By Comnena / 最後の更新 2022年06月01日

MBRとGPTについて

MBRとGPTディスクを変換する方法を学ぶ前に、MBRディスクとは何かとGPTディスクとは何かについての基本的な理解をしましょう。

MBRとGPT

MBR(Mater Boot Record)は、マスターブートレコードの略語であり、レガシーBIOSモードを使用します。MBRは、最大4つのプライマリパーティション、または3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティションしかサポートできません。しかし、高い互換性を持っています。
GPT(GUID Partition Table)は、GUIDパーティションテーブルディスクの略語であり、ハードディスクドライブ上のパーティションテーブルの配置に関する標準規格です。UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)モードを使用します。GPTは、最大128個のパーティションをサポートします。

なぜWindows 10でMBRからGPTに変換?

MBRは最大2TBのディスクをサポートできます。それは本当の意味は何でしょうか?例えば、あなたが3TBのMBRディスクを持っている場合、残りの1TB部分はwindows 10で未割り当て領域として表示され、使用することはできません。そのため、ストレージスペースをフルに活用するために、ユーザーのほとんどは、GPTにMBRを変換します。

さらに、MBRディスクでは、最大4つのプライマリパーティション或いは3つのプライマリパーティションおよび1つの拡張パーティションを作成できます。GPTディスクでは、最大128プライマリパーティションを作成できます。MBRからGPTに変換して、より優れたコンピューターエクスペリエンスを実現できます。Windows 10多数のユーザーが、独自の要件に応じて、MBRからGPTに変換することがあります。

補足:Windows10をWindows11にアップグレードしようとして、Windows11が「UEFIモード」の「GPTハードディスク」にしか対応しない事で、初めて自分のWindows10が「MBR」環境であることに気がつく事があります。ブートモードをUEFIにする必要があるためシステムドライブをGPTに変更する必要があります。

Windows 10でMBRまたはGPTを確認する方法

もし、自分のディスクのスタイルがMBRかGPTかに心当たりがない場合は、下記のステップに従ってディスクのスタイルを確認することが可能です。

手順 1. 右下にある「スタート」ボタンを右クリックして、「ディスクの管理」を選択します。

手順 2. ターゲットディスクを右クリックして「プロパティ」を選択し、「ボリューム」に移動すると、パーティションのスタイルがわかります。

MBRまたはGPTを確認

Windows 10でMBRからGPTに変換する方法

通常、ユーザーにとってはMBRからGPTに変換する方法が4つあります。それでは、詳細を見てみましょう。

方法 1. データ損失せずにWindows 10でディスクをMBRからGPTに変換

AOMEI Partition Assistant Professionalは、パーティション管理向けの強力なソフトウェアです。これにより、パーティションを削除したり、データを失ったりすることなく、MBRからGPTに変換することができます。この機能のほかに、ブータブルCDの作成、空き領域の割り当て、SSDへのOS移行などの機能が備えています。詳細機能についてはこちらへ~

Windows 10でMBRをGPTに変換する場合は、次の手順に従ってください。

ステップ 1. このソフトウェアをダウンロードしてインストールして起動します。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

ステップ 2. 変換したいディスク(例えば、ディスク3)を右クリックして「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

ステップ 3. 変換操作を確認して「はい」をクリックして続行します。

変換操作を確認

ステップ 4. 最後は問題なければ「適用」をクリックして操作を実行します。

適用

ヒント:✎...
システムディスクの変換後に、ファームウェアを切り替えてUEFIモードから起動する必要があります。
AOMEI Partition Assistantを使用してWindows PEでMBRをGPTに変換するには、「ブータブルCD/USBを作成」機能を使用してタスクを完了できます。
AOMEI Partition Assistantでは、データを失うことなくGPTをMBRに変換することもできます。

