AOMEI Partition Assistant

 

AOMEI Partition Assistantを使用してハードディスクを安全に分割します

  ステップ 1. パーティションをチェックして、エラーがあるかどうかを確認します。(必須)
例えば、Dドライブを縮小することにより、Cドライブを拡張する前にパーティションにエラーがあるかを確認してください。次の画面のようにチェックしたいパーティションを右クリックし、ポップアップメニューから「詳細処理」->「パーティションをチェック」->「chkdsk.exeを実行してパーティション上のエラーをチェックします」->「はい」の手順でクリックします。 Check Partition

パーティションのチェック

パーティションの上にはエラーがある場合、プログラムは自動的にそれを修正するかどうかを問います。その時、指示に従って、チェック操作を完成させてください。
  ステップ 2. 複数のタスクをひとつずつ提出して実行します。(オプション)
AOMEI Partition Assistant Professionalが同時にいくつかのタスクを実行することができますが、ハードディスクをより安全に分割するために、最善の方法は複数のタスクをひとつずつ提出して実行するということです。 すべてのタスクは、次の画面のように「保留中の操作一覧」に表示されます。我々は、すぐにツールバーの「適用」ボタンをクリックして保留中のタスクを実行することをお勧めします。 Applying

保留中の操作の提出

保留中のタスクが多い場合、できれば「適用」ボタンをクリックしないでください。例えば、下の画面のように保留中のタスクが既に4つ存在しています。すべてのタスクを一度に実行することをお勧めしません。タスクをひとつずつ実行したほうがいいです。 pending operation
  ステップ 3. 強制的にタスクを終了したり、電源を切ったりしないでください。(必須)
パーティション操作を実行している場合、コンピューターの電源を切らないでください。ノートパソコンである場合、電源コードがずっとパソコンに正しく接続されてバッテリーを充電していることを確認してください。
  HDDを安全に分割するその他の提案(オプション)
提案 1:Windows PEでハードディスクを分割することができます。以下のように「ブータブルCD/USBを作成」ウィザードをクリックてブータブルUSBまたはディスクを作成します。そして、作成したブータブルメディアを使用してパソコンを起動してハードディスクを分割します。 Create bootable CD

ブータブルメディアの作成

提案 2:データをバックアップすることに慣れている場合は、我々は無料のバックアップソフト「AOMEI Backupper Standard」を使用してパーティションをバックアップすることをお勧めします。次はバックアップソフトの画面です。 back up data