ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月17日

[原因]Windows10パーティションと未割り当て領域を結合?

未割り当て領域は任意のパーティションに属していません。つまり、プログラムやデータをそこに書き込むことが許可されていません。ただし、削除されたファイルを保存することができます。同じ場所に別のファイルを保存するときに、以前のデータが上書きされます。実際には、ストレージ容量を充分に活用するために、パソコンユーザーは、Windows10のパーティションに未割り当て領域を追加したり、未割り当て領域に新しいパーティションを作成したりすることができます。

実際には、Windows10ハードドライブ上の未割り当て領域をフルに活用することができます。時間が経つと伴い、データやファイルはますます増やしていきます。ある日、お使いのディスクに領域、特、システムパーティションのディスク領域が足りませんと警告される可能性があります。その時、読者様にとっては、低速または低効率に悩むかもしれません。では、問題の解決方法はありますか?

幸いなことに、あります。それはWindows10のパーティションと未割り当て領域を結合することです。つまり、未割り当て領域をパーティションに追加することです。それで、Windows10の未割り当て領域の容量不足が解消されます。

[方法]Windows10パーティションと未割り当て領域を結合!

次の方法は他のWindowsバージョンをサポートしますが、ここでWindows10を例とします。

パーティションと未割り当て領域を結合する方法が2つあります。一つは、Windows10「ディスクの管理」を使用することで、もう一つは、サードパーティ製のソフトウェアを使用することです。

「ディスクの管理」でパーティションと未割り当て領域を結合

「ディスクの管理」は、パーティションのフォーマット/削除/拡張/作成などの操作を完了できるWindows10の内蔵のツールです。次の手順に従ってこのツールにアクセスできます。

コンピュータを右クリック>管理>ディスクの管理

未割り当て領域の追加先ディスクの後ろに未割り当て領域がある場合、ただパーティションを右クリックして、 「ボリュームの拡張」を選択していいです。

windows-10ボリュームの拡張

ただし、Windows10パーティションに隣接している未割り当て領域がない場合、「ボリュームの拡張」がグレーで表示されます。たとえば、ポップアップウィンドウでは、ディスク0にはCパーティションの右側に未割り当て領域がなかったら、「ボリュームの拡張」ボタンがグレーで表示されます(次の)。

「ボリュームの拡張」ボタンがグレーで表示される

なぜですか?その理由は、容量を追加するパーティションの右側に未割り当て領域がある場合のみに、「ボリュームの拡張」機能は利用可能になるのです。そのため、このツールを使用する場合、その前提条件を満たしていることを確認してください。

初心者まですぐ上手くなるソフトでパーティションと未割り当て領域を結合

AOMEI Partition Assistant Standardは、パーティションを安全で効率よく管理できるパーティション管理専門ツールです。ちなみに、無料版があります。このソフトウェアでは、操作したいパーティションの右側に未割り当て領域があるかどうかと関係なく、データを失うことなくパーティションと未割り当て領域を結合して、パーティション容量を増やすことができます。

ステップ 1. このパーティション管理フリーソフトをダウンロードして起動します。 未割り当て領域を追加したいターゲットディスクを右クリックして 「パーティションを結合」を選択します。(例えば:Cパーティション)

パーティションのマージ

ステップ 2. 未割り当て領域を選択して 「はい」をクリックします。

windows10未割り当て領域の選択

ステップ 3. ポップアップウィンドウでは、パーティションのサイズが増加されます。保留中の操作を実行するには、 「適用」をクリックしてください。

windows10未割り当て領域追加操作を適用

この問題を解決するには、「パーティションを結合」の他、「パーティションを拡張」機能を使用することがもできます。「空き領域を割り当てる」機能を使用して別のパーティションに空き領域を直接に追加することができます。

その他に、この無料版はラベルの変更、パーティションの移行/リサイズ/フォーマットなどディスクの基本管理をサポートします。

もし読者様はSSDの完全消去(パフォーマンスの向上、ディスクの転売など)、MBRの修復(起動 エラー)、高速分割(一つパーティションを複数に分割)、パーティションを割り当てる(Cドライ ブの拡張など)、ブータブルCD/USBを作成(どこでも自分のシステムを使用)、OSをSSD/HDDに移行、GPTディスクからMBRディスクに変換など(ディスク換装、データ移行)のような問題を解決するつもりがあれば、このソフトのPRO版とサーバ版を使用するのは効率よいと思い ます。詳細はこちらへ

パソコンの長時間使用と共に、 ディスクエラーがよく起こるかもしれません。上記の機能を利用することで、ユーザの生活や仕事に 便利を与えると思います。では、試してみましょう~!