By Comnena / 最後の更新 2021年07月16日

Windows10で外付けHDDが未割り当てになる

私の外付けHDDはデスクトップ(Windows 7)、ラップトップ(Windows 8.1)でも完璧に機能しますが、私の兄のコンピュータに接続すると、割り当て解除されます。このHDDはWindows10で動作していましたが、ごく最近の更新後(数日前)、Windows 10PCは中のデータを読み取ることができませんでした。どうしたらいいでしょう?

--あるユーザーからの質問

実際、多くのユーザーにとっては、外付けHDD、USBメモリ、SDカードなど、PCに未割り当てとして突然現れるこのような問題があります。問題が発生したときには、なぜそれが起こり、どのように問題を解決するのかを知る必要があります。

Windows 10で外付けHDDが未割り当てになるのはなぜ?

外付HDDがWindows 10で突然割り当てられなくなる原因はたくさんあります。正確な理由が分かっていれば、簡単に問題を解決できます。

Windows「ディスクの管理」を開いて、外付けハードドライブが未割り当て領域として表示されている場合は、そのドライブ文字が変更されているかどうかを確認できます。
ファイルシステムエラーは、外付けハードドライブが突然割り当て解除されるもう1つの原因です。
外付けHDDに物理的な損傷があると、PCに未割り当て領域が表示されることがあります。
PCから不適切にドライブを抜くなど不適切な操作をすると、Windowsに外付けHDDに未割り当て領域が表示されることがあります。
ウイルス攻撃のため、外付けHDDが未割り当て領域になる可能性があります。
古くなっています。ハードドライブドライバが古くなっている場合、Windows「ディスクの管理」で未割り当て領域として表示されることがあります。

未割り当て問題を解決する方法

Windows 10で外付けHDDが割り当てられていない理由は様々あるため、ここではWindows 10上の未割り当て領域のドライブを修正するさまざまな方法を提供します。

方法 1. ウイルス対策ソフトウェアをダウンロード

ウイルスの攻撃によるものかどうかを確認するために、いくつかのウイルス対策ソフトウェアをダウンロードする必要があります。

ウイルス対策ソフトを選ぶ際は、どのような機器やOSに対応しているかをチェックすることが重要。購入した製品はパソコンへインストールするものが多いですが、スマホやタブレットでも利用したいと考えている方は、対応状況をチェックしましょう。詳細については、「セキュリティソフトのおすすめ9選」このWebページを参照して、適切なウイルス対策ソフトを選択してください。

方法 2. ハードドライブドライバを更新

ハードドライブドライバが古くなっている場合、Windowsの「ディスクの管理」で未割り当て領域が表示されることがあります。ハードドライブドライバが古いかどうかを確認する必要があります。

手順 1. 「スタート」ボタンをクリックし、「デバイス マネージャー」を入力して、結果の一覧から選択します。外付けHDDが黄色のアラートで表示されると、外付けHDDを右クリックし、「ドライバーの更新」を選択します。

ドライバーの更新

手順 2. 「ドライバを自動的に検索」を選択します。

ドライバを自動的に検索

ノート:✎...
Windowsで新しいドライバが見つからない場合は、デバイスの製造元のWebサイトでドライバを探して、その指示に従いましょう。
これらの手順がうまくいかない場合は、ドライバを再インストールしてみてください。 デバイスマネージャを開き、デバイスの名前を右クリックし、「デバイスのアンインストール」を選択します。 PCを再起動し、Windowsはドライバを再インストールしようとします。

方法 3. CHKDSKを実行

CHKDSKを実行して、外付けHDDのエラーを確認し、修正します。

手順 1. Win+Rキーを押してcmdと入力し、「コマンド プロンプト」を管理者として実行します。

手順 2. chkdsk f: /f /r /xと入力します。

CHKDSKを実行

ノート:✎...
f: 確認する必要があるドライブのドライブ文字を示します。
/f ドライブにあるエラーを修正します。
/r ドライブ上の不良セクタを特定し、読み取り可能な情報を復元します。
/x プロセスが開始する前にドライブを強制的にマウント解除します。

方法 4. パーティションを再作成

外付けHDDに問題がない場合は、ファイルシステムエラーが原因であるかどうかを検討する必要があります。その場合は、割り当てられていない外付けHDDのパーティションを再作成して、再利用できるようにする必要があります。

補足:データを失いたくない場合は、iCare Data Recoveryなどのデータ回復ソフトウェアを使用して未割り当ての外付けHDDからデータを復元できます。これは、データを他の場所に保存するのに役立ちます。復元した後、パーティションを安全に作成できます。

不良セクターをチェック

パーティションを再作成する前に、不良セクタがあるかどうかを確認する必要があります。割り当てられていない外付けハードドライブをチェックするには、パーティション管理ツールAOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードします。Windows 10/8/7にインストールして起動します。それは主なインターフェイスが表示されます。割り当てられていないディスクを右クリックし、「不良セクターをチェック」を選択します。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

不良セクタをチェック

手順 2. 「開始」をクリックし、不良セクタをチェックします。速い検査を実行したい場合、「高速チェック」チェックボックスにチェックを入れてください。

テスト

ノート:また、「パーティションをチェック」を利用して、ハードドライブのエラーをチェックして修正することもできます。

パーティションを作成

ドライブのエラーを確認して修正した後、AOMEI Partition Assistant Professionalを利用して、ドライブ上のパーティションを3つのステップで作成することもできます。

手順 1. 割り当てられていないスペースを右クリックし、ポップアップメニューで「パーティションを作成」を選択します。

パーティションを作成

手順 2. ここでは、パーティションのサイズ、ドライブ文字、ファイルシステム、さらに高度なオプションなど、新しいパーティションの詳細を設定できます。設定後、「はい」をクリックします。

ファイルシステムを設定

手順 3. ここで、保留中の操作を確認し、「適用」をクリックしてすべての操作をサブミットします。

適用

まとめ

以上の方法は外付けHDDはWindows 10上でのみ割り当てられていないという問題を解決できます。AOMEI Partition Assistant Professionalを利用して、ファイルシステムエラーをチェックし、パーティションを作成できます。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Partition Assistant Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。