By Asher / 最後の更新 2022年04月15日

未割り当て領域について

この部分では、未割り当て領域の概念と、未割り当て領域をWindows10のパーティションに追加する必要がある理由を紹介します。

未割り当て領域とは?

未割り当て領域はパーティションが割り当てられていない領域です。どのパーティションにも属さず、プログラムやデータの書き込みができないディスク領域です。主に「ディスクの管理」において、「未割り当て」の領域として表示されます。このタイプのスペースは、削除されたファイルを保存するために使用できますが、オペレーティングシステムが同じ場所に別のファイルを保存すると、以前のデータが上書きされます。

未割り当て領域をWindows10のパーティションに追加する原因

時間の経過とともに、多くのファイルがシステムパーティションに蓄積され、最終的には多くのスペースを占有します。これにより、システムパーティションに「ディスク領域不足」と言う警告が表示され、コンピュータの速度が低下する可能性があります。すべてのストレージスペースを最大限に活用するために、コンピューターユーザーは、Windows10のパーティションに未割り当て領域を追加したり、未割り当て領域に新しいパーティションを作成したりすることができます。

ディスク領域不足

この記事では、Windowsの10パーティションに未割り当て領域を追加して、ディスク領域が不足しているという問題を解決する方法を学びましょう。

未割り当て領域をWindows10のパーティションに追加する方法

未割り当て領域をパーティションに追加するには、一般的に3つの方法があります。各方法の具体的な手順は以下のとおりです。一緒に見てみましょう。

方法1:「ディスクの管理」で未割り当て領域をパーティションに追加する

「ディスクの管理」は、パーティションを削除、拡張、作成、およびフォーマットできるWindows10の組み込みツールです。

手順 1. デスクトップの「コンピューター」または「PC」を右クリックして「管理」→「記憶域」→「ディスクの管理」を選択します。

ディスクの管理

手順 2. 左側で、「ディスクの管理」を選択し、PC上のすべてのディスクとパーティションが表示されます。

手順 3. ターゲットパーティションの右側に未割り当て領域がある場合は、追加するターゲットパーティションを右クリックして「ボリュームの拡張」を選択します。

ボリュームの拡張

ヒント:✎...
ディスクの管理に表示される未割り当て領域が拡張パーティションにある場合、プライマリパーティションに隣接していても追加することはできません。さらに、未割り当て領域を論理ドライブに追加することもできません。
未割り当て領域が追加するパーティションに隣接していない場合、「ボリュームの拡張」がグレー表示されます(たとえば、次の画面で、ディスク0にはCパーティションの右側に未割り当て領域がなかったら、「ボリュームの拡張」がグレーで表示されます)。

ボリュームの拡張がグレー表示

ボリュームの拡張ボタンがグレー

では、なぜ「ボリュームの拡張」がグレーで表示されます?これは、「ボリュームの拡張」機能を有効にできるのは、プライマリパーティション(つまり、ターゲットパーティション)の右側に未割り当て領域がある場合、または論理パーティションの右側に空き領域がある場合のみであるためです。

したがって、Windowsのディスクの管理を使用する場合は、その前提条件を満たしていることを確認してください。前提条件を満たしていない場合は、方法3を参照してください。

方法2:「DiskPart」で未割り当て領域をパーティションに追加する

手順 1. 「Windows+R」キーを押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。次に、「diskpart」と入力し、「OK」をクリックして、DiskPart.exeウィンドウを開きます。

手順 2. 次のコマンドを順番に入力し、各コマンドの後にEnterキーを押します。

select disk c(cは拡張するディスクの番号です。)

list volume(選択したディスクにあるパーティションが一覧表示されます。)

select volume n(nはあるパーティションの番号です。)

extend size=n(nは、追加したいパーティションのサイズ(MB単位)です。)

コマンド

コンピューターに関する知識を持ってないユーザーにとって操作が複雑です。以下は操作が簡単な方法を紹介します。

方法3:第三者のソフトで未割り当て領域を任意のパーティションに追加する

上記の方法から、ディスクの管理を使用して未割り当て領域を他のパーティションに追加する場合、多くの制限があると簡単に結論付けることができます。 そこで、ここでは、このタスクを実行するためのより簡単な方法を皆さんと共有したいと思います。 これは、サードパーティのディスクパーティション管理ツールであるAOMEI Partition Assistant Professionalを使用することです。。

AOMEI Partition Assistant Professionalは、パーティションを安全かつ効率的に管理できる強力なソフトです。「パーティションを結合」機能を使用すると、ターゲットパーティションに隣接しているかどうかに関係なく、データも失うことなく、任意のパーティションに未割り当て領域を追加できます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。インターフェイスで、未割り当て領域を追加するパーティション(例えば、Cパーティション)を右クリックし、「パーティションを結合」を選択します。

パーティションを結合

手順 2. ポップアップウィンドウでCドライブと結合したい未割り当て領域前のチェックボックスにチェックを入れて、「はい」をクリックします。※複数の未割り当て領域を選択できます。

はい

手順 3. ポップアップウィンドウで、パーティションのサイズが大きくなっていることを見つけます。操作を実行するには、「適用」をクリックしてください。

適用

補充:✎...
パーティションを結合することは、未割り当て領域をパーティションに追加するだけではありません。未割り当て領域を別の隣接していないパーティションに追加するには、まずターゲットパーティションと未割り当て領域の間のパーティションを右側に移動してから、隣接する未割り当て領域でパーティションを拡張することもできます。
また、ディスク上に別のドライブを拡張するための未割り当て領域がない場合は、「空き領域を割り当てる」機能を使用して、あるパーティションの空き領域を別のパーティションに直接追加できます。

パーティションを移動

空き領域を割り当てる

結論

以上はWindows10のパーティションに未割り当て領域を追加する方法です。AOMEI Partition Assistant Professionalは、パーティションに未割り当て領域を簡単に追加できるだけでなく、パーティション/ディスクのクローン作成、OSをSSD/HDDへの移行、MBRとGPTの変換、ダイナミックディスクからベーシックディスクへの変換などの機能も備えています。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~

AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較