Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月06日

なぜWindows 10 To Go USBを作成しますか?

Windows To GoはWindows 8や 8.1 Enterprise エディションのような一部のWindowsに内蔵されたツールです。 それはUSBドライブまたは他の外付けドライブから起動でき、企業環境を展開することができます。このツールを使用して、独自のデバイス(BYOD)のことを可能にすることができます。同じPCをビジネスやホームに適用している場合、これも作業環境と家庭使用を分離することができます。一方、あなたは、ポータブル作業環境を取得することができます。それはビジネスや家庭使用が同じWindows環境を共有することができます。

しかし、あなたはこの機能を持っていないWindows10のユーザーである場合は、 Windows 10 To Go USBを作成するために、どうすればいいでしょうか?ただ、この機能を持っている別のものを購入し、それを再インストールすることにしますよね。それはお金のコストと時間のかかる作業であるため、おそらく最適な方法ではないかもしれません。幸いなことに、あなたはタスクを終了できる別のより良い方法が提供されています。

AOMEI Partition Assistantを使用してWindows To Go USBを作成します

AOMEI Partition Assistant Professionalはパーティション管理向けのソフトウェアです。また、これはユーザーがUSBドライブなどの外付けハードドライブに作業環境を作って、それから起動できるWindows to Go Creatorという機能を持っています。この機能がWindows 10、Windows 8/8.1、Windows 7/Vista それにWindows XPなどをサポートできるので、AOMEI Partition Assistantを使用して、お使いのシステムがWindows To Goに使用できないことを心配する必要がありません。

ステップ 1. コンピュータにUSBドライブを接続します。そして、それはマシンによって検出されたことを確認します。

ステップ 2. AOMEI Partition Assistant Proダウンロードし、インストールし、起動します。USBメモリが自動的に表示されます。そして、左側の「全てのツール」⇒「Windows To Go Creator」をクリックします。

Windows to Go

ステップ 3. ポップアップウィンドウで、「次へ」「参照」をクリックしてWindows10のインストールファイル(install.wim またはinstall.esdと表示される)を選択します。プログラムがそれを自動的に検出しない場合、「参照」をクリックして手動でそれを選択します。その後、「はい」をクリックして継続します。

はい

ステップ 4. 「続行」をクリックすると、プログラムは、「続行するには、プログラムは、このUSBドライブ上のすべてのデータを削除し、それをフォーマットします。その上に重要なデータがある場合は、我々はまずそれをバックアップすることをお勧めします。」という重要なことをお知らせします。その後、「はい」をクリックして、Windows 10ブータブルUSBドライブの作成を開始します。

続行

詳細手順については、「Windows 10/8 To Go USBを作成する方法」を参照してください。

Windows 10 To Go USBを作成した後、任意のコンピュータにWindows10ブータブルUSBを接続し、そこからシステムを起動することができます。この機能のほかに、 SSDへとのOS移行、MBRからGPTへとの変換、ブータブルCDの作成などのパーティション管理向けの便利な機能がたくさんあります。