方法 2. ディスクの管理でMBRからGPTに変換

「ディスクの管理」は、パーティションのフォーマット/削除/拡張/作成などの操作を完了できるWindows10の内蔵のツールです。

手順:新しく用意したHDD/SSDを接続してから、Windowsを起動します。「Windowsマーク」を右クリックして「ディスクの管理」を選択します。ディスクの管理ウィンドウの下側のディスク一覧で、「新規のHDD/SSD(ディスク1など)」を右クリックして「GPTディスクに変換」を選択します。

しかし、変換したいディスク(例えば:ディスク0)を右クリックしたら、表示されたウィンドウに「GPT ディスクに変換」オプションがグレーで表示される場合があります。なぜですか?このツールは、パーティションがないディスクのみをGPTに変換できるので、GPTにMBRを変換する前にディスク上の全てのパーティションを削除する必要があります。

「ボリュームの拡張」無効

方法 3. DiskPartでMBRからGPTに変換

DiskPartもWindows10に内蔵されているツールです。それを使用して、パーティションを管理したり、MBRからGPTへの変換を行ったりすることができます。「ディスクの管理」と同じように、DiskpartでMBRからGPTへの変換を行う場合、操作するディスク上にはパーティションがないことを確認してください。その前提条件を満せば、次のように行ってください:

ステップ 1. 検索ボックスに「diskpart」を入力して「Enter」キーを押します。その後、「はい」をクリックしてコマンドプロンプトを開きます。

ステップ 2. 「list disk」を入力して「Enter」キーを押します。

ステップ 3. 「select disk n」を入力して「Enter」キーを押します。nが変換するディスクの番号です(「Disk 1」を例とします)。

ステップ 4. 「clean」を入力して「Enter」キーを押して選択したディスク上のすべてのパーティションまたはボリュームを削除します。

ステップ 5. 「convert mbr」を入力して「Enter」キーを押してGPTからMBR形式への変換を完了します。

コマンドライン

注:DiskPartを介してシステムディスクをMBRとGPTの間で変換するには、Windowsインストールメディアからコンピューターを起動する必要があります。 Windowsセットアップ画面で、「Shift + F10」を押してコマンドプロンプト行を表示し、上記の方法を実行して、ブートハードディスクをGPTに変換します。

方法 4. Windows 10回復環境でMBR2GPTを実行

Microsoftが提供するMBR2GPTツールを実行することにより、Windowsシステムドライブはデータ損失せずに、MBRをGPTに変換できます。

このツールは、Windows 10 v1703以降(v1809以降を推奨)に組み込んだツールであり、専用のアプリケーションをインストールする必要はありません。古いWindows 10でツールを実行することはできないため、最新バージョンのWindows 10を使用していることを確認してください。

MBR2GPTツールを使用してMBRシステムディスクをGPTディスクに変換するには、さまざまな状況でコマンドラインを実行できます。

Windows PEで作業している場合は、次のように入力します:mbr2gpt /convert /disk:n
フルOS環境で作業している場合は、次のように入力します:mbr2gpt /convert /disk:n /allowfullOS

MBR2GPTを実行

★ノート:
OSディスクをGPTに変換する前に、コンピューターがUEFIをサポートしていることを確認する必要があります。
MBR OSディスクがGPTパーティションスタイルに変換されたら、UEFIモードで起動するようにファームウェアを再構成する必要があります。

以上の方法は、MBRからGPTに変換できます。しかし、方法2と方法3はディスク上のすべてのパーティションを削除する必要があります。そのため、実行する前に、まずすべてのデータをバックアップしたほうがいいと思っています。

最後の方法はデータの損失を引き起こしませんが、OSディスクしか変換できません。さらに、v1703以降のWindows 10でのみこのツールを実行できます。

まとめ

4つの異なる方法が共有されているので、Windows 10でシステムドライブをMBRからGPTに変換する方法を知っています。明らかに、AOMEI Partition Assistant Professionalは、パーティションを削除せずにMBRをGPTに変換する最も安全な方法を提供するため、データが失われるリスクを回避できます。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Partition Assistant Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。

読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!