Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月07日

なぜSSD移行ソフトが必要ですか?

HDD(ハードディスクドライブ)と比べてSSD(ソリッドステートドライブ)ははるかに速いです。そのため、SSDにWindows、アプリケーションおよびゲームをインストールするならより良い性能を得ることができます。SSDは導入された以来年数が経ち、その値段はだんだん安くなります。HDDをSamsung SSD、Sandisk SSD、Crucial SSDのようなSSDにアップグレードするのは、コンピューターに簡単に与えられる最大の更新です。HDDを一度更新すれば、なぜこんなに沢山の時間がかかるかと思っているかもしれません。

Windowsと全てのアプリケーションを再インストールせずにどのようにHDDをSSDに換装しますか?無料のデータ移行ソフトウェアはそれを楽に手伝えます。

SSD移行フリーソフト - AOMEI Partition Assistant

AOMEI Partition AssistantのStandardエディションはファイルとディスクの管理向けのフリーソフトであり、OSまたはドライブ全体をSSDに簡単に移行できます。大容量HDDから小容量SSDにデータを転送するのは不思議そうなことですがAOMEIはそれをうまく処理できます。宛先場所は転送されているデータにとって十分な大きさがあれば、データ移行を簡単に完成できます。

HDDをSSDにクローンしたいなら、「ディスクのコピー」を使用できます。前の全てのアプリケーションとともにWindowsをSSDにインストールしたいなら、システムドライブとブートドライブを含む「OSをSSDに移動」を使用できます。「パーティションのコピー」ウィザードを使用して特定のパーティションを他のドライブにコピーすることもできます。全ての操作は明確なウィザードによって案内されるので、初めて試しても何をすべきか分かります。

それはWindows 10と完全な互換性があるので、SSDにWindows 10をインストールする代わりにSSDにWindows 10を移行することもできます。更に、WindowsのOSでこのフリーソフトを使うなら、SSDにSSDをクローンすることも利用可能です。

AOMEI Partition AssistantでデータをSSDに移行する方法

SSD向けの無料移行ソフトAOMEI Partition Assistantを使用してデータをSSDに移動するのはとてもシンプルです。OSをSSDに移行(4Kアライメント)するのはよくユーザーに使用されます。それを例としてこのソフトはどのように動作するかを説明します。

1.AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストールして開きます。ウィザードツールバーで「OSをSSDに移動」をクリックします。そして、次のウィンドウがポップアップすると「次へ」をクリックします。

OSを移動

2.どこへ移行したいですか。SSD上の未割り当て領域を選択します。「次へ」をクリックして継続します。

未割り当て領域を選択

3.必要ならば、パーティションの末をドラッグしてSSD上のパーティションのサイズを調整できます。そして「次へ」をクリックします。ちなみに両側からパーティションのサイズを調整できます。

サイズを調整

4.注意を確認した後、「完了」をクリックして継続します。そしてパーティションレイアウトをプレビューできます。問題がないなら、「適用」→「続行」→「はい」をクリックして操作を実行します。

適用

SSD移行ソフトウェアAOMEI Partition Assistant Standardは個人の使用に完全に無料です。また、それはHDDとパーティションを管理するために多くの有用な機能を提供します。例えば、Windows to Go Creator、データ損失なしのGPTディスクへの変換、パーティションのリサイズ/移動などです。

関連記事: