By Akira / 最後の更新 2023年05月05日

プライマリパーティションとは

プライマリパーティションとは、一台のストレージ(外部記憶装置)の内部を分割してできる区画(パーティション)のうち、OSの導入や起動ができるもの。一般的な装置では一台に4つまで設けることができる。

ハードディスクやSSDなどのストレージ装置は、全体を単一の領域として使うこともできるが、「パーティション」と呼ばれる複数の独立した区画に分割して使用することができる。このうち、装置内の記憶領域の先頭にあるMBR(Master Boot Record)に登録され、OSの起動などが可能な区画のことをプライマリパーティションという。

▼追加の豆知識:

★拡張パーティション:
拡張パーティションとは、1台のハードディスクに複数のドライブを設定する場合に用いられるパーティションの方式です。Windowsでは原則的に1台のハードディスクには4つのパーティションまでしか作成することができませんが、それ以上のパーティションが必要であるときは、拡張パーティションを作成することで複数の論理パーティションを作成することです。基本パーティションは1つしか用いることができませんが、倫理パーティションは複数を同時に扱うことができます。
★論理パーティション:
論理パーティションとは、拡張パーティションの中に作成されたパーティションの方式です。MS-DOSやWindowsでは、論理ドライブとも呼びます。論理パーティションは拡張パーティションの中に複数作成できます。論理パーティションにMS-DOSやWindowsをインストールする場合、ブートストラップローダーを基本パーティションにインストールして、論理パーティション上のOSを起動できるようにします。UNIXの場合、論理パーティションの中にOSをブートできるファイルがあるため、基本パーティションを使用せずにOSを起動できます。
★アクティブパーティション:
アクティブパーティション(別名:ブートパーティション)とは、ディスクの分割された領域(パーティション)の中でシステムをブートすることができる領域のことです。1つのディスク上には1つのパーティションのみアクティブパーティションに指定することができるような仕様であり、また、ディスクのプライマリーパーティション(基本領域)にのみ設定が可能な仕様です。アクティブパーティションの設定は、パーティションテーブルのブートフラグをセットすることにより行います。このことから、アクティブパーティションをブートパーティションと呼ぶこともあります。

Windows 10でプライマリパーティションを拡張する理由

プライマリパーティションにブートファイルや他のアプリケーションがインストールされています。コンピュータの使用時間が長くなっていくのに伴い、プライマリパーティションが容量不足になります。コンピュータの実行速度も遅くなります。

ディスク領域不足問題を解決し、コンピュータの実行速度を上昇するため、プライマリパーティションのサイズを変更する必要があります。ここでCドライブをプライマリパーティションに例として取り上げます。

Windows 10のプライマリパーティションを拡張する方法

プライマリパーティションのボリュームを拡張できない場合があります。「ディスクの管理」でプライマリパーティションを拡張しようとしている時、「ボリュームの拡張」がグレーで表示されました。それはプライマリパーティションと連続した未割り当て領域がある場合のみに、「ディスクの管理」で「ボリュームの拡張」オプションが利用可能です。

「ディスクの管理」はそれを行えないので、プライマリパーティションを拡張する別の方法が必要です。高度な機能を持つサードパーティ製のソフトウェアAOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。ここでは三つの機能でプライマリパーティションを拡張する手順について紹介します。

Proのデモ版Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

機能1. 「パーティションを結合」でプライマリパーティションを拡張する

1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。Cドライブを右クリックして、「詳細処理」>「パーティションを結合」を選択します。

パーティションを結合

2. この画面で結合したい2つのHDDパーティションを選択します。下のターゲットパーティションを指定することができます。「はい」をクリックします。

2つのHDDパーティションを選択

3. 仮想結果を確認します。問題なければ「適用」をクリックして操作を実行します。

プライマリパーティションの拡張を適用

4. 次は最終の確認です。問題なければ「続行」をクリックしてください。

続行

注:✎...
この操作はシステムドライブと関わるので、操作は再起動モードで完了することが必要です。
同じ物理HDDの2つの隣接するパーティションのみを結合することができます。2つのパーティションが連続していない場合、1つのパーティションのサイズを缩小して、未割り当て領域を作成します。次に、「パーティションをリサイズ」で場所を調整します。
AOMEI Partition Assistant Professionalでは、ドライブ間の空き領域を直接割り当てることができます。

機能2. 「パーティションをリサイズ」でプライマリパーティションを拡張する

1. AOMEI Partition Assistantを起動します。同じハードディスク(HDD)に未割り当て領域がある場合は、ステップ4に進んでください。それ以外の場合は、「パーティションをリサイズ」を使用して未割り当て領域を作成します(Gパーティションから未割り当て領域を解放します)。Gパーティションを右クリックし、「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ/移動

2. 「パーティションをリサイズ」画面がポップアップしてから、Gパーティションのサイズを変更して未割り当て領域を取得します。次に、「はい」をクリックします。

未割り当て領域を取得

3. Cドライブを右クリックし、「詳細処理」>「パーティションを結合」を選択します。

パーティションを結合

4. ポップアップウィンドウで、Cパーティションと未割り当て領域を結合して、「はい」をクリックします。

Cパーティションと未割り当て領域を結合

5. 保留中の操作を確認し、結果をプレビューして確認します。その後、「適用」をクリックしてください。

適用

6. ポップアップウィンドウで、操作をもう一度確認し、「続行」ボタンをクリックして始めます。これを終えるまで数分待ってください。

プライマリパーティションの拡張を実行

★注:
パーティション内に実行中のアプリケーションがある場合、AOMEI Partition AssistantはPreOSモードでパーティションの操作を終了または実行するように指示します。
ディスク上に未使用のパーティションがある場合は、「パーティションの削除」機能を使用して未割り当て領域を取得することもできます。AOMEI Partition Assistantは、パーティションの移動、パーティションのコピーなどの他の機能もサポートします。

機能3. 「パーティションの拡張」でプライマリパーティションを拡張する

1. AOMEI Partition Assistantを起動します。メインインターフェイスの右上隅にある「ツール」をクリックして、「パーティションを拡張」ウィザードオプションをクリックしてください。

パーティションの拡張ウィザード

2. 「システムパーティションを拡張」を選択して、「次へ」をクリックします。

パーティションの拡張を選択

3. ここでは、拡張するために縮小できるパーティションが全て表示されます。空き容量が多いパーティションを選択します。「次へ」ボタンをクリックします。

縮小できるパーティションを選択

4. 「新しいサイズ」画面で、スライダをドラッグします。または、「新しいサイズ」ボックスに適切なサイズの入力することにより、C:パーティションの新しいサイズを設定してください。ここで105GBの新しいサイズを指定して、「次へ」をクリックします。

空き領域を取得

5. 「ディスクのレイアウト」ページには、変更結果が表示されています。「続行」ボタンをクリックして拡張する操作を確認してください。また、ここでは、操作に要する時間が表示されます。

プレビュー

6. 実際に作業を開始するには「はい」をクリックしてください。ここでは、次の進行状況が表示されます。

拡張を実行

結語

この文章は、Windows 10のCドライブを例とするプライマリパーティションを拡張する方法について紹介しました。AOMEI Partition Assistant Professionalの三つの機能を使用して拡張できます。ご参考になれば幸いです。

AOMEI Partition Assistant ProfessionalはHDD/SSDへOSの移行、ブータブルUSBの作成、MBRの修正、ダイナミックディスクの変換、GPT/MBRの変換などの機能も付いています。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較