ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月02日

プライマリパーティションとは

PCのハードディスクは、複数のパーティション(領域)に分割して使用できます。IBM PCの場合、それぞれの物理ハードディスクを、最大4パーティションに分割できます。これらのパーティションの情報は、MBR(Master Boot Record)中のパーティションテーブルに格納されています。

DOSを初めとするPC用のOSでは、1ディスクを5つ以上のパーティション分割できるよう、「拡張パーティション」と呼ばれる仕組みを実装しています。この拡張パーティションと区別するために、MBR中のパーティションテーブルに登録されているパーティションのことを「プライマリパーティション」と呼びます。DOSなどでは、「基本パーティション」と呼ぶこともあります。

▼追加の豆知識:

1)拡張パーティションとは

拡張パーティションとは、1台のハードディスクに複数のドライブを設定する場合に用いられるパーティションの方式です。

Windowsでは原則的に1台のハードディスクには4つのパーティションまでしか作成することができませんが、それ以上のパーティションが必要であるときは、拡張パーティションを作成することで複数の論理パーティションを設け、対処されます。基本パーティションは1つしか用いることができませんが、倫理パーティションは複数を同時に扱うことができます。

2)論理パーティションとは

論理パーティションとは、拡張パーティションの中に作成されたパーティションの方式です。MS-DOSやWindowsでは、論理ドライブとも呼びます。論理パーティションは拡張パーティションの中に複数作成できます。論理パーティションにMS-DOSやWindowsをインストールする場合、ブートストラップローダーを基本パーティションにインストールして、論理パーティション上のOSを起動できるようにします。UNIXの場合、論理パーティションの中にOSをブートできるファイルがあるため、基本パーティションを使用せずにOSを起動できます。

3)アクティブパーティションとは

アクティブパーティション(別名:ブートパーティション)とは、ディスクの分割された領域(パーティション)の中でシステムをブートすることができる領域のことです。

1つのディスク上には1つのパーティションのみアクティブパーティションに指定することができるような仕様であり、また、ディスクのプライマリーパーティション(基本領域)にのみ設定が可能な仕様です。

アクティブパーティションの設定は、パーティションテーブルのブートフラグをセットすることにより行います。このことから、アクティブパーティションをブートパーティションと呼ぶこともあります。

なぜWindows10でプライマリパーティションを拡張しますか?

プライマリパーティションにブートファイルや他のアプリケーションがインストールされています。コンピュータの使用時間が長くなっていくのに伴い、プライマリパーティションが容量不足になります。コンピューターの実行速度も遅くなります。こんな場合、ほとんどのコンピュータユーザーはプライマリパーティションに変更を加える傾向がないと私は考えていますが、それらの重要なファイルが不適切な操作で破損されると、OSなどが壊れて深刻なデータ消失に至るのは、誰も遭遇したくない状況だと私はそう信じています。

しかし、ディスク領域不足問題を解決、またはコンピュータを高速に実行させる場合、プライマリパーティションのサイズを変更する必要があります。ここでCドライブをプライマリパーティションの一つの例として取り上げます。だから、変更ということは、Windows10でプライマリパーティション(Cドライブ)を拡張することです。

では、「ディスクの管理」でWindows 10のCドライブを拡張することができないユーザーはぜひ下記のパーティションの拡張方法をご覧下さい。

どのようにWindows10のプライマリパーティションを拡張しますか?

プライマリパーティションのボリュームを増やすことはスムーズに解決することができません。「ディスクの管理」を使用してそれを拡張しようとしている時、「ボリュームの拡張」がグレーで表示されるかもしれません。プライマリパーティションと連続した未割り当て領域がある場合のみに、「ディスクの管理」で「ボリュームの拡張」オプションが利用可能です。それでは、「ボリュームの拡張」がグレーで表示された時、何ができるのでしょうか?

「ディスクの管理」はそれを行えないので、プライマリパーティションを拡張する別の方法を考えている必要があります。高度な機能を持つサードパーティ製のソフトウェアはユーザーによって絶賛されます。機能と価格両方を考慮したところ、パーティションに関するすべての問題を解決できるディスク管理ソフト-AOMEI Partition Assistant Proをお勧めします。

機能1. 「パーティションを結合」により、Windows10のプライマリパーティションを拡張

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。Cドライブを右クリックして「パーティションを結合」を選択しま。

パーティションを結合

ステップ 2. この画面で結合したい2つのHDDパーティションを選択します。下のターゲットパーティションを指定することができます。「はい」をクリックします。

2つのHDDパーティションを選択

ステップ 3. 仮想結果を確認します。問題なければ「適用」をクリックして操作を実行します。

プライマリパーティションの拡張を適用

ステップ 4. 次は最終の確認です。問題なければ「続行」をクリックしてください。

続行

    ▼ヒント:

    ●この操作はシステムドライブと関するので、操作は再起動モードで完了することが必要です。

    ●同じ物理HDDの2つの隣接するパーティションのみをマージすることができます。2つのパーティションが連続していない場合、1つのパーティションのサイズを缩小して、未割り当て領域を生成することができます。次に、「パーティションを移動」を使用して場所を調整します。

