By Asher / 最後の更新 2021年11月23日

SSDにWindows OSをインストールする理由

新しいSSDにWindows10 OSをインストールするにはどうすればよいですか?

SSDは最近発売され、昨日地元のデジタルストアで1つ購入しました。コンピュータの動作がますます遅くなっているため、新しいSSDにWindows10をインストールすることにしました。しかし、私はコンピュータの初心者なので、新しいSSDにWindowsのクリーンインストールを開始するにはどうすればよいですか?わかりやすいチュートリアルはありますか?

- あるユーザーからの質問

SSDはソリッドステートドライブ(Solid State Drive)の略でアクセス速度が35〜100マイクロ秒でHDD(ハードディスクドライブ)よりもほぼ100倍高速です。Windows用のSSDをセットアップすることにより、読み取りと書き込みの速度が速くなり、ロード時間が短くなります。また、SSDは一般的にHDDよりも小さいため、管理が容易です。SSDは対応するHDDよりも高価ですが、パフォーマンスを向上させるためにシステムディスクとしてSSDのみを使用する場合は、それで十分です。たとえば、Windowsのインストールには64GB SSDを購入するだけで十分です。ただし、十分な予算がある場合は、パフォーマンスを向上させるために、ゲームやその他のアプリやプログラム用に別のSSDを購入できます。

したがって、ほとんどの場合、OS(のみ)にSSDドライブを使用することは、間違いなく最良のソリューションの1つです。

ssd

SSDにWindows OSをインストールする2つの方法

SSDにWindowsをインストールすると、読み取りと書き込みの速度が速くなりますが、どのようにインストールしますか?一般的に、SSDにWindowsをインストールする方法は主に2つあります。最初の方法は、WindowsインストールUSBを使用してSSDにWindowsをクリーンインストールすることです。2番目の方法は、現在のHDDから新しいSSDにOSをインストールすることです。

方法1.SSDにWindows OSをクリーンインストールする

SSDでWindowsの新規インストールを開始するには、事前にWindowsインストール/起動可能なUSBを準備する必要があります。それ以外の場合は、Microsoftメディア作成ツールを使用してWindows起動可能なUSBを作成する必要があります。

パート1. USBフラッシュドライブからコンピュータを起動する

手順 1. コンピュータの電源を切り、古いハードドライブを取り外して、新しいSSDドライブを追加します。

手順 2. USBフラッシュドライブをコンピュータに挿入します。

手順 3. コンピュータを起動し、BIOS画面が表示されるまでBIOSキー(F2、Del、F10、またはF12)をすぐに押し続けます。コンピュータブランドによって、BIOSキー違います。

手順 4. BIOSで、「Boot Manager」に入り、起動可能なUSBを最初の起動デバイスとして設定します。

 Boot Manager

手順 5. 変更を保存して、BIOSを終了します。次に、コンピュータを起動可能なUSBドライブから起動します。

パート2. 起動可能なUSBからSSDへのWindowsのインストールを開始する

手順 1. PCを再起動すると、Windowsのロゴが画面が表示されます。この画面では、言語とその他の項目を入力してから「次へ」をクリックして続行します。

セットアップ

手順 2. 「今すぐインストール」をクリックします。

今すぐインストール

手順 3. オペレーティングシステムをアクティブ化するには、プロダクトキーを入力する必要があります。お持ちでない場合は、「プロダクトキーがありません」をクリックするだけで、インストールを完了できますのでご安心ください。

プロダクトキーがない場合、Windowsは正常に起動できますが、一部の機能が無効になります。

手順 4. 表示されたリストから必要なWindowsバージョンを選択します。

手順 5. 「適用される通知とライセンス条項」で「同意します」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

手順 6. 「カスタム:Windowsのみをインストールする」を選択します。

カスタム

手順 7. WindowsをインストールするSSDを選択し、「次へ」をクリックします。

手順 8. これで、Windowsのインストールが開始されます。完了するまでお待ちください。

インストールを完了

手順 9. 終了すると、コンピュータが再起動します。

手順 10. Windowsが再起動したら、BIOSに入り、SSDを最初のブートドライブとして設定します。

方法2.HDDからSSDにWindows OSをインストールする

方法1は、新しいSSDにWindows OSをクリーンインストールするのに役立ちます。詳細な手順をリストしましたが、それでも複雑で時間がかかると思われるかもしれません。ご覧のとおり、合計で10の手順があります。同時に、Windowsで起動可能なUSBを準備するには、時間と労力もかかります。インストールに適したUSBフラッシュドライブがない場合はどうなりますか?

したがって、SSD上のHDDから直接Windows OSをインストールする方が良い選択のようです。それを完了するには、サードパーティソフトウェアが必要です。ここでは、AOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。オペレーティングシステムを現在のHDDから新しいSSDに移行するには、4つの手順しか必要ありません。さらに、あるドライブから別のドライブにデータ全体のクローンを作成する場合は、その「ディスククローン作成」機能を試すことができます。

SSDにWindowsをインストールできませんか?最高のディスクマネージャーを使用して、オペレーティングシステムをHDDからSSDに移行してみましょう!

注意:✎...
このソフトウェアは、OSをMBRからMBRに移行するだけでなく、OSをMBRからGPTに、またはGPTからMBR/GPTに移行する場合にもサポートします。
OSをMBRからGPT、またはGPTからMBRに移行する場合、OSが正常に起動できるように、起動モード(Legacy BIOSからUEFI、またはUEFIからLegacy BIOS)を変更する必要があります。
Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

手順 1. まず、AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードし、インストールして起動し、新しいSSDをコンピュータに接続します。メインインターフェースで「OSをSSDに移行」をクリックし、「次へ」をクリックします。

OSをSSDに移行

手順 2. 新しいSSD上の未割り当てを選択します。なければ、「私は、ディスク2上のすべてのパーティションを削除して、ディスクにシステムを移行したいんです。」にチェックを入れます。

SSDドライブの未割り当て領域を選択

手順 3. このウィンドウでパーティションのサイズを調整します。「次へ」をクリックしてください。

パーティションのサイズを変更

手順 4. 次のウィンドウで移動した後どのようにOSをSSDディスクから起動する方法が表示され、「完了」を押します。そして、メインインターフェイスに戻ったら、左上隅で「適用」をクリックします。

完了

適用

移行が完了したら、新しいSSDからコンピュータを起動できます

結論

この投稿では、SSDにWindows OSをインストールする必要がある理由と、2つの異なる方法でSSDにWindows OSをインストールする方法を紹介しました。1つはSSDにWindowsをクリーンインストールすることです。これは時間と手間がかかり、複雑です。もう一つはAOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、再インストールぜずにHDDからWindows OSをSSDに移行することです。さらに、OSを新しいPCに移行するだけでなく、論理ドライブとプライマリパーティションの間で変換、MBR/GPTからGPT/MBRへの変換、ドコマンドラインでの分割、インストールされているプログラムの移動など便利な機能もあります。

ご参考になれば幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]