By Akira / 最後の更新 2021年09月30日

Windows 10でブート構成データファイルがありません

Windows 10搭載Dellパソコンは、いつものように正常に動作していたが、突然ブルースクリーンが表示され、その上にブート構成データファイルが見つからないという0xc0000034エラーコードが出ました。Windowsを正常に起動する方法について何か提案はありますか?

ブート構成データ(BCD)について

簡単に言うと、BCD(ブート構成データ)はOS(オペレーティングシステム)の起動時の構成情報を格納している場所です。ブートモードによって、BCDの配置が異なります。UEFIブートモードの場合、BCDファイルはEFIシステムパーティションの/EFI/Microsoft/Boot/BCDにあります。BIOSブートモードの場合、BCDファイルはアクティブパーティションの/boot/BCDにあります。

BCDファイルに何か問題があれば、前述のエラー以外にも、Windows 10で「このコンピューターにBCDデータが見つからないか、エラーを含んでいます。エラーコード:0xc000000f」および「ブート構成データファイルに、オペレーティングシステムの有効な情報が含まれていません。エラーコード:0xc0000098」といった類似のBOOT BCDエラーが発生する可能性があります。

エラー

BOOT BCDエラーの原因と対処法

そんなに重要なBCDファイルの破損理由やブート構成データファイルが見つからないというエラーの発生理由は何ですか?

システムのアクティブパーティションの拡張
ハードディスクの障害
予期しないシャットダウン

Windows 10/8/7でエラー0xc000034を修復するには、ここで効率的で簡単な方法を提供します。必要に応じて選んでください。

方法1. スタートアップ修復でBCDエラーを修正する

WindowsのインストールCD/DVDをお持ちの場合は、スタートアップ修復を使って自動的にエラーを修正できます。

1. Windows 10インストールディスクをお使いのコンピュータに接続してそこから起動します。

2. Windowsがファイルをロードしていて、起動画面が終了したら、言語、時間、通貨およびキーボードまたは他の入力方法を選択します。

設定

3. 「コンピューターを修復する」→「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「スタートアップ修復」を順にクリックします。

スタートアップ修復

4. OSが修復されるまでお待ちください。

方法2. コマンロドプンプトでBCDエラーを修正する

スタートアップの修復が使えなくなったら、コマンドプロンプトで手動でエラーを修復してください。

次の手順に従ってください:

1. 「コンピュータを修復する」→「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「コマンドプロンプト」を順にクリックします。

2. 次のコマンドを実行してMBRを修復します。(各コマンドを入力した後、Enterキーを押してください。)

● bootrec.exe /fixmbr

● bootrec.exe /fixboot

● bootrec.exe /scanos

● bootrec.exe /rebuildbcd

または以下のコマンドを入力してBCDを削除して再構築します:

● attrib –r –s –h c: \boot\bcd

● del c: \boot\bcd

● bcdboot c: \windows

3. コンピュータを再起動してください。

方法3. WindowsインストールCD/DVDなしでMBRを再構築する

Windowsのインストールメディアがなければどうしますか?操作しやすいディスクパーティション管理ツールAOMEI Partition Assistant ProfessionalでWindows 10のBCDエラーを効率よく修復することができます。

Proのデモ版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

ステップ 1. Windows搭載パソコンにUSBメモリを挿入します。AOMEI Partition Assistantをインストールし、実行します。「ブータブルCD/USBを作成」をクリックします。実行する操作を確認してから、「次へ」をクリックします。

ブータブルCD/USBを作成

ステップ 2. ここでは3種類のWindows PEブータブルメディアを作成できます。必要に応じて1つを選択してから「続行」をクリックします。

USBブートデバイス

ステップ 3. Windows PEブータブルUSBを作成するためにUSBメモリをフォーマットする必要があります。USBのすべてのデータが削除されるので、重要なデータがあれば、事前にバックアップを作成しておいてください。

USBメモリをフォーマット

ステップ 4. そして、「はい」をクリックした後、WinPEブータブルUSBの作成が開始します。数分がかかるので、少々お待ちください。

開始

ステップ 5. AOMEI Partition Assistantで作成したブータブルUSBを起動不可能なコンピュータに接続し、BIOSでUSBメモリからWindowsを起動します。

BIOSでUSBメモリからWindowsを起動

ステップ 6. AOMEI Partition Assistantのメインインターフェースが表示されます。修復したいディスクを右クリックし、「MBRを再構築」を選択します。

MBRを再構築

ステップ 7. Windowsオペレーティングシステムに基づいて適切な種類のMBRを選択します。

MBRを選択

ステップ 8. 「適用」→「続行」の順にクリックして操作を実行します。修復後、コンピュータを再起動してください。

適用

結語

この記事ではBCDエラーの解決策三つを紹介しました、必要に応じて選択すれば大丈夫です。またAOMEI Partition Assistant Professionalはパーティションの作成/削除/結合/リサイズ/クローン、ファイルシステムの変換、OSの移行など強力な機能もあります。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較