Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月07日

SSDのセキュア消去

セキュア消去(Secure Erase)はファームウェアの1つの機能で、SSD内のすべてのデータを削除、SSDを工場出荷時のデフォルト値および性能に復元することができます。SSDのセキュア消去は他のソフトウェアには見えない部分を含むNADAのすべての領域をリセットできます。

データを永久に削除しなければならない時、または厳しいワークロードから速度は急激に落ちる時、SSDのセキュア消去はとても役立ちます。しかし、時にはTRIMやガベージコレクションが自動的にデータを削除するため、SSDのセキュア消去を必要としません。

安全にSSDを消去する方法

SSDはコンピューターの最高のアップグレードとみなされます。そのため、ほとんどのユーザーはそれを使用しようとします。しかし、SSDは書き込み回数に制限があり、いくつかの問題を起こします。特にどのようにSSDを安全に消去しますか?SSDの消去はHDDと違っていても、心配しないでここではSSDを安全に消去する方法があります。

● ATA Secure EraseでSSDを消去します

Secure Erase(セキュア消去)はSSD内のファームウェアの機能です。多くのSSDメーカーはそれを提供します。この機能を使うと、リセットに似ても、ほとんどのSSDを消去できます。ドライブは記憶されたデータを忘れるようにATA Secure Eraseのコマンドですべての保存されたエレクトロンを拭きます。コマンドはすべての利用可能なブロックを消去状態にリセットします。これはガベージコレクションに使用されるTRIMと同じです。

実は、このコマンドはドライブに何も書き込みません。これはSSDにスパイク状の電圧を一致ですべての利用可能なNANDに印加させ、1回の操作ですべての使用可能なブロックのスペースをリセットします。この方法で、プログラム/消去サイクル全体を使用し、ドライブの寿命に小さな害を及ぼします。しかし、トラブルシューティングを実行しないとこれはまだ必要ではありません。

● 製造ソフトウェアでSSDを消去します

沢山のメーカーはユーザーにSSDのソフトウェアを提供します。これらのソフトはファームウェアをアップグレード、タスクに適用するのに使用されます。例えば、セキュア消去です。そのため、SSDのブランドとそのソフトウェアを見つける必要があります。しかし、時にはソフトウェアにATA Secure Eraseがないことを見つけるかもしれません。この状況で次の方法を試すことができます。

● AOMEI Partition Assistant Standard

AOMEI Partition Assistant Standardは無料パーティションソフトウェアで、パーティションの管理を専攻します。他人は回復でデータを使用することを防ぐために、このソフトウェアはSSD上のすべてのデータを消去できます。

行う前に:

事前にディスクから消去したくない有用なデータをバックアップします。ディスクは消去されると、すぐにブランクになります。でもこのディスクを再分割してもう一度活用することができます。

ステップ1:このソフトウェアをダウンロードし、インストールして起動します。消去したいSSDを右クリックし、そして「ハードディスクを消去」を選択します。

ハードディスクを消去

ステップ2:HDDを消去したい回数を設定します。値は1から100まで指定されることができます。

消去回数を指定

ステップ3:操作を実行したいなら、「適用」をクリックします。

適用をクリック

ノート:

● AOMEI Partition Assistantによって消去操作は完了されると、任意のデータ回復ソフトウェアでデータを回復することができません。そのため、使用する時気をつけてください。

● 回数の値は1から100まで指定されることができます。値はより大きければ、操作はより長い時間がかかります。ほとんどの場合、1回だけは十分です。すべてを消去した後、SSDを分割する必要があるかもしれません。

● AOMEI Partition Assistantはファイルレベルの消去ソフトウェアではありませんが、セクターレベルのソフトウェアです。そのため、AOMEI Partition Assistantを使用してパーティションまたはディスクだけを消去できます。パーティション/ディスクが消去された後、その上のすべてのファイルは同時に消去されます。特定のファイルを消去したい場合、ファイルレベルのソフトウェアをダウンロードする必要があります。


関連記事: