By Asher / 最後の更新 2022年03月22日

Windows 10でMBRをGPTに変換するのは必要なのか?

MBRとGPTは、ディスクの2つの異なるパーティションテーブルです。MBRディスクと比較して、GPTディスクには多くの利点があり、次のような状況でMBRをGPTに変換する必要があると考えるかもしれません。

MBRディスクは、最大4つのプライマリパーティションをサポートします。より多くのパーティションが必要な場合は、プライマリパーティションを拡張パーティションに変更して、ハードディスク上により多くの論理パーティションを作成できるようにすることができます。GPTディスクは、MBRに限定された4つのプライマリパーティションではなく、最大128個プライマリパーティションを作成できます。
MBRディスクは最大2TBのディスク容量をサポートしますが、GPTディスクはこの制限を打ち破ります。Windows「ディスクの管理」で3TB HDDが2TBしか表示されない場合は、HDDを十分に使用するためにGPTに変換する必要があります。
HDDにWindows OSをインストールすると、「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択したディスクにはMBRパーティションテーブルがあります」というエラーが発生する可能性があります。EFIシステムでは、WindowsはGPTディスクにのみインストールできるためです。この問題が発生したら、まずディスクをMBRからGPTに変換してから、Windows OSをインストールします。

Windows 11はUEFIブートモードのみをサポートしているため、より多くのユーザーがMBRをGPTに変換したいと思います。変換プロセスにディスク上のすべてのデータを失いたくない場合、Windows 11/10/8/7でGptgenを使用して、MBRディスクをGPTディスクに変換するのは良い方法です。Gptgenは、ハードドライブ上のすべてのデータを保持しながら、ハードドライブを「MBR」パーティションスキームからGPT(GUIDパーティションテーブル)パーティションスキームに変換するために使用されるシンプルなコマンドラインツールです。

GptgenでMBRをGPTに変換する方法

上記のように、これらの特定の状況では、MBRディスクをGPTディスクに変換する必要があります。しかし、方法はなんですか?ここでは、Gptgenを使用して、データを保持しながらMBRディスクからGPTディスクへ変換できます。

ステップ 1. Gptgenをダウンロードし、それを任意のディレクトリに展開します。Gptgenをインストールした場所を覚えておいてください。ここでは、c:\tools\gptgen-1.1にインストールしました。次に、Windows 10でGptgenを管理者として実行します。

ステップ 2. 次に、diskpartコマンドを実行し、diskpartの下に「list disk」と入力して、システム内のすべてのディスクを表示します。

DiskpartのGPTステータスを確認

ここでは、ディスク 0がMBRディスクであることがわかります(GPT列は空です)。

ステップ 3. Gptgenを使用してディスク 0のパーティションテーブルをMBRからGPTに変換するには、gptgen.exe -w \\.\\physicaldrive0と入力します(「0」は変換したいディスクの番号です-w」はGptgenによって、変換されたGPTをディスクに書き込みます)。

このコマンドを実行すると、「このツールは、変換後にそのようなパーティションが起動可能なままであることを保証するものではありません。続行しますか?[Y/N」という警告が表示され、「Y」と入力するとすぐに実行されます。

MBRからGPTへのディスク変換

これで、Windows 10上のGptgenは、MBRディスクをGPTディスクに変換して成功しました!

ただし、コマンドラインを使用してMBRをGPTに変換するのは最も簡単な方法ではなく、コンピューターに関する十分な知識がないユーザーが操作するのは困難です。操作が間違ってしまうと、ダメージが発生する可能性があります。したがって、ここでは、Gptgen Windows 11/10/8/7を使用する代わりに、最も簡単な方法を使用してMBRをGPTに変換することを強くお勧めします。

Gptgen代替品-AOMEI PA ProでMBRをGPTに変換する方法

AOMEI Partition Assistant Professionalは、Windows 10のGptgenツールに代わる最良の方法です。それは最高の状態でHDDのパーティションを管理するのに役立つ素晴らしいパーティションマネージャです。ディスククローン、MBRを再構築、ハードディスクの消去、パーティションの回復、SSDの完全消去などの機能を備えています。

さらに、コマンドラインより簡単なGUI(グラフィックユーザーインターフェイス)を使用してMBRをGPTに変換することができ、Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPを含むすべてのWindows PCオペレーティングシステムをサポートします。AOMEI Partition Assistantは、Windows 10でデータを保持しながらMBRをGPTに変換するのを助けます。データディスクとシステムディスクのどちらを変換する場合でも、データが失われることはありません。

注意:システムディスクまたはブートディスクをGPTに変換する場合、マザーボードがEFI/UEFIブートモードをサポートしていることを確認してください。サポートしない場合は、変換を停止してください。そうしないと、システムは次回起動できなくなります。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

AOMEI PA製品についてAOMEI PA Pro版のほか、Windows Server 2022、2019、2016、2012(R2)向けServer版、台数無制限のコンピュータで使用可能なUnlimited版と、クライアントに有償技術サービスを提供するIT専門家や技術者向けTechnician版もあります。必要に応じて最適なバージョンを選択してください。異なるバージョンの比較Proデモ版購入(❀おまけ付き!)前に無料体験可能!デモ版は動作確認の目的でのみ使用!

以下は、Gptgenの代替品であるAOMEI Partition Assistant Professionalを使用してMBRをGPTディスクに変換する方法に関する手順です。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動すると、メインインターフェイスにディスクの基本的な状況が表示されます。変換する必要があるMBRディスクを選択して右クリックし、ポップアップメニューの「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

ステップ 2. MBRディスクをGPTディスクに変換することを確認します。「はい」をクリックします。

GPTディスクへの変換を確認

ステップ 3. メインインターフェイスに戻り、既にディスクがGPTパーティションテーブルに変更されていることを確認したら、ツールバーの「適用」とその後の「続行」をクリックします。

MBRディスクからGPTディスクへの変換を適用

注意:✎...
ブートディスクをMBRディスクからGPTに変換する場合、デバイスがEFI/UEFIをサポートしているかどうかを確認する必要があります。そうでなければ、変換後にディスクから正常に起動することはできません。
Windows 10でMBRをGPTに変換するには、Gptgenコマンドラインを使用するのが良い方法です。しかし、コマンドラインについてあまり知らない場合は、AOMEI Partition Assistantが適しています。

結論

ここまでWindows 10でMBRをGPTに変換するソフトを紹介しました!GptgenとAOMEI Partition Assistantという二つのツールです。両方ともデータを保持しながらGPTディスクに変更できますが、前者はコマンドラインによるツールであり、後者は簡潔明瞭なGUIによるソフトです。読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。

もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!