ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年08月23日

シナリオ

「助けてください。私は、Windows 7搭載のASUSのデスクトップパソコンにSamsung SSD 840 EVO 250GBをインストールしています。システムディスクではないが、HDDからいくつかのプログラムをこのSSDへクローンしました。Samsung Magicianを利用してSSDを完全に消去(Secure Erase)しようとしたが、SSDはSecurity Frozen状態になっているという警告が表示された。どうすればいいんですか?」

SSDの普及に伴い、消去操作がますます普遍になっています。SSDの完全消去(Secure Erase)機能は、SSDの寿命と性能を損なうことなくデータを完全に消去できるので大切なものです。

しかし、潜在的問題が多いです。Security Frozen状態SSDを消去することがその問題の一つです。Intel SSD、Kingston SSD、Crucial SSDやSanDisk SSDなどのSSDにある同様の問題に直面しているユーザーが多いです。例えば、Intel SSD Toolboxを使用する場合、Intel SSDが「Security frozen」状態でロックされていることがあるかもしれません。では、どうしたらいいのですか?

SSDのSecurity Frozen状態とは

WindowsでSecurity Frozen状態SSDを完全消去する方法を学ぶ前に、SSDのSecurity Frozen状態の意味ともたらしてくれる影響を知りましょう。

Security Frozen状態はSSDのデータに機密性と安全性を確保するために設計された機能です。この機能を利用すると、誰もお使いのSSD設定を変更できません。

SSDのSecurity Frozen状態を解除できますか?勿論、答えは「はい」です。通常、BIOS POST後、電源サイクルはSSDのロックを解除し、DOS/LinuxでSSDの完全消去を円滑に行えます。が、ホットスワップは同じ操作を行うことができるので、具体的な手順を学びましょう。

NOTE:Power On Self Test(POST)とは、コンピュータやプリンター、ルーターなどの電源を入れたときブートの前に行われる処理を指す。

Security Frozen状態SSDを完全消去する方法

状況によって、ソリューションが異なります。異なるツールを使用してSecurity Frozen状態SSDを消去する3つのケースを以下に表示します。

Parted MagicでSecurity Frozen状態SSDを完全消去

Parted Magicは、SSD Secure Eraseのソフトウェアの中で最もよく知られている1つであり、このプログラムでSSDのデータを完全消去するユーザーが多いです。Parted MagicのSecurity Frozen状態はATAのと大体同じです。ATAコマンドラインを使用してSSDの完全消去(セキュア消去)を行う場合は、SSDがFrozen状態ではないことを確認する必要があります。コマンド「frozen」(凍結状態)と表示されたら、消去を続行できません。

パスワードを設定すると、BIOSによってSSDを保護できます。だから、BIOSを使用してパスワードを解除し、システムの電源を切ってSSDの凍結状態を無効にするかをチェックできます。そうでない場合は、異なるBIOS搭載の別のマザーボードを使用します。または、別の方法でSecurity Frozen状態SSDの消去をお試しください。

Samsung Magicianで凍結状態SSDを完全消去

Samsung SSDの普及により、Samsung Magicianは多くのユーザーに好まれています。Samsung SSDを安全に消去(Secure Erase)するには、まず起動可能なUSBドライブを作成します。また、その起動可能なデバイスからコンピュータを起動します。チェックディスク後にお使いのドライブが凍結状態になっているというメッセージが表示された場合は、システムの電源サイクルを実行できます:

1. Samsung SSDの電源ケーブルを抜きます。

2. SSDのSATAケーブルを抜きます。

3. SATAケーブルをSSDのSATAポートに再接続します。

4. 電源ケーブルを電源ポートに再接続します。

その後、Yキーを押してSSDの完全消去(Secure Erase)を続行できます。セキュア消去用のブータブルUSBメモリを作成できない場合は、Samsung Magicianの最新バージョンをダウンロードしてもう一度お試しください。それでも問題が解決しない場合、他のツールを使用する必要があります。

Intel SSD Toolboxで凍結状態SSDを完全消去

この問題にはSamsung SSDの凍結と共通点がありますから、電源サイクルは問題を解決しま す。「Samsung Magicianで凍結状態SSDを完全消去」で書いてある手順をご参照ください。

ドライブ(ここはSSD)が検出されたら、Secure Erase(セキュア消去)を続行します。セキュリティの警告が再度表示された場合は、電源の再投入(サイクル)プロセスを繰り返し操作します。SATA電源ケーブルをすばやく取り外して再接続します。

それでも動作しない場合は、Linuxオペレーティングシステムを使用してSecure Erase(セキュア消去)を行ったり、Intel RSTの設定を変更してリフレッシュレートを変更したり、ローレベルフォーマットのサードパーティ製ツールを使用したりして問題を解決します。

WindowsでSecurity Frozen状態SSDを完全消去する最高のツール

上述のソリューションを操作しても、Frozen状態SSDをまだセキュア消去できない場合は、別のSSD消去ツールを試すことができます。専門ツールを使用すると、凍結状態SSDを完全消去を解決する他に、他のHDDの問題をも解決できます。AOMEI Partition Assistant標準版は、Security Frozen状態SSDを完全消去(セキュア消去)できるパーティション管理ソフトの1つです。優れた機能を備えていますし、無料ですし、消去を操作する方法を学ぶ前に、まずこのソフトをダウンロードすることをお勧めします。

ステップ1.AOMEI Partition Assistant標準版をWindows 7搭載のパソコンにインストールし、起動します。

ステップ2.消去するSSDをそのパソコンに接続し、起動ディスクではないことを確認します。

ステップ3.AOMEI Partition Assistantのメインインターフェースでは、SSDを右クリックし、[SSDの完全消去](SSD Secure Erase)オプションを選択します。以下をご覧ください。

SSD Secure Erase

ステップ4.ポップアップウィンドウで、表示されたリストからSSDを選択します。

SSDを選択

ステップ5.SSDの状態がfrozenと表示されますが、ご心配しないでください。パワーサイクルと似た機能のあるホットスワップ(活性挿抜)を実行し、SSDのセキュリティロックを解除することができます。

Security Frozen状態SSD

1.コンピュータケースを開き、電源ケーブルとSSDのSATAケーブルを外します。操作の順序に注意してください。

2.SSDのSATAケーブルと電源ケーブルを再接続します。操作手順を守ってください。

ステップ6.コンピュータはSSDを認識できるようになるはずです。[次へ]をクリックし、完全消去(セキュア消去)を続行します。

SSD完全消去(セキュア消去)

ステップ7.プロセスの完了を待ちます。次に、[ディスクの管理]に移動し、GPTまたはMBRでSSDを初期化します。

ヒント:

  • ● 他のブランドのラップトップでSamsung secure erase機能を使用してFrozen状態SSDを完全消去するには、そのSSDをアンインストールし、Windows 7搭載のPCに再接続し、上記の手順を繰り返すことをお勧めします。

  • ● SSDには未使用ファイルを完全にクリーンアップする内蔵機能(SSD TRIM)がおけるのでSSDを頻繁に消去しないでください。

SSDの凍結状態は、SSDセキュア消去を操作する途中でよくある問題です。SSDがSSD形式で表示しかできません。とにかく、凍結状態のSSDを完全消去(セキュア消去)するために、まずSSDのセキュリティロックを解除しておく必要があります。後、適当なディスク完全消去ツールを選択します。