By Akira / 最後の更新 2022年08月18日

ご存知のように、HDDとSSDは異なるハードディスクです。SSDの性能(読み書きスピードなど)がHDDよりはるかに超えているので、PCの動作や起動を速くするため、SSD換装はとても必要な作業です。また、HDDからSSDにクローンするいくつかのメリットがあります。

HDDからSSDへクローン

より速いスピード:SSDはHDDより速いデータ処理速度を提供しています。ノートパソコンを起動する時やローカルファイル/フォルダを読み込む時、よりいい気分になれます。
衝撃による故障リスクが低い:SSDにはHDDのように物理的駆動部分が無いため、HDDよりも耐衝撃に優れています。また、同様の理由から衝撃などによる故障はHDDよりも起きづらくなっています。

安全かつ迅速にHDDをSSDにクローンするために、AOMEI Partition Assistant Standardを利用することをお勧めします。これは無料のクローンツールで、簡単な操作とフレンドリーなインターフェイスを備えています。初心者であっても、指示に従って簡単にクローンを完成できます。

このソフトは、「ディスクの高速クローン」と「セクター単位のクローン」の二つのクローン方法をサポートします。前者はハードディスクの使用領域だけをクローンするので、HDDをより小さいSSDにクローンすることができます。後者はハードディスクの全セクタをクローンするので、SSDはHDDと同じサイズかそれ以上である必要があります。

また、AOMEI Partition Assistantは、パーティションのリサイズ、パーティションのマージ、パーティションの移動、パーティションの削除、パーティションのフォーマットなど基本的なパーティション操作とSSDへのOSの移行などもサポートします。AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードすると、Windows To Go USBの作成、ブータブルメディアの作成など高度なパーティション管理を実行できます。

ここでは、AOMEI Partition Assistant Standardを無料でダウンロードしてください。次に、以下の手順に従って、HDDをSSDにクローンしましょう~

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

では、HDDからSSDにクローンする具体的な手順を紹介します。始める前に、SSDをPCに接続するために、SATA-USBケーブルを用意する必要があります。クローンが完成した後、PCのHDDをSSDに交換します。

ステップ 1. SSDをPCに接続します。クローンソフトをインストールし、実行します。インインターフェイスで、「全てのツール」および「ディスククローン」をクリックします。

注:データディスクをMBR/GPTからMBR/GPTにクローンする場合は、Standard版は十分です。 しかし、システムディスクの場合、Standard版はMBRからMBRへのクローンしかサポートしません。もし、システムディスクをMBRからGPTへ、GPTからMBRへ、GPTからGPTへクローンする必要があれば、Professional版にアップグレードしてください。

ディスククローン

ステップ 2. 次に、2つのコピー方法から「ディスクの高速クローン」を選びます。

◈ ディスクの高速クローン:使用済み領域のみがコピー先ディスクにコピーされます。これにより、SSDの容量がソースディスクの使用済み領域より小さくない限り、より小さなディスクにクローンを作成できます。
セクター単位のクローン:すべてのセクターがコピー先ディスクにクローンされます。ターゲットディスクの容量は、ソースディスクの容量より大きいことが必要です。

クローン方法

ステップ 3. HDDをソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 4. 新しいSSDをコピー先ディスクとして選択します。「SSDの性能を最適化」の前にチェックボックスをオンにして、SSDパーティションを調整し、パフォーマンスを向上させますよ。その後、「次へ」ボタンをクリックします。

ターゲットディスク

ステップ 5. ディスクの設定を編集するために、表示される3つのオプションから1つを選択します。

ヒント:ターゲットSSDがソースディスクより小さい場合、「パーティションのサイズを変更せずにクローン」オプションはグレー表示されますね。

パーディションを編集

ステップ 6. [適用]→[続行]をクリックしてHDDをSSDにクローンしましょう~

適用

HDDをSSDにクローンした後、SSDから起動する方法

セキュアブートでHDDをSSDにクローンした後、BIOSに入りSSDを最初の起動デバイスに設定する必要があります。以下の手順に従ってください。

ステップ 1. PCを再起動し、F2、Del、F8、F12を常に押して、BIOSメニューにアクセスします。

ステップ 2. 矢印キーで「Boot」タブを選択できます。

ステップ 3. それから、クローンSSDをリストの最初の位置に移動します。

ステップ 4. 変更を保存して、BIOSセットアップ\を終了します。その後、PCはSSDから再起動します。

bios設定

まとめ

HDDをSSDにクローンする方法は以上です。AOMEI Partition Assistantは専門的なディスク/パーティション管理ツールとして、ディスクのクローンのほかに、SSDの安全消去、GPTディスクの変換などもサポートします。ぜひダウンロードして試してみましょう~

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較