By Asher / 最後の更新 2022年04月20日

プライマリ、拡張、および論理パーティション

プライマリパーティション、拡張パーティション、論理パーティションは、MBR HDDでのみ異なるパーティションタイプです。MBRディスクには、最大4つのプライマリパーティションまたは3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティションを含めることができます。論理パーティションは拡張パーティションでのみ作成でき、パーティション量は無制限です。

一般に、プライマリパーティションはシステムファイルを格納するために使用され、アクティブとマークされることができ、独立しています。拡張パーティションの論理ドライブは、個人データとサードパーティのアプリケーションを格納するために使用されます。GPTパーティションスタイルでは、ディスク上のすべてのパーティションがプライマリであるため、この問題は発生しません。何かエラーが発生したら、MBRをGPTに変換することはひとつの解決方法です。

ハードディスク上の4つのパーティションは、一般的なユーザーのコンピューティングのニーズを満たすものではないため、拡張パーティションと論理パーティションが必要になります。MBRハードディスクにすでに3つのプライマリパーティションがある場合、HP ProLiantなどで、ディスクの管理を使用して4番目の未割り当て領域から論理パーティションを作成すると、デフォルトで拡張パーティションまたは論理パーティションとして作成されます。

ほとんどの場合、Windows 10で論理パーティションを作成するときに、1つまたは2つのプライマリパーティションが存在します。したがって、論理ドライブを作成し、「新しいシンプルボリューム」機能でプライマリパーティションを作成しないようにするにはどうすればよいですか?読み続けて、正確な答えを見つけることができます。

Windows 11/10で論理パーティションを作成する方法(3つ)

Windows OSで論理パーティションを作成する方法のリストがありますが、以下の2つの方法は、最も受け入れられ、信頼性が高く、使いやすいソリューションとして数えられます。「DiskPart.exe」と「ディスクの管理」は、コンピュータのHDDを管理するためのビルトインツールです。多くの基本的なディスクおよびパーティション操作は、これらの2つの機能によって完了できます。

第三者のパーティション管理ソフトであるAOMEI Partition Assistantも、Windowsスナップインツールの先進的な代替手段として使用するのに適していると分かっている最も簡単なパーティションマネージャの1つです。

方法1. Diskpartを使用して論理パーティションを作成

前に説明したように、論理パーティションは拡張パーティションにのみ存在します。したがって、最初に未割り当て領域から拡張パーティションを作成する必要があります。HDDに割り当てられていない空き領域がない場合は、冗長パーティションを縮小して生成することができます。「DiskPart.exe」は、Windowsに組み込まれているディスク構成ユーティリティです。最初に起動する必要があります。

ステップ 1. 「Windows+R」キーを押して実行を開始します。次に、ボックスに「diskpart」と入力し、「Enter」を押してコマンドプロンプトを開きます。

ステップ 2. コマンドを続けて入力し、各コマンドの後に「Enter」を入力します。

list disk

select disk X(Xはターゲットハードディスクです)

create partition extended(またはcreate partition extended size=102400。これは、100GBのサイズの拡張パーティションを作成することを意味します)

create partition logical size=81920

assign letter=F(つまり、80GBのドライブ文字Fを持つ論理ボリュームを作成します)

exit

Diskpartで論理ドライブの作成

ヒット:1024MB=1GB、1024MB*100=100GB。この数式を使用して任意のサイズのパーティションを作成できます。さらに、新しいドライブは、使用する前にフォーマットする必要があります。

方法2. ディスクの管理を使用して論理パーティションを作成

または、ディスクの管理を使用して、作成された拡張パーティションに論理ドライブを作成することもできます。

ステップ 1. 「コンピューター」を右クリックして「管理」→「記憶域」→「ディスクの管理」を選択し、ディスクの管理を開きます。

ステップ 2. 緑の色で拡張パーティションがあることがわかります。ここでこのパーティションを右クリックし、「新しいシンプルボリューム」を選択します。ウィザードを実行すると、プロセス中にNTFSをファイルシステムとして選択することができます。最後に、新しい論理パーティションが作成されました。

DMの論理ドライブ

方法3. 第三者のパーティション管理ソフトを使用して論理パーティションを作成

AOMEI Partition Assistant Professionalは、既存の冗長プライマリパーティションまたは論理パーティションから論理ドライブを直接作成するのに役立つオールラウンドパーティションマネージャです。新しい論理パーティションのドライブ文字とパーティションサイズは、1つのウィンドウで指定できます。Windows 10で論理パーティションを作成する方法を説明します。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロード、インストール、開始します。冗長パーティションを右クリックし、「パーティションを作成」を選択します。

