ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年05月09日

「三浦大和」という名前をクリックすると、他のディスク管理についての文章を読めます。問題があれば、こちらへどうぞ!

Windows10の「Windows to Go」

Windows10のリリースと共に、Windows7かWindows8をWindows10へアップグレードする人は多くなってきます。Windows10はマイクロソフトの最新のオペレーティングシステムとして、先進的な特徴が沢山あります。例えば、Windows to Go。しかし、Windows to GoはWindows8のWindows to GoのようにただWindows10エンタープライズエディション機能の一つです。その他に、Windows10エンタープライズでWindows to Goを使用する為に、マイクロソフトに認定されたUSBは必要となり、USBのボリュームはきっと32GB以上です。重要なのはマイクロソフトから認定されたUSBの価格は非認定のUSBよりよほど高いです。

追加:2020年1月以降もwindows7のまま使い続ける方法を!数回クリックだけ

起動可能なUSBを効率よく作成する

Windows10のWindows to Goの制限なので、ここで制限を破るディスクパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistantを非常にお勧めします。このソフトウェアには優れた機能Windows 8/10 to Goがあって無料で起動できるUSBメモリを簡単に作成できます。このソフトウェアによって、Windows10のブータブルUSBを任意のエディションで作成できます。そして、マイクロソフト非認定のUSBを使用してもWindowsをUSBで作成できますので、本当にお金を節約します。

ここで用意する必要がある物がある:

● AOMEI Partition Assistant Standardを無料ダウンロードします。

● Windows10のISO。

● A任意のUSBドライブはせめて13GBでAOMEI Partition Assistantは USB 3.0 でも2.0でもサポートできます。しかし、より速いスピードの為に、USB 3.0のほうがいいです。

● USBメモリが消去されるので、大切なデータがあれば、今すぐバックアップすることをお勧めします。

全部用意してから、Windows10でWindows to Goを作成するようになります。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。ディスクの基本的な環境が見えます。「Windows to Go Creator」も左側のウィザードの「全てのツール」で表示されます。クリックしてプログラムを起動します。

Windows to Go Creator機能

ステップ 2. こうしてWindows 10起動可能なUSBを作成できる画面へ行けます。操作対象装置から1つを選択して、ここで「パーソナルコンピュータ用のWindows togoを作成」を例としてチェックします。次のソースファイルを選択画面で1つのオプションを選択して、ここで「現在のシステムでWindows togoを作成」を例としてチェックします。次のターゲット場所画面でUSBメモリを選択し、「続行」をクリックし、このプログラムを起動します。

Wintogo作成の対象装置

今のシステムでWINTOGOを作成

Wintogoのインストール場所を選択

ステップ 3. この時、USBメモリの消去警告が表示されます。操作前にバックアップしたので、「はい」をクリックして次へ進みます。メインインタフェースに戻って、ツールバーで 「適用」 をクリックして操作を確認します。

ここまでしたら、おめでとうございます!貴方はもうWindows 10のポータブル作業スペースを持ちます。任意のコンピュータでこの起動できるUSBからWindows 10を起動できます。AOMEI Partition AssistantのWindows to Go Creatorによって、ことはもっと簡単、自由になります。このUSBを使用して、貴方は自分のWindows 10システム(別のシステムバージョンにも適用)をどこへも持っていけます。これは自分のシステムを使用することにはとても便利です。すべきことはBIOSモードに入ってブートパスを選んでリムーバブル装置からコンピュータを起動します。

起動

その他に、内部および外部ハードディスクに最良な調子を保持するなら、AOMEI Partition Assistantは絶好のディスクマネージャだと思われます。読者様はこれによって、パーティションをリサイズすること、パーティションを移動すること、パーティションを結合すること、パーティションを削除することやパーティションをフォーマットすることなどを実行できます。GPTディスクからOSをSSDへコピーするような他の機能をもっと知るなら、AOMEI Partition Assistant Professional版へアップグレード してから使用します。

この記事はこれで終わりです。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。