ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月29日

従来、容量の大きさはPCストレージを選択する標準です。高性能PCと言えば、その上に搭載したHDDの容量が大きいことが重要な点だと思われるかもしれません。しかし、科学技術の発展と共に、ことはそれほど簡単ではなくなります。例えば、人々の需要の変更なので、大きさはディスク選択時の唯一の標準となりません。一方で、書き込み速度、信頼性、低発熱性、耐衝撃性などの方面で優れているSSDドライブがますます普及になっています。

この場合、HDDとSSDの選択に困っている人も多くなっています。普通のパソコン使用者(写真とビデオ保存、YAHOOとGoogleの日常使用、仕事関連操作など)にとっては、HDDとSSDの基本知識(両者の違いなど)までも分からない可能性がありますね。そのため、買い物に行くと、本当に困るのです。

この記事では、SSDとHDDの違い、及びHDDをSSDにアップグレードする方法を紹介します。読者様は読んでから、自分の場合でどっちがいいかすぐ分かるようになります。そして、ディスク換装についても全然心配する必要がありません。では、一緒に次へ行きましょう。

HDDとSSD

HDD(日:ハードディスクドライブ、英:hard disk drive)とは、磁性体を塗布した円盤を高速回転させ、磁気ヘッドを移動することで、情報を記録し読み出す補助記憶装置の一種です。SSDと比べ、大容量でも低価格なことが特徴です。

SSDはハードディスクドライブ (HDD) の代替デバイスとして登場したため、多くが2.5インチサイズでシリアルATAなどHDD同様のインタフェースを持ちます。M.2、PCI Expressに対応したものもあるほか、USBによる外付けドライブ化されたものも登場しています。

SSD(日:ソリッドステートドライブ、英語:Solid State Drive)とは、半導体メモリをディスクドライブのように扱える補助記憶装置の一種です。シリコンドライブ、半導体ドライブ、メモリドライブ、擬似ディスクドライブなどとも呼ばれます。

SSDとHDDの違い

HDDに対する強みは、主にモーターやアームといった機構部品による可動部を持たないことにあります。

SSDの短所は、HDDに比べて記憶容量あたりの単価が高く、記憶素子の書き換え回数に上限があることです。HDDと同様の使用方法のままでは、比較的早期に書き換え可能回数の上限を越えてしまい、やがては内部の記憶素子の劣化が進行することで記憶情報の保持が出来なくなります。

2020年夏現在、SSDは同サイズ・同容量のHDDと比較してより高い価格で販売されているが、これらの差は徐々に縮まりつつあります。

以下は各比較に対し有利である方にをつけたものです。

内容SSDHDD

スピンアップ時間


読み書き速度


ストレージサイズ


信頼性


静粛性


アクセス速度


書き換え耐性


データの保持期間


デフラグ


省電力・低発熱性


耐衝撃性・耐振動性


耐環境性


障害復旧


省スペース性


容量単価


大容量性


最新版に生涯無料でアップグレードできる

A1. SSDとHDDのコンポーネント

    HDDは、データを記録する円板部分を「プラッタ」と呼び、プラッタの各面のことを「サーフェス」と呼びます。通常、ハードディスクドライブは1枚以上のプラッタで構成されていて、それぞれのプラッタの両面または片面にデータが記録されます。磁性体の層の上にはライナーと呼ばれる潤滑被膜が形成されていて、回転速度が低いうちはライナーの上をヘッドが滑ります。ハードディスクドライブに使用されているモーターには2つあり、1つはプラッタを回転させるスピンドルモーター、もう1つはスイングアームを駆動するシークモーターです。データは読み書きヘッドを回転させる時、プラッタに書き込まれます。

    HDDと比べ、SSDは主にモーターやアームといった機構部品による可動部を持たないです。またSSDコンポーネントはファームウェアレベルのソフトウェアを実行するコントローラを含みます。これはSSDのパフォーマンスに影響を与える最も重要な要素の1つです。更に、SSDは簡単にRAIDアレイを作成できますが、HDDなら難しいです。これでSSDはこの方面でより優れています。

A2. SSDとHDDの書き込み速度

    HDDは磁性体を塗布した円盤を高速回転させる時、磁気ヘッドを移動するし、情報を記録し読み出します。

    SSDには可動部を持たないので、ディスクドライブのアクセス時間(ヘッドのシーク待ち時間や、ディスクの回転待ち時間など)は、メモリに比べて非常に長い(約100万倍)ので、SSDに置き換えることで、特にランダムアクセスのスループットを大幅に高めることができます。