パーティションを作成

ステップ 2. 小さなウィンドウでは、パーティションサイズとドライブレターを変更することができます。「詳細」をクリックして、「論理ドライブ」を選択します。次に「はい」をクリックします。

論理ドライブの設定

ステップ 3. 「適用」>「続行」をクリックして作成を開始します。

適用をクリック

警告:システムドライブからパーティションを作成する場合、または冗長パーティションにAOMEI Partition Assistantが含まれている場合は、再起動する必要があります。

プライマリパーティション変換で論理パーティションを作成

上記の方法は、空の新しい論理ドライブを作成するためのパーティションツールと同様に、Windows CMDとディスクの管理を組み合わせる異なる方法です。論理ドライブを作成する別の方法、すなわち、プライマリパーティションを論理パーティションに変換するのです。

理論的には、Windows 10のディスクの管理を使用して、デフォルトでプライマリパーティションになるパーティションを作成します。前述のAOMEI Partition Assistant Professionalのようなサードパーティのソフトウェアを使用して、作成した新しいパーティションを論理パーティションに変換します。これにより、データを失うことなく、既存のプライマリパーティションを論理パーティションに変換できます。以下は、プライマリを論理的に変換する方法の詳細な手順です。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantを起動します。メインインターフェイスで、変換するプライマリパーティションを右クリックし、「詳細処理」>「論理パーティションに変換」を選択します。

詳細処理

注意:AOMEI Partition Assistantでは、システムパーティションを論理パーティションに変換することはできません。そうしないと、システムを起動できません。

ステップ 2. 確認ウィンドウが表示されたら「はい」]をクリックして続行します。仮想結果をプレビューでき、保留中の操作を実行するには、「適用」>「続行」をクリックします。

はい

適用

ヒット:

●AOMEI Partition Assistant Professionalの助けを借りて、論理ドライブをプライマリパーティションに変換することもできます。前提条件は、MBRハードディスクに3つ以下のプライマリパーティションがあることです。

●Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022で論理パーティションを作成する場合は、AOMEI Partition Assistant Serverを使用してください。

Windows 10でプライマリパーティションの作成に関する問題

Windows 10で論理パーティションを作成する以外に、ディスクの管理を使用してプライマリパーティションを作成できないという苦情もありました。例えば、「ディスクに存在するパーティションの数が既に上限に達しているため、この未割り当て領域には新しいボリュームを作成できません。」というエラーが表示されることがあります。この問題が発生した場合は、次の内容が役立ちます。

このエラーは、前に述べた主パーティションの最大数から発生します。MBRディスクは、4つのプライマリパーティションまたは3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティションにのみ分けられます。制限を超えてプライマリパーティションを作成することを主張する場合、ディスクの管理で警告が表示され、基本MBRディスクをダイナミックディスクに変換します。確かに、それはほとんどのユーザーが実際に望んでいるものではありません。しかし、間違ってダイナミックディスクに変換した場合、データを損失することなくダイナミックディスクをベーシックに戻すことができます。この問題の解決策はいくつかあります。

●1つのプライマリパーティションを削除してパーティションの量を減らします。

●制限を破るためにMBRディスクをGPTディスクに変換します。

●プライマリパーティションを結合してパーティション数を減らし、プライマリパーティションを作成します。

明らかに、最後の方法は安全で最も受け入れやすい方法です。同じソフトウェア-AOMEI Partition Assistantに助けを求めることができます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantを起動します。対象となるプライマリパーティションの1つを右クリックし、「パーティションを結合」を選択します。

パーティションのマージを選択

ステップ 2. ポップアップダイアログで、もう一方のプライマリパーティションを選択し、「はい」をクリックします。ターゲットパーティションはFドライブです。

Eドライブを選択

ステップ 3. 「適用」>「実行」をクリックして操作を実行します。

適用と実行

まとめ

この記事では、Windows 10で論理パーティションを作成する方法と同じように、日常のコンピューティングでさまざまな問題を解決することは珍しくありません。信頼できるパーティションツールを選択することは、実際にコンピュータを安全に保護するための良い方法です。

AOMEI Partition Assistantはあなたが見逃したくない素晴らしいツールです。プライマリドライブと論理ドライブの間の変換を除いて、ファイルシステム間の変換、exFATからNTFSへの変換なども可能です。より多くを発見するためにソフトウェアをダウンロードしてください。