ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年02月12日

Windows 7/8/10を起動すると、Boot BCDエラーメッセージが表示され、コンピュータをスムーズに起動できない場合があります。こんな場合はWindowsのCDやディスクなしでエラーを効率よく修復する方法はありますか?勿論!では、次へいきましょう~

シナリオ

私はWindows 10搭載AcerPCを持っています。昨日、いつもうまくいったパソコンは起動に失敗し、ブルースクリーンの上に「ブート構成データファイルに、オペレーティングシステムの有効な情報が含まれていません」という0xc0000098エラーコードが表示されました。通常はインストールメディア上の回復ツールを使用する必要がありますが、インストールメディアをもっていませんから、CDなしでBoot BCDエラーを修復する方法はありますか?

Boot BCDエラー

なぜBoot BCDエラーが出ました?

BCD(Boot Configuration Data)はオペレーティングシステムのロードと実行に重要です。Boot BCDが破損したり、その上の重要な情報を欠いたりすると、起動中にハードディスク上のWindowsオペレーティングシステムの大切なファイルにアクセスすることができませんし、0xc00000f、0xc0000034、0xc0000098、0xc00000e9のようなBoot BCDエラーコードが表示されます。こんな場合、OSを正常にロードできませんでした。

では、その原因は何ですか?

● 最も一般的な原因の1つは、BCDにOSエントリがないことです。これは、突然の電源障害、ブートセクタのウイルス感染、BCDの手動設定中のディスク書き込みエラーに繋がる可能性があります。

● もう1つの主な原因は、今のハードディスクに互換性のないデバイスドライバがインストールされていることです。このエラーは、Windowsシステムの更新後によく発生します。

bcdストア  

Windows 7/8/10でCDなしでBoot BCDエラーを修復!

Windowsインストールメディア(ディスクやUSBデバイスのようなモノなど)を持っているなら、そのメディアをお使いのパソコンに接続し、そこから起動し、コマンドプロンプトを開き、bootrec.exeコマンド(bootrec.exe /fixmbr > bootrec.exe /fixboot> bootrec.exe /scanos> bootrec.exe /rebuildbcd)を起動し、BCDまたはMBRを再構築することができます。

お使いのPCにWindowsインストールディスクが付属していないなら、または上記のユーザーのようにインストールディスクを持っていないなら、専門修復ツールAOMEI Partition Assistant Pro版を使用できます。

このツールは強力なディスクマネージャソフトであり、ブータブルメディアの作成をサポートします。我々にとっては、USBメモリだけでブータブルUSBを作成し、WinPEモードで破損したBCD/MBRを修復することができます。WindowsセットアップCDは全然必要ありません。

では次、AOMEI Partition Assistantを使用してCDなしでWindows 10のBoot BCDエラーを修復しましょう~

ステップ 1. Windowsが正常に実行しているパソコンに空のUSBを挿入します。そこでAOMEI Partition Assistant Proの体験版を無料ダウンロード、インストール、起動します。

Windows Serverで使用可能なAOMEI Partition Assistant Server版もあります。ITサービスプロバイダーや企業である場合、台数無制限のPC向けAOMEI Partition Assistant Unlimited版と台数無制限のPC&サーバー向けAOMEI Partition Assistant Technician版をお勧めします(*クライアントに有償技術サービスを提供できる)。各AOMEI Partition Assistant(PA)バージョンの比較

ステップ 2. 左側の[ウィザード]の下にある[ブータブルCD/USBを作成]を選択します。その後、ウィザードに従って起動可能なUSBドライブを作成します。

注:ブータブルUSBには、AOMEI Partition Assistantが含まれています。

ブータブルCD/USBを作成

ステップ 3. ここで、ブータブルUSBをWindowsが起動に失敗したパソコンに接続し、そこからパソコンを起動します。ちなみに、BIOSに入って起動優先順位を変更します。起動後、AOMEI Partition Assistantの操作インターフェースが表示されます。

ステップ 4. 表示されたインターフェースでは、破損したMBRのあるディスクを右クリックして、[MBRを再構築]を選びます。

MBRを再構築

ステップ 5. 現在のWindows OS用のMBRの種類を選択し、[はい]をクリックして続行します。

MBRの種類を選択

ステップ 6. 適用]→[続行]をクリックしてBoot BCDエラーを修復します。

Boot BCDエラーを修復

ここで、Boot BCDエラーが修復されたかどうかを確認するためにコンピュータを再起動してください!

結論

AOMEI Partition Assistantを使用すると、Windows 7/8/10でセットアップCDを持ってなくてもBoot BCDエラーを効率よく修復できます。このような厄介な状況が再度発生しないように、今すぐWindowsを外付けHDDにクローンまたはバックアップすることを心からお勧めします。

上記の機能以外、システムパーティションの拡張、MBRとGPTの間でシステムディスクを変換、失われたパーティションの回復などのようなより高度な機能を体験したいなら、 AOMEI Partition Assistant Pro版を試してみてください。本当にいいツールですので、是非お見逃しなく~!