A3. SSDとHDDの信頼性

    HDDには壊れやすい機械部品があり、磨耗と壊れによる故障、データ損失がよく起こるかもしれません。

    SSDには可動部分がないため、これによる磨耗と壊れがありません。逆に、省電力・低発熱性、耐衝撃性・耐振動性という利点があります。

A4. SSDとHDDのデフラグ

    HDDは磁気ディスク(プラッタ)があってデータを保存しますから、そこにデータを順次保存する際に、IO操作(ディスクから読み取り、またはディスクに書き込みます)はかなり速いです。しかし、順次保存でないなら、ディスクの異なる領域は読み書きヘッドに接触するためにディスクは回転します。それでIO速度が落ちます。実は、十分なシリアル領域がないため、すべてのデータを同じ所に保存するのは不可能です。以上の原因でHDDのデフラグが生まれます。定期的にHDDをデフラグするのは必要となります。

    SSDなら、読み書きヘッドのような物理的な制限がないし、ディスク上のデータの位置はその性能に影響を与えません。つまり、SSDのデフラグは不要です。

A5. 静粛性

    HDDはディスクの回転および磁気ヘッドの移動の際に機械動作音が発生します。

    SSDにはそのような物理的動作がありませんので、HDDよりも動作音は圧倒的に少ないです。

A6. アクセス速度

    HDDはディスクの回転と磁気ヘッドの移動によって目的のデータにアクセスするためシークタイムが発生します。

    SSDはそのような物理的駆動がありません。

A7. 書き換え耐性

    SSDが情報の記録・読み出しに使用しているフラッシュメモリは、書き込み・消去(内部動作)のたびに素子が劣化します。

    ウェアレベリングを用いてもHDDの耐性には及びません。書き換え頻度の高いデータベースやキャッシュなどの記録用途にはHDDが向いています(このような用途にSSDを使うと短期間で寿命を迎えうる)。

A8. データの保持期間

    SSDのデータ保持期間は10年前後です。

    HDDの磁気記録そのものについては100年以上保持されます(ただし、様々な環境による影響を受けてどちらも上下する)。

A9. 省電力・低発熱性

    HDDは円盤の回転に常時電力を使います。

    SATA接続のSSDはデータアクセス時に大電力を利用する程度ですが、NVMeSSDではコントローラの発熱が問題となります。

A10. 耐衝撃性・耐振動性

    ディスク型記録媒体は基本的に振動が加わると正常なデータアクセスが困難になります。

    さらにHDDはプラッタと磁気ヘッドの間がごく僅かであり振動や衝撃が加わるとヘッドクラッシュを起こしういます。

A11. 耐環境性

    SSDよりも高い環境温度まで対応しています。産業用では動作温度-60℃~95℃まで対応している製品もあります。

A12. 障害復旧

    HDDは歴史が長くノウハウが蓄積され、データ復旧技術も確立されています。

    SSDはメモリチップへの書き込み方法が搭載されているコントローラーチップに依存しており、故障時の完全なデータ復旧方法は確立されていません。

A13. 省スペース性

    HDDはディスクを機材内に収めるスペースが必要になります。

    SSDはメモリチップやコントローラチップなど部品のほぼ全てを、基板上に直接配置でき省スペース性に優れます。

A14. 容量単価

    HDDは安価、SSDは高価ですが、徐々にその差は埋まりつつあります。

A15. 大容量性

    製品単位ではHDDの方が大容量ですが、徐々にその差は埋まりつつあります。

HDDをSSDにアップグレードする場合

上記はSSDとHDDについてそれぞれの利点と欠点を紹介しましたので、旧HDDを新たなSSDに換装したいと思う読者様がいるかもしれません。この場合は、AOMEI Partition Assistant Pro版を使用してHDDをSSDにクローンすることで何もインストールぜずに、簡単かつ効率よくディスクのアップグレードを実行できます。次は大体の操作手順です。ご参考になれば、幸いです。

1. ソフトをダウンロード、インストール、起動します。ディスクを右クリックし、「ディスククローン」を選択します。

HDDをSanDisk SSDにクローン

2. 適切なディスククローン方法を選択します。

3. SSDをターゲットディスクとして選択し、「SSDの性能を最適化」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

4. ターゲットディスクのパーティションサイズを必要に応じて調整することができます。

5. ノートを読み、「完了」をクリックします。メインインターフェイスで「適用」と「続行」をクリックし、HDDをSSDにアップグレードすることを開始します。完了まで少々お待ち下さい。

追加内容:

● ただOSをSSDに移行する場合は、「OSをSSDに移行」機能を使って、数回クリックで操作を完了できます。

● Serverユーザなら、Server版を使用してください。

結論

ここまでSSDとHDDの違い、HDDからSSDにアップグレードする方法を紹介しました!合わせて15個違いと1つ方法です。

SSDとHDDについての他の問題を解決する場合、右欄の「人気記事」をご参照ください。もしより多くのディスクパーティション問題の解決方法を知りたいなら、一番上の「三浦大和」をクリックし、百篇以上の文章を参照することができます。

はい、以上です。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。

最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!