Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月07日

NTFS(新技術ファイルシステム)は、Windows NTオペレーティングシステムによって適用される標準なファイルシステムで、 Windows 2000、 Windows XP、Windows Server 2003、Windows Server 2008、 Windows Vista、 Windows 7 それにWindows 8などの高度なバージョンを含みます。 FATファイルシステムより、NTFSの方が性能、拡張性、信頼性などの方面には優れています。そのため、NTFSは、MicrosoftのWindowsオペレーティングシステムにとって最高のチョイスです。

AOMEI Partition Assistant Standard を使用して、データのセキュリティを確保する同時に、NTFSとFAT32パーティション両方のサイズを変更することができます。操作はただ数回のクリックとマウスの移動で実現できます。ここで、我々はNTFSシステムパーティションを拡張する手順を説明します。


ステップ1: AOMEI Partition Assistant Standard をダウンロードして起動する必要があります。すると、メインインターフェイスに、あなたローカルディスク情報が表示されます。メインインターフェイスで、ディスク1の全てのパーティションがNTFSパーティションに表示されます。

インターフェース

ステップ2:C:パーティションを拡張したら、未割り当て領域がないといけません。そのため、E:パーティションを右クリックして「パーティションをリサイズ」を選択してください。そして、右方向へ左のスライドバーをドラッグして未割り当て領域を解放します。その後、「はい」をクリックします。したら、C:パーティションの後ろに未割り当て領域が表示されます。

NTFSパーティションのリサイズ

ステップ3:C:パーティションを右クリックして「パーティションをリサイズ」を選択します。そして、右のスライダバーを右方向へドラッグして未割り当て領域をマージします。次に、「はい」をクリックします。

Cドライブの拡張

ステップ4: 結果として、Cパーティションが49.49GBになりました。(動作の前に、Cパーティションが42.51GBである)次に 「適用」をクリックします。

適用

Windows VistaまたはWindows7、Windows8それにWindows Server 2008などのバージョンで、「ディスクの管理」というユーティリティを使用してNTFSパーティションをリサイズすることは簡単です。ここでは、Windows Vistaを例として、詳細手順を紹介します。

1.「コンピューター」を右クリックして「管理」を選択します。「コンピューターの管理」で、「ディスクの管理」をクリックします。「ディスクの管理」は、利用可能なすべてのパーティションとディスクドライブの詳細な状態が表示されています。ディスク0にはC:パーティション、E:パーティション、それに未割り当て領域があります:

Windows「ディスクの管理」

2.リサイズしたいパーティションを右クリックして、自分の要件に応じて拡張(大きくする)または縮小(小さくする)を選択します。

NTFSパーティションのリサイズのメニュー

注記:E: パーティションの隣に未割り当て領域があるので、右ショートカットメニューの「ボリュームの拡張...」オプションが使用可能です。

3. 「ボリュームの縮小」を選択すると次のウィンドウが表示されます。縮小するサイズを入力してください。縮小できる最大限を超えてはいけません。 (注意:システムパーティションには、縮小できる最大限はその半分である。)

操作を実行するには、「縮小」ボタンをクリックしてください。 Windows Vistaは、オンラインなのですぐにパーティションのサイズが縮小されます。

4. C:パーティションを右クリックしたら、ショートカットメニューの「ボリュームの拡張...」がグレーアウトに表示されます。下のようです。主な理由は、 C: パーティションの隣に未割り当て領域がないことです。この時、AOMEI Partition Assistant Standardが必要です。このWindowsパーティションマネージャを使用して、未割り当て領域の場所を変更し、C:パーティションを拡張することができます。

「ボリュームの拡張」がグレー表示

コマンドライン(CMD)でDiskpart.exeユーティリティを使用してディスクパーティションを管理することができます。 NTFSパーティションまたはボリュームの場合は、データを失うことなく、既存のNTFSボリュームに未割り当て領域を追加して拡張することができます。ここでは、我々は、DiskPart.exeで、NTFSパーティションをリサイズする方法を示します。以下の手順に従ってください。

● 「スタート」ボタンをクリックして「CMD」を入力します。それから、「Enter」キーを押します。

コマンドラインで「Diskpart.exe」を入力します。

● 「help」を入力してそのヘルプ情報を表示します。

● まず、「select」でリサイズしたいパーティションを選択します。

● 「extend」コマンドを実行します。

● Diskpart.exeの詳細については、http://support.microsoft.com/kb/325590/をお読みください。

注意:

1.Diskpart.exeコマンドでシステムパーティションをリサイズすることはできません。

2.ターゲットパーティションの後ろに、隣接した未割り当て領域がない場合、Diskpart.exeコマンドは、Windowsの「ディスクの管理」のように動作することはできません。

要約するに、 AOMEI Partition Assistant Standard、Windowsの「ディスクの管理」それにDiskpart.exeコマンドラインでNTFSパーティションをリサイズするすべてのメソッドは、それぞれの特別な機能を示しています。しかし、Windowsの「ディスクの管理」やDiskPart.exeコマンドラインなどのコンピュータ操作に習熟しているコンピュータユーザーがどれほどいますか?また、お使いのシステムは、Windows XP、2000、2003の場合、「ディスクの管理」はNTFSパーティションのリサイズをサポートしていません。

それでは、無料のサードパーティ製のソフトウェアがあった以上、なぜそれを用使用しませんか?無用な動作に時間とエネルギーを無駄にする必要はありません。あなたが使えているWindowsエディションがどちらであっても、サポートされます。あなたは、Windows Server2003または2008を使用しているか、より高度な操作を実行したい場合は、Partition Assistantの適切なバージョン (例えば、 AOMEI Partition Assistant Professional や AOMEI Partition Assistant Server )を選択してください。また、このソフトウェアは、パーティションを安全にマージし、GPTにMBRを変換し、windows to go creatorを作成することができます。躊躇しないでください。今すぐ使用してNTFSパーティションをリサイズしましょう。