Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月06日

ストレージユーティリティで東芝SSDを完全消去できます。しかし、時にはSSDのためにより優れたツールを必要とするかもしれません。この記事はWindows 7で東芝 Toshiba QシリーズのSSDを消去する詳細な手順を紹介します。

なぜ東芝SSDのSecureEraseが重要ですか?

現在、従来のHDDを代わりに、益々多くのSSDは人々のコンピュータに適用されています。東芝SSDはそうです。東芝SSDは沢山の利便性をユーザーにもたらします。例えば、その起動時間が短くて読み書き速度は速いです。

しかし、SSDを数年使用した後、その性能は悪くなることを簡単に感じるでしう。例えば、システムの起動が遅くなります。失われた性能を回復するために、Secure Erase(完全消去)は最高のソリューションとみなされます。他の状況で、SSDを他人に転売したい場合やSSDを友達に贈りたい場合、SSD内の全ての個人情報を永久に削除するのは重要なことです。ATAコマンドのセキュア消去(Secure Erase)は意図しないアクセスからデータを回復することを回避できます。

ご存知のように、SSDがデータを格納する方法はHDDと違っています。セクタレベルでデータを消去することしかできません。SSDをフォーマットするなら、SSDのすべてのコンテンツは実際に消去されていません。SSDはデータをセクションに書き込む前に、セクターの全てのページをスキャンします。そして検出されたデータを消去し、情報を変更したり、書き込んだりします。Secure Erase(完全消去)は全てのセクターにゼロを書き込みます。この方法で、上述の書き込みループを省略できます。それで、より速いスピードと、多くの書き込み回数を得ることができます。これはSSDの性能を回復し、SSDの寿命を延ばす方法です。

どの東芝SSDのSecureEraseユーティリティを選択すべきか?

市場にSSDの完全消去ツールが多くあります。どれが最も適切なユーティリティであろうか?一般的に、内蔵されている消去プログラムは最初に考えられることです。でも、ほとんどのPC OSはこのサービスを提供しないので、サードパーティ製の完全消去ソフトを考慮に入れることができます。次は東芝SSDの完全消去を見てみましょう。

東芝QシリーズのSSDに内蔵されているストレージユーティリティ

他の多くのSSDメーカーのように、東芝もそのQシリーズとQ300 Pro SSDのために専用管理ソフトウェアを提供します。Storage Utilities(ストレージユーティリティ)はそのメニューに「Secure Erase(完全消去)」オプションがあり、東芝SSD内の全てのデータを削除できます。Storage Utilitiesは4つのオプションを消去方法として提供します:Normal Secure Erase、Enhanced Secure Erase、Block Erase、Cryptographic Erase。東芝SSDの通常のデータ消去にとって1番目の方法は十分です。回復可能性なしに全てのデータを消去したい場合、3番目の方法を選択してください。

東芝ストレージユーティリティ

Storage Utilitiesを操作する手順も簡単です。東芝SSDはブートドライブでないことを確認するために、まず補助ツールで起動可能なLinuxメディアを作成してそのデバイスから起動する必要があります。そして「Storage Utilities」を起動して左側の「Secure Erase」を見つけます。次は消去したいドライブと消去方法を選択します。最後は「Start(開始)」をクリックして消去プロセスが完了することを待っています。

東芝完全消去

ノート:選択された東芝SSDを消去した後、全てのコンテンツが失われます。必要であれば、重要なファイルをバックアップしてください。SSDにインストールされたシステムも消去されます。そのため、事前に全てのことを確認してください。

全ての東芝SSD向けの消去ツール

東芝はQシリーズのSSDだけでなく、他のSSDもあります。例えば、企業ユーザーのためのPXシリーズSSD、クライアント向けのXG5シリーズSSD。全ての東芝シリーズSSDのために別のSSD消去ツールを必要とするかもしれません。また、時にはSecure Eraseメニューで消去方法を実行する時、Storage Utilitiesはグレーアウトします。更に、Storage UtilitiesはNTFSでフォーマットされるディスクだけをサポートします。つまり、FAT32でフォーマットされたディスクでそれを使用できません。

同じ問題に直面している場合、このSSDの完全消去ソフトAOMEI Partition Assistant Professionalを試してみませんか?

AOMEI Partition Assistant Proはのディスクとパーティションのマネージャで、Windows PC OSのためにデザインされます。「SSDの完全消去」ウィザードは東芝SSDの消去プロセスを案内します。コンピューターの素人でもそれをうまく完成できます。このソフトウェアはATAコマンドを使用して全てのデータを消去することもできます。違いはそれがグラフィカルインターフェイスで全ての複雑な操作を簡素化することです。

完全消去

Windows 7で東芝SSDを完全消去するな方法

東芝SSDはシステムファイルを含む場合、それはブートディスクでないことを確認するために、SSDをWindows 7コンピューターに接続する必要があります。AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードしてインストールします。

ステップ 1. この東芝SSD消去ユーティリティを起動して「SSDの完全消去」ウィザードをクリックし、完全消去の知らせが表示されるので「次へ」をクリックします。

次へ

ステップ 2. 表示されたリストから東芝SSDを選択して「次へ」をクリックします。

東芝SSDを選択

ステップ 3. 東芝SSDはフリーズ状態であるかもしれません。心配しなく、ホットスワップを行ってそれを解凍することができます。

フリーズ状態

ステップ 4. ホットスワップの後、ディスクを消去できます。そしてプロセスの完了を待っています。

完全消去の実行

*ホットスワップを実行します:

● パソコンケースまたは裏のカバーを開きます。

● 東芝SSDを見つけて、それから電源コードを抜きます。

● SSDのSATAケーブルを切断します。

● SATAケーブルをSATAまたはIDEポートに再接続します。

● 電源コードを電源ポートに再挿入します。カバーを閉めます。

ヒント:

● Windows 10またはWindows 8をインストールした環境で東芝SSDを消去するために、SSDをアンインストールしてWindows 7コンピューターと接続できます。そして同じ操作を実行します。これをノートパソコンにも適用できます。

● AOMEI Partition Assistantは東芝OCZ SSD完全消去ツールとして使用されることもできます。

● 東芝SSDを頻繁に消去しないでください。通常のファイル削除はSSD TRIMによって実現されることができます。

● 東芝HDD内のデータを消去するために、このソフトウェアの「ハードディスクを消去」機能を試してみることができます。

結論

正しいツールを見つける限り、東芝SSDを完全消去するのはかなり簡単でしょう。東芝SSDを消去する他に、AOMEI Partition AssistantはSSDをうまく管理できます。例えば、東芝SSDを再分割できるし、SSDをシステム用、HDDをデータ保存用にするためにOSドライブのみをSSDに移行できます。