ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年09月05日

あなたは今までどこに行っても自分自身のWindows8/8.1のOSを使用できることを想像したことがありますか?USBメモリ外付けHDDにWindows8/8.1をインストールすることは、Windows8 /8.1Enterprise エディショの機能――Windows To Go Creator Centerで可能となります。Windows 8 Enterpriseエディショ以外のユーザーにとって、外付けHDDにWindows8をインストールする方法がまだ二つあります。

方法1:無料のAOMEI Partition AssistantでUSB外付けHDDにWindows8/8.1をインストールします。

無料のAOMEI Partition Assistant Standard

行う前に

  • 現在のホストOSは、Windows7、Windows8またはWindows10でなければなりません。

  • 外付けハードドライブは、NTFSでフォーマットされて、Windows8/8.1のインストールファイルには14 GB以上のスペースが必要とするため、少なくとも16GBのストレージを持っています。そして、パフォーマンスを向上させるために、USB 3.0を強くお勧めします。

  • Windows 8のISOファイル(対応するISOファイル――32ビットまたは64ビットを選択します)。

実装

ステップ1.お使いのコンピュータにUSB外付けHDDを接続します。ショートカットキー[Win+R]を押してダイアログボックスを開いて[CMD]を入力してWindows PowerShellプロンプトを起動します。コマンドプロンプトウィンドウはポップアップしたら、[DISKPART]を入力します。

CMD

ステップ2.コマンドライン[list disk]を入力して[Enter]を押します。そして、次のスクリーンショットのように、ホストコンピュータ上のあらゆるドライブが表示されます。ディスク1はこの例ではWTGの宛先USB外付けHDDです。

コマンドライン

ステップ3.下の画像内のコマンドラインを入力します。パーティションは正常にクリーンな状態にされて、指定したプライマリパーティションの作成が成功しました。その後、残したコマンドラインはUSBハードドライブをフォーマットし、その上のパーティションをアクティブとしてマークしました。最後のステップは、ドライブレター(文字)を割り当てることです。ここではHをドライブレター(文字)として選択します。

Command Lines

ステップ4.[Dism.exe]を開いてドライブFからinstall.wimファイルを取得して、Hドライブ(宛先USBハードドライブ)に移動します。下の写真のコマンドラインをご参照ください。

Dism.exe

ステップ5.最終的なコマンドライン[bcdboot e:windows /s e: /f ALL]を入力し、USBハードドライブの起動可能性を確保します。ここでは処理全体を終了します。

ここをクリックしてください。