    ●未割り当て領域は制限しません。

    ●AOMEI Partition Assistant Professionalでは、ドライブ間の空き領域を直接割り当てることができます。

機能2. 「パーティションをリサイズ/移動」により、Windows10のプライマリパーティションを拡張

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantを起動します。同じハードディスク(HDD)に未割り当て領域がある場合は、ステップ4に進んでください。それ以外の場合は、「パーティションをリサイズ/移動」を使用して未割り当て領域を作成します(Gパーティションから未割り当て領域を解放します)。Gパーティションを右クリックし、「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ/移動

ステップ 2. 「パーティションをリサイズ/移動」画面がポップアップしてから、Gパーティションのサイズを変更して未割り当て領域を取得します。次に、「はい」をクリックします。

未割り当て領域を取得

ステップ 3. Cドライブを右クリックし、「パーティションを結合」を選択します。

パーティションを結合

ステップ 4. ポップアップウィンドウで、Cパーティションと未割り当て領域を結合して、「はい」をクリックします。

Cパーティションと未割り当て領域を結合

ステップ 5. 保留中の操作を確認し、結果をプレビューして期待通りの結果が得られたことを確認します。その後、「適用」をクリックしてください。

適用

テップ 6. ポップアップウィンドウで、操作をもう一度確認し、「続行」ボタンをクリックして始めます。これを終えるまで数分待ってください。すると、Cドライブの容量が増えます。

プライマリパーティションの拡張を実行

    ▼ヒント:

    ● パーティション内に実行中のアプリケーションがある場合、AOMEI Partition AssistantはPreOSモードでパーティションの操作を終了または実行するように指示します。

    ● ディスク上に未使用のパーティションがある場合は、「パーティションの削除」機能を使用して未割り当て領域を取得することもできます。AOMEI Partition Assistantは、パーティションの移動、パーティションのコピーなどの他の機能もサポートします。

機能3. 「パーティションの拡張」により、Windows10のプライマリパーティションを拡張

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantを起動します。管理者権限としてソフトウェアを起動すると、メインインターフェースが表示されます。「パーティションの拡張」をクリックしてください。

パーティションの拡張ウィザード

ステップ 2. 「パーティションの拡張」オプションをクリックした後、望むようにボリュームを拡張する手順に入ります。「システムパーティションを拡張」を選択して、「次へ」をクリックします。

パーティションの拡張を選択

ステップ 3. 「へようこそ」画面をスキップしてください。次の画面に移動します。ここでは、拡張するために縮小できるパーティションが全て表示されます。「D:」をチェックしてください。C:パーティションを拡張するために、これを縮小して空き領域を取得します。「次へ」ボタンをクリックして次の画面に移動してください。

縮小できるパーティションを選択

ステップ 4. 「新しいサイズ」画面で、スライダをドラッグします。または、「新しいサイズ」ボックスに適切なサイズの入力することにより、C:パーティションの新しいサイズを設定してください。ここで105GBの新しいサイズを指定して、「次へ」をクリックします。

空き領域を取得

ステップ 5. 「ディスクのレイアウト」ページには、変更が表示されています。「続行」 ボタンをクリックして拡張する操作を確認してください。また、ここでは、操作に要する時間が表示されます。

プレビュー

ステップ 6. 実際に作業を開始するには 「はい」 をクリックしてください。ここでは、次の進行状況が表示されます。

拡張を実行

拡張操作が完了すると、プログラムはレポートを送信します。ここで、 C:ドライブの容量が成功に増加されました!つまり、我々のプライマリパーティションが拡張されました。

追加内容:オススメのソフト

    ★ディスクパーティション管理ソフトのオススメ★

    AOMEI Partition Assistant Professionalは、様々な機能を備えています。他のソフトと比べてAOMEI Partition Assistant Pro版は強力であるし、安全です。例えば、Windows10でCドライブを拡張するには、データを失うことなくパーティションを作成、リサイズ、移動、結合や分割することができます。ただ数回クリックだけで完了できるので、ずいぶん時間を節約できます。ちなみに、AOMEI PA ProはHDD/SSDへOSを移行、Windows 10/8/7でブータブルUSBを作成、MBRを修正するような新機能も提供します。

    ● ダイナミックディスクの変換、GPT/MBRの変換、OSやデータをSSDに移行などの機能を使用できる。

    ● SSDの完全消去などのような高度な機能を利用できる。

    ● Windows10、Windows8.1、Windows8、Windows 7、Vista、XP(32ビット版と64ビット版)に対応する。

    注意:Windowsサーバシステムを使用している場合はServer版のほうがより適当だと思います。

結論

ここまで、Windows10のCドライブを例とするプライマリパーティションを拡張する方法を紹介しました。一つのツールだけで三つの方法を使用することができます。読者様、ご希望の一つを選んでよろしいと思います。ご参考になれば幸いです。