足の警告を無視することができます。驚くべきことに、それはCドライブに大きな問題があることを示しました。オペレーティングシステムWindows XPの使用可能なディスク領域が最小量になりました。この問題を解決するには、まず、チェックした後、不要なファイルを削除することができます。客観的に言えば、それは少し助けを与えます。次に、放棄したプログラムを削除して、他のパーティションへメディアファイルの大きなビデオ、音楽それにグラフィックスなどを移動することができます。無論、それが多くの時間がかかります。

Partition Magicの代替として、AOMEI Partition Assistant Standardエディションは、最新かつ完全に無料のハードディスクパーティションマネージャソフトウェアです。内蔵の「パーティションをリサイズ/移動」機能を使用して、データを損失することなく、Windows XPのパーティションを縮小したり、拡張したりすることができます。

Windows XPのパーティションを拡張する

★以下の点に注意してください:
拡張したいパーティションがあるディスクに未割り当て領域があることを確認してください。未割り当て領域がない場合には、他のパーティションを縮小して未割り当て領域を作成する必要があります。
未割り当て領域は、拡張するパーティションの右側または左側に隣接している必要があります。さもないと、「パーティションを移動」でパーティションの位置を調整することができます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Standardをインストールして起動します。Windows XPのすべてのディスクやパーティションは以下のように表示されます。

メイン画面

ステップ 2. ここでは、拡張したいパーティションを右クリックして「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ

ステップ 3. ポップアップウィンドウでは、パーティションの右縁にマウスポインタを置き、右方向に境界線をドラッグしてパーティションを拡張します(パーティションの前後に未割り当て領域がない場合は、境界線をドラッグすることができません)。その後、「はい」をクリックします。

パーティションを縮小

ステップ 3. そしてメイン画面に戻ります。ここでは、対象のパーティションが拡張された結果が表示されます。操作を実行するには、ツールバーの「適用」>「続行」をクリックしてください。

適用

ディスクに未割り当て領域があるが、拡張するドライブの背後にない場合は、AOMEI Partition Assistantも役立ちます。その「パーティションを結合」機能は、連続していない未割り当て領域を拡張するドライブに結合して、パーティションを拡張できます。手順は以下のとおりです。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Standardを起動します。メイン画面で、結合するパーティション(この例ではCドライブ)を右クリックして「パーティションを結合」を選択します。

パーティションを結合

ステップ 2. 隣接しているパーティションまたはディスク上の未割り当て領域を選択して「はい」をクリックします。

結合する領域を選択

ステップ 3. 仮想結果が表示されます。確認後、問題なければ「適用」をクリックします。

適用

ステップ 4. 「続行」をクリックして結合の操作を実行します。

2つのパーティションを結合

Windows XPのパーティションを縮小する

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantを起動します。メイン画面に全てのディスクの構成情報が表示されます。次は、縮小したいパーティションを右クリックして「パーティションをリサイズ/移動」を選択してください。

パーティションをリサイズ/移動

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、下のようにマウスポインタを左ハンドルに置き、スライドバーを右方向へドラッグしてWindows XPのパーティションを縮小します。

バーの移動

ステップ 3. ここで縮小されたパーティションをプレビューすることができます。変更を保存するには、ツールバーの「適用」をクリックします。

適用

ほら!数回のクリックだけで、データを失うことなく、Windows XPのパーティションを縮小したり、拡張したりすることができます。

最後

以上は、AOMEI Partition Assistant StandardでWindows XPパーティションを簡単かつ安全に拡張/縮小する方法です。

もし、ドライブ間での空き領域を直接割り当て、Windows XPパーティションを拡張したい場合は、またはインストールされたアプリケーションを別のドライブまたは外部ドライブに移動して、Windows XPパーティションを拡張したい場合、AOMEI Parition Assistant Professionalはこれらのニーズに合う機能があります。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。