ByComnena / 最後の更新日時 2020年11月02日

事例

私はKingstonの16GB USBメモリをWindows 10ファイルエクスプローラでRAWに変換され、コンピュータに挿入します。Googleで、USBメモリに何か問題があるかどうかを確認するように指示されました。コマンドプロンプトを管理者として開き、chkdsk F:/fと入力してEnterキーを押しましたが、このようなエラー情報が表示されました:ファイルシステムの種類はRAWです。RAWドライブにCHKDSKは使用できません。

そのエラーメッセージはどいう意味ですか?USBメモリをもう一度使用できるようにするにはどうすればよいですか?教えてください!

--実例

rawドライブにchkdskは使用できません

これは、Windows 10のUSBフラッシュドライブ(USBメモリ)のRAWドライブでは利用できないCHKDSKに関するヘルプです。実際には、USBメモリだけでなく、(マイクロ)SDカード、外付けHDDがWindows7/8/XP/Vistaで使用する場合、よく発生したエラーです。

CHKDSKが利用できないのと同時に、RAWドライブにCONVERTは使用できません。次に、RAWドライブの問題は何ですか?そのエラーメッセージは何を参照していますか?

「RAWドライブにCONVERTは使用できません」とは?

簡単に言えば、コマンドCHKDSKはRAW形式のドライブでは使用できません。したがって、Windowsはそのドライブでディスクチェックを実行できません。実際、多くのWindowsコマンドは、Windowsがそのドライブにアクセスできないため、RAWドライブでは機能しません。

RAW形式のドライブとは、WindowsでNTFS、FAT32、exFATなどの読み取り可能なファイルシステムにフォーマットされていないドライブを指します。場合によっては、ファイルシステムの破損や不良セクタのためにドライブがRAWになることがあります。そのドライブ上のデータは、他の操作を実行することなく読み込みはできません。

RAWドライブが何であるかを理解した後、この問題を解決する方法を見てみましょう。

CHKDSKを修正する効果的な方法

このCHKDSKが利用できないというエラーが発生しても、心配する必要はありません。いくつかのアクションを実行して、このエラーを修復しましょう。

パーティションを復元する

AOMEI Partition Assistant Standardは、新しいデータがそのパーティションに書き込まれていない限り、削除およびフォーマットされたパーティションを回復できるパーティションマネージャです。Windows 10(32ビットおよび64ビット)がサポートされています。無料ダウンロードしてお試しください。

無料ダウンロード

Win 10/8.1/8/7/XP

AOMEI Partition Assistant Standard版

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Standardをインストールして起動します。左側のペインで「パーティションを復元」をクリックします。

パーティションを復元

ステップ 2. 紛失/削除されたパーティションを含むディスクを選択します。

ディスクを選択

ステップ 3. スキャン方法に、高速または完全スキャンを選択します。

完全スキャンを選択

ステップ 4. 復元が必要なパーティションを選択し、「続行」をクリックします。

続行

RAWドライブの不良セクタをチェックする

カバーされているように、ドライブは深刻な不良セクタのためにRAWになります。したがって、ディスクチェックを実行して確認することができます。Windowsの組み込みツールではそれができないため、別のツールを試すことをお勧めします。前述のAOMEIパーティションアシスタントを使用すると、ディスク上の不良セクタを数分でチェックできます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantを開きます。チェックするディスクを右クリックし、「不良セクターをチェック」を選択します。

不良セクターをチェック

ステップ 2. 「高速チェック」オプションをチェックして、「開始」をクリックします。プロセスはしばらく時間がかかります。

不良セクターをチェック

✎ヒント:
別の方法で不良セクタチェックを実行することもできます。RAW(未フォーマット)ドライブを右クリックし、詳細設定 > パーティションを確認の順にパーティションに不良セクタがあるかどうかを確認すると、開始インターフェイスに入ります。エラーチェックの詳細については、Windows 10でHDDのエラーをチェック、修復する方法を参照してください。

RAWドライブをNTFS/FAT32/exFATに変更する

RAW形式のドライブでディスクチェックを実行できない場合は、RAW形式をWindowsで認識されるファイルシステムに変更する必要があります。今のところ、NTFS、FAT32、またはexFATファイルシステムでフォーマットされたリムーバブルストレージは、Windowsで認識できます。次に、何をしますか?

● RAWドライブでは変換できません

CMDのRAWドライブで変換コマンドを実行すると、確かにエラーが発生します。「RAWドライブにCHKDSKは使用できません」という理由は前に説明したので、コマンドを別の形式に変更する必要があります。

● フォーマットが中止され、フォーマットがCMDで失敗しました

検索ボックスにコマンドプロンプトを入力し、管理者として実行します。プロンプトでformat H: /fs:fat32(H:はRAWドライブ)と入力すると、数分で次のエラーが発生する場合があります。フォーマット中のメディアが削除されたか、無効になりました。フォーマットが中止されました。フォーマットに失敗しました。

RAWフォーマット失敗

フォーマット中に何も削除しなかったことがわかっていても、エラーが発生する可能性があります。その場合、別のWindowsツールであるDiskpartを使用してRAWドライブをフォーマットする必要があります。

● Windows 10でDiskpartを利用してRAWドライブをフォーマットします

CMDにdiskpartと入力し、Enterを押します。次のコマンドを入力し、各コマンドの後にEnterを押します。

list volume > select volume n(nはRAWドライブのボリューム番号) > format fs=fat32 quick (fat32をntfsまたはexfatに置き換えることができます) > exit.

RAWフォーマットDiskpart

✎ノート:
Windowsでは、exFATファイルシステムでリムーバブルストレージ(フラッシュドライブまたはメモリカード)をフォーマットすることができます。つまり、exFATを使用してパーティションを内蔵ハードディスクにフォーマットすると、フォーマットが完了しないこともあります。

● RAWドライブをより簡単にフォーマットします

フリーパーティションマネージャであるAOMEI Partition Assistant Standardは、RAWドライブをNTFS、FAT32、またはexFATにフォーマットすることができます。また、Windows組み込みの書式設定ツールの固有の制限を克服し、64GB SDカードからFAT32へフォーマットできます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Standardを起動します。RAWドライブを右クリックし、「パーティションをフォーマット」を選択します。

パーティションをフォーマット

ステップ 2. ファイルシステムを選択し、パーティションラベルを指定して、クラスタサイズを選択します。

クラスタサイズを選択

ステップ 3. 「適用」をクリックしてから「続行」をクリックして実行します。

続行

RAWドライブを読み取り可能なファイルシステムに変更した後、CHKDSKコマンドを使用して、外付けHDD、SDカード、またはUSBフラッシュドライブのディスク検査を再度実行できます。

✎ヒント:
コマンドライン操作に慣れているユーザーのために、AOMEI Partition Assistant Professional版はコマンドラインフォーマット機能を提供します。

結論

次回エラーが発生したとき:ファイルシステムの種類はRAWです。RAWドライブにCHKDSKは使用できません。慌てる必要はありません。パーティションデータを回復し、別の方法で不良セクタをチェックし、RAWドライブを読み取り可能なファイルシステムにフォーマットしてから、ディスクチェックを実行できます。

AOMEI Partition Assistant Standardは、この問題を解決するための優れたアシスタントです。ぜひ、お試してください。Windows Serverユーザーの場合は、AOMEI Partition Assistant Serverを使用してエラーを修復する必要